Skip to main content

【障子ちんこマンの季節】の感想

2237文字

 

 

障子ちんこマンの季節

公式ジャンル デジタルノベル(オマージュ)
サークル Innercircle
発売日 2011年03月25日
通常価格
パッケージ購入
ダウンロード価格 540円(税込
ダウンロード購入 DMM

 

あの迷作名作の内容を忠実に再現!!

 

 

 

 

◀【ゲーム属性グラフ】

シナリオ
原画
音楽

 

 

 


おすすめ度:★★☆☆☆


知名度:


ストーリー:5

テキスト:6

キャラクター:4


演出:7

システム:4

ゲーム性:―


CG:7

Hシーン:4


BGM:7

主題歌


ポイント:パロディ、オマージュ、バカゲー、ロープライス


満足度:50


レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

【あらすじ】

主人公の津川竜也はボクシングに

熱中しながら自堕落な生活をしている。

ある夜、盛り場で知り合ったA子と

肉体関係をむずび、A子は次第に竜也に

惹かれていくが、竜也はA子に付き纏われる

ことに嫌気がさした。竜也は兄貴に五千円で

A子を売り払ったのだった。

 

 

元都知事の石原慎太郎氏が書いた『太陽の季節』。

それをオマージュした作品が今作となります。

 

 

原作を知らない人は「障子ちんこマン」の意味が分からないと思います。

安心してください。

 

 

プレイし終わった私も分かりません!!!

 

 

 

どんな人向け?

 

 

・原作をどのようにまとめあげたのか比較したい人

・感想ブログなどをやっている人

・ネタになる作品を探している人

 

正直あまりオススメできない作品なのですが、ネタとしては面白いです。

ですから、感想ブログをやっていたり、Twitterの呟くネタを探している人などはプレイしてみるのもアリだと思います。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

原作である「太陽の季節」は、反倫理的な作品として賛否両論となったようですが、「障子ちんこマンの季節」も同様な内容となっています。

 

 

ストーリー内容は、自堕落な生活を送っていた主人公がボクシングと出会いそれに打ち込んでいく。そして英子という女性と出会い彼の人生に変化がおとずれた……

 

 

……ように見せかけて、結局彼の気質は変わらないままである。笑

というような内容(私の主観です)で、

物語の余韻が良くない類の作品となっています。

 

 

では、「まったく面白くないのか?」と聞かれたらそうとも言えません。

少なくとも退屈な内容ではないですし、なにより

障子チンコのシーンは必見です!

 

 

 

・攻略

 

 

一本道ですので、攻略は必要ありません。

プレイ時間は40分ほどでした。

 

 

 

テキストについて

 

 

1~4行で書かれています。

難しい漢字や表現はありませんでした。

 

 

「…」三点リーダではなく「・」中黒を使っていたり、「!」のあとのスペースがありませんでした。

しかし文章自体は読みやすい部類に入ると思います。

 

 

パロディが多めでしたね。

 

 

とくにジョジョネタが多かった印象です。

名称は基本的にパロっていて、脇役の名前に「杏子」「ほむら」「マミ」「さやか」と「まどマギ」ネタを仕込んでいたりします。

 

 

その他にも色々言いたいことはあるのですが、割愛させていただきます。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

津川竜也

主人公です。

この物語の問題点の一つとして、彼に感情移入がしにくいということがあげられます。

英子を困らせるために他の女をナンパしてセックスするのを繰り返したり、気に食わないやつを闇討ちしたり、英子を5千円で兄貴に売り払ったり……

とにかく倫理観が欠けた若者の姿が描かれているのです。

 

 

そういうのは負けず嫌いって言わない。

自己中って言うんだよ!

 

 

そう。

自己中心的で厨二病を患っているかのような性格も、好まれない部分だと思うのです。

 

 

 

演出について

 

 

演出を工夫しているシーンはなかったです。

ただ一点を除いて……

 

 

「ズバッ」と障子を破りチンコが飛び出してくる、いわゆる「障子チンコ」のシーンがあまりの迫力と勢いに思わず笑ってしまいました。

 

 

 

システムについて

 

 

テキストウィンドウを消すのが面倒臭すぎます。

そして絶対にセーブスロットは100個も必要ありません。

私は1回もセーブすることなく、ゲームプレイをし終えました。笑

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

とくになし。

 

 

 

CG

 

 

一番の魅力はCGでしょうね。

※追記―有償フリー素材を使われているようです。コメント欄参照。

 

 

まず背景についてですが、おそらく写真に取った風景をボカして使っているんだと思います。

 

 

次に男性キャラの立ち絵。

あんまりクオリティが高いとは言えないかもしれません。

 

 

次に女性キャラの立ち絵。

ちゃんと可愛らしく描かれていますね。

それだけでも美少女ゲームとしての意義を失っていないことがうかがえます。

 

 

そしてCG。

非常にキレイに描かれていました。

ムチムチとした肉感がイイ感じでした。

唇の描写が艶めかしいCGも多かったです。

 

 

 

Hシーン

 

 

フェチ:なし

CG自体はキレイだったのですが、ボイスがない作品ですし、描写も淡白です。

そしてテキストとCGに齟齬があるシーンも。

たとえばコレは、中出ししたシーンです。笑

 

 

また

こうして俺達は夜のアバンチュールを謳歌した。

の一文でHシーンが飛ばされていたりしたので、もう少しHシーンが豊富だったらよかったのに……といった感じ。

 

 

 

BGM

 

 

意外に悪くなかったです。

なによりタイトル画面が表示された時の軽快な曲は、なんだかカッコイイ。

 

 

 

主題歌

 

 

 

 

 

その他の要素

 

 

・クリアしてもCGモードなどは出ませんでした……残念。

 

 

 

まとめ

 

 

キレイなCGと障子チンコのインパクト。

それだけでもネタとしては買う価値アリですかね。

もちろんネタ作品を求めていない人には全力でオススメできません。

 

 

 

パッケージ版

 

ダウンロード版

 

DMM.com→障子ちんこマンの季節

 

 

 

ページの先頭に戻る

LINEで送る
Pocket

【障子ちんこマンの季節】の感想” への5件のフィードバック

  1. 女性絵は『佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります』を使った有償フリー素材のようです。

    1. >あーみさん

      ええっ!?
      そうなんですね。

      「どこかで見たことある絵だ」とか「男性キャラとのクオリティに差がありすぎるだろ」とか思ってたんですけどね。笑
      佐野さん原画の作品では【百機夜行】はよくプレイしていていました。
      なのに、ぜんぜん気付きませんでしたよ……

      情報ありがとうございました!

    1. >あーみさん

      すみません。どうやらリンクを複数貼ったコメントはスパムフォルダに振り分けられる設定になっているようです。私が承認すれば反映されますので安心してください。

      リンク先を見ましたがビックリするほど同じCGでした。笑

      わざわざ貼っていただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。