【迷宮のマリオネット】の感想

1740文字

 

 

迷宮のマリオネット

公式ジャンル 見下ろし型のアクションRPG
サークル PCを窓から
発売日 2012年12月29日
パッケージ価格
パッケージ購入
ダウンロード価格 756円(税込
ダウンロード購入 DLsite(独占)

 


おすすめ度:★★★★☆+


知名度:C


ゲーム性:7

ストーリー性:6

ドットアニメーション:7

コストパフォーマンス:


満足度:75


レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

見下ろし型のアクションRPGです。

ドットキャラクターの絡みが見れる作品です。

 

 

操作性は非常にシンプルです。

カーソルキー: 移動
Z: 決定
X: キャンセル/攻撃
C: メニューを開く/解除

(詳しくは Readme.txt をチェックしてくださいね)

※Zボタンで落ちているアイテムの取得や、他のキャラクターに話しかけることができます。

※敵に捕まったときは、カーソルキーをガチャガチャと押すことで抜け出すことができます。

 

 

主な操作は、移動して攻撃するだけ……

とってもシンプルなのです。

 

 

だけど面白い!!!

 

 

レベルアップして強くなっていくシステムではないので、敵を避けて通ってもいいですし、もちろん倒して進んでいっても大丈夫です。

 

 

敵に捕まるとドット絵の状態での犯されるシーンが見れます。

ゲームオーバーになると画像右下のように一枚絵が見れるのです。

ボス戦ではそれぞれ違った一枚絵が見れます。

 

 

クリア後に「おまけ」が開放されまして、そこでHシーンを回収することもできますので、プレイ中にHシーンの回収をしてもイイですし、とりあえずゲームクリアを目指すスタイルでも大丈夫ですよ。

 

 


※ゲームパッドを使ってプレイした方がやりやすいと思います。

※ゲームパッドに対応されているゲームですので、「JoyToKey」は必要ありません。


 

 

 

どんな人向け?

 

 

・ドットアニメーションが見たい人

・シンプルな操作性のアクションRPGをプレイしたい人

・コストパフォーマンスに優れた作品を求めている人

 

ちょっとした空いた時間にプレイできるお手軽なゲームです。プレイ時間は私は2時間かからないくらいでした。

速い人で1時間、遅い人でも3時間くらいじゃないでしょうか。

 

 

 

感想

 

 

ゲーム性

アクション部分は、シンプルでありながらもそれなりの難易度で、けっこう楽しめました。

装備品を変更するとステータスや攻撃範囲が変化しますし、見た目も変化するのが素晴らしい。

 

 

アクションRPGに慣れていない人は、そこそこの歯ごたえを感じるでしょう。

仮に一発で相手を倒せなくても、相手の行動パターンを覚えてしまえば倒せるようになります。

そうしてトライ・アンド・エラーしていくのが醍醐味です。

 

 

※一応「勇者人形の剣」という最強隠し武器もあるのですが、使わないほうが楽しめると思いますよ!

 

 

ドットアニメーション

コレはよく出来ていたと思います。

主人公のクローディアちゃんも可愛かったですし、ドット絵でのHシーンはそれなりにムラッとくる感じでした。

 

 

キャラクター

魔法人形である主人公のクローディア。

迷宮のマリオネット

人形であるがゆえに無表情ですが、敵に襲われたときに表情が変化します。

そうしたギャップは良かったです!

 

 

ストーリー性

この作品は、とくにストーリーというストーリーはありません。

しかし、ちょっとだけストーリー性があるのです。

まず、主人公はマリオネット(作中では魔法人形と言われています)で、受けた命令は絶対に実行するように作られています。

どうやら命令してきた兵士は「逃げ出すための時間稼ぎをしてほしい」ようです。

一応物語の目的は提示されているのですね。

そして、主人公意外にもにも命令を受けた魔法人形が登場するのです。

それぞれの主はどういう意図で命令を下したのか……

 

 

ストーリーというストーリーはないのですが、ストーリー背景を想像する余地がけっこうあるのです

そうした意味ではストーリー性が意外とある作品だと言えます。

 

 

 

まとめ

 

 

756円で、けっこう楽しめましたし、値段に対するクオリティも申し分なかったのでコストパフォーマンスに優れた作品だと言えます。

アクションRPGの入門としても適していますし、ちょっとした空いた時間にプレイをするのにもオススメです。

 

 

 

パッケージ版

 

ダウンロード版

 

DLsite.com(独占)→迷宮のマリオネット

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。