【この青空に約束を―】の感想

8842文字

 

 

この青空に約束を―

30087apc10493pl

公式ジャンル ハートフル学園ADV
メーカー 戯画
発売日 2006年03月31日
通常価格 8,800円(税抜)
パッケージ購入 駿河屋・Getchu.com・DMM.com
ダウンロード価格
ダウンロード購入

 

キミと交わした “あの日” の約束は、いまもこの島に息づいている―

 

Honeyview_2016-07-08_084802

 

 

◀【ゲーム属性グラフ】

シナリオ 丸戸 史明 with 企画屋
原画 ねこにゃん
音楽 なるちょ(音楽) , Hirasan , 桜乃明日華 , I’ve(主題歌) , ave;new(ED曲、挿入歌)

 

 

 


おすすめ度:★★★★★


知名度:


ストーリー

テキスト

キャラクター


演出:7

システム10

ゲーム性:6


CG:7

Hシーン:6


BGM

主題歌10


ポイント:テキストが読みやすい、シナリオが良い、有名、初心者にもオススメ


満足度:86


レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

あらすじ

本州から少し南にある離島。

その島の高台の上に主人公・星野 航(ほしの わたる)たちの通う学園がある。

しかし島の産業の衰退に伴い、学生の数は年を追うごとに減少していく一方だった。

そして島にあるもう一つの高台の上に学園の旧校舎を改装した寮。

学生の減少と共に寮生も少なくなり、現在は主人公とヒロインたちのみが住んでいるような状況だった。

そんな寮になぜかこの時期にやってきた転校生も巻き込み、時にはお互いに反発したりしながらもドタバタと楽しい毎日を過ごしていく……。

 

 

名作『この青空に約束を―』通称『こんにゃく』。

離島である南栄生(みなみさこう)島での青春物語。

オーソドックスな話でありながら高い評価をされているこの作品をぜひあなたも。

 

 

Honeyview_DSC_0163

私が持っているのは2013年に発売した『新装版』の方です。

意外にエロゲを始めてから『こんにゃく』をプレイするまでが遅かったです。

もっと早くやっておけば良かった!

 

 

 

何種類かあるみたいだけど、どれを買えばいいの?

 

 

・18禁

この青空に約束を―

一番最初に発売されたもので、初回版にはサウンドトラックが付きます。

欲しい場合は中古での購入となります。

 

この青空に約束を― 新装版

Windows8までのOSに対応したバージョンです。

新品でも中古でも購入できます。

 

 

・非18禁

この青空に約束を― -melody of the sun and sea-

PS2版です。18禁関係の要素が削られています。

 

この青空に約束を― てのひらのらくえん

PSP版です。18禁要素が削られていますが、ヒロインが一人追加されています。

 

この青空に約束を―

PSV版です。PS2版のものに追加ストーリーが何本か足されています。

 

 

・どっちがいいの?

18禁版と非18禁版はどちらがいいのかというと、

私は18禁版をおすすめします。

 

 

まず

PSP版の追加ヒロインの「久藤ちひろ」。

そんなに評判がよろしくないです。

後にでたPSV版では削られている始末^^;

 

 

さらに

PSP版の場合、頻繁にロードがおこってあまり快適ではないようです。

(ダウンロード版ならば大丈夫なようです。)

 

 

そして声を大にして言いたいのは18禁要素の重要性

 

 

まず

主人公はいわゆるDQN系で、未成年飲酒なんかしちゃうような感じです。

 

 

しかし非18禁の場合はジュースになっちゃったりしてます。笑

だいぶ印象がかわってきますよね。

 

 

ヒロインの一人である凛奈ちゃん。

彼女との出会いはお酒が重要なアイテムだったりします!

これ以上言うとネタバレになるのでやめておきますが。

 

 

そしてHシーンもある意味重要です。

 

 

何故かと言うと。

生徒会長の浅倉 奈緒子(あさくら なおこ)は、Hシーンがないと印象が変わると思います。良い女っぷりと、ダメな女っぷりが良くでています。

六条 宮穂(くじょう みやほ)は、エロさがウリのルートでした。笑

藤村 静(ふじむら しず)は、Hがないとルート自体消滅しそうなストーリーです。

教師である桐島 沙衣里(きりしま さえり)に関しても、とある会議のシーンの重みが変わってきます。

 

 

買うならば断然PC版をオススメします。

18禁要素がどうしてもいらない人はPSV版を買えばいいかと思います。

 

 

ん? アニメ?

 

 

そんなものはありません。

 

 

 

どんな人向け?

 

 

・とりあえずは名作をやっておきたい人

・良質なシナリオ、キャラクター、世界観を求めている人

・ハーレム状態が好きな人

・学園青春モノが好きな人

・ジーンとくる話が好きな人

 

正直どんな人でも気に入るのではないかと思っています。

強いて言うなら

学生時代に行事に本気で取り組んでいる人を見て

「なにコイツらマジになってんの?」なんて思っていた人には合わないかもしれません。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

前述したとおり、割とオーソドックスな学園青春物語です。

違いを挙げるとすれば、主人公はDQN系で未成年飲酒したりするシーンがあったり、問題を起こして何度か停学になっていたりしていることでしょうか。

 

 

そしてそして

 

 

童貞ではありません!!!ドン

 

 

普通は学園モノだと、主人公は脅威の童貞率を誇るのですが、コレは珍しいですね。笑

 

 

それと

行動力があり、コミュニケーション能力も高く、ハーレム宣言をしてしまうようなイカレポンチです(褒め言葉)。

 

 

リアルではこういう奴こそ「それなんてエロゲ?」みたいな体験をしているものです。

だからこそ彼がモテるのも納得できますよね。

 

 

DQN系と称しましたが、ちょっとヤンチャなだけで、そこまで酷い性格ではなく優しい部分もありますので、受け入れやすいキャラクターなはずです。

 

 

 

メインのヒロインを全員攻略すると

「約束の日」という追加エピソードが出現するのですが、

この展開に

感動するか

はたまた

寒いと思うのか

人によって違いが出るのだと思います。

 

 

先程も言いましたが、学生時代に楽しそうに話している人達をみて

「何が面白いんだ?」とか

行事を盛り上げている人をみて

「なに頑張ってんだ?」とか

思っていた人はこのゲームは受け入れがたいものになるかもしれません。

 

 

しかしヒトコト言いたいのは

プレイしてみて決めてくれ!ということです。

 

 

とりあえず体験版だけでもやってみて下さい。

こちら(公式サイト)からダウンロード出来ます。

製品版が欲しくなること請け合いです。

 

 

この作品はネタやパロディが多く、

この青空に約束を―ネタ辞典なるサイトまで作られています。

(ゲームプレイ後にご覧ください!)

 

 

攻略は基本的に攻略したいキャラクターのイベントを選んでいけばいいだけなので簡単な方だと思います。

Act1.SpringとAct2.Summerの二部構成です。

凛奈は少し例外で、Act1でバランスよくキャラを選んでいけば中間エピソードを見れます。

 

 

メインの6人を攻略後追加エピソードの「約束の日」が出現して

それをクリアすると、茜ルートが開放されます。

 

 

攻略サイトが見たい人はこちらです。

 

 

攻略順は自由で構いません。

私が攻略した順番は

凛奈→宮穂→静→沙衣里→奈緒子→海己です。

 

 

静のルートは個人的にはあまり面白くなかったので、二番目か三番目あたりが良いかと思います。

※あくまで個人の見解です。

 

 

凛奈は、それまでのストーリーの流れに沿っているルートなので最初に。

奈緒子は海己の手前。海己は最後に攻略という人が多いようです。

 

 

凛奈に関しては気に入ったのであれば、最後に回してもいいかもしれません。

 

 

一番最後にプレイできる茜ルートは、結構良いルートだと思いますが、「約束の日」の後だと肩透かし感があります。

オマケ程度だと思っていたほうが、十二分に楽しめるかと思います。

 

 

 

テキストについて

 

 

1~3行です。

あまり難しい表現はなくフォントに関するシステムも充実してますので、高評価です。

大きい声を出している時に文字が大きくなったりする表現も分かりやすいくてグッドです。

 

 

ネタ部分は分かり辛いと思う人もいるかもしれません。

しかし、今までやったエロゲーの中でもかなり読みやすい文章です。

 

 

掛け合いが楽しくてポンポン読み進めてしまいます。

文章の表現が上手いためか詰まることなく読み進められます。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

名称未設定

※パッケージ裏の画像

 

 

沢城 凛奈(さわき りんな) CV:河合春華

物語開始とともに寮に入ってくる『新入り』の学園2年生。なぜか他人と関わりを持とうとせず、お節介な寮の面々といきなり対立する。

基本的にやる気なさそうに振舞っているが、実は全国レベルの陸上選手だった過去があり今でも体を使うことにはついつい本気になってしまう性質であることを垣間見せることがある。

ちなみに隠してはいるが、成績は赤点スレスレの低空飛行。

この子と航くんとの出会いのシーンは結構驚かされました。

ショートヘアーの転入生、沢城凛奈ちゃん。

 

 

とってもツンケンしているんですよ、最初は。

 

 

えぇえぇ。分かってましたとも。

 

 

こういう子は

 

 

デレると可愛いと。

 

 

態度も可愛いのですが、ハスキーな声が特に可愛らしいです。

 

 

一番好きなセリフは、海己の真似をして

「ふ、ふえぇ…どうしよう、航ぅ」

と言ったシーンです。

 

 

恐ろしい程似てはいなかったですが、可愛かったです!!!

 

 

このセリフだけじゃなく

静と仲良くしたくて空回りしているシーンは全体的に可愛かったです。

 

 

航をお化けと勘違いして、鉄パイプで殴ってしまい

罰ゲームとして『パンツ見せの刑』をくらった凛奈は必見です。笑

 

 

学園祭の演劇で「ピーターパン」をやるのですが、それを上手くストーリーと絡めているのは凄く良かったです。

 

 

 

羽山 海己(はやま うみ) CV:石川乃奈

2-Aクラス委員兼生徒会書記。主人公とは実家が隣同士だった関係上、今でも朝起こしに来るようなベタベタぶり。

料理が大の得意で、つぐみ寮では食事当番として皆の生活基盤を一手に担っている。

また裏庭の菜園の管理もほとんど一人でやっており、よくジャージ姿で汗を流している。

良幼馴染みキャラです。

引っ込み思案でありながら、意思の強い部分もあります。

 

 

海己ルートは途中少し重かった分

最後は凄くよかったです。

 

 

プレイした人は分かると思うのですが、とある衣装が非常に似合っていて可愛かったです。

 

 

海己はまさに「この青空に約束を―」の顔と言えるでしょうね。

 

 

 

浅倉 奈緒子(あさくら なおこ) CV:篠崎双葉

3-Aクラス委員兼生徒会長。典型的な優等生として振舞っているが、実は完全な猫かぶり。

表と裏の顔を巧みに使い分け、教師と男子生徒の心を完全に掌握している。

成績だけでなく、頭の回転も早く思いついたことは即実行に移す。

いつもは仲間たちにもいじめっこっぽく振る舞うが、外部の人間が自分たちに悪意を感じれば一転、徹底的に守り抜いてみせる。

ぐう有能な生徒会長。

この人の計算高さには驚かされました。

 

 

基本的に凄く“いい女”なのですが、見方によっては“ダメな女”でもあります。

徹底的に航くんに好意や潔白を表すのは、会長が好きな人にとってはとても良い展開だと思いますが、

私としては、当て馬にされたキャラクターが少し可哀想に感じました。

 

 

ライターの丸戸氏は

戯画の前作「パルフェ」でもそうだったのですが、過去の男関係や、処女・非処女などに関して極端にクリーンに見せようとしている感じがします。

オタクを的に回すと怖いのを重々承知なのでしょう。笑

 

 

あーだこーだ言いましたが、

奈緒子ルートはかなり楽しめましたよ!!!

 

 

後半の方の爽やかな雰囲気はとても好きでした。

 

 

クリアした人は共感していただけると思いますが、

「約束の日」のエンディング曲での会長は卑怯じゃないですか?

あんなもん誰だって不意打ちくらいますよ!笑

 

 

あ!そうそう。

ヒトコト言いたいことがあります。

 

 

……

 

 

声がちょっとオバサン臭くないですか?

 

 

……

 

 

いやいや、会長ファンの人スイマセン。

 

 

好きなキャラクターではあるのですよ!

 

 

痛いっ! 痛いっ!!! ヤメて! 石を投げないで!!!

 

 

 

六条 宮穂(くじょう みやほ) CV:草柳順子

1-Aクラス委員。学園の元理事長の孫娘で真性のお嬢様。

穏やかで優しく、慈愛に満ちあふれ、いつもにこにこしている。

しかし寮に来てからの刺激的な生活の影響で、箱入り娘像が壊れつつある途中の段階。手先が絶望的に不器用で、料理も運動も苦手。

マイペースでポワポワしているお嬢様。

かと思いきや、寮にきてからは少し毒舌なキャラに。

 

 

この子に毒を吐かれても全然イライラしません。

むしろ可愛らしいぐらいです。

 

 

実は一番好きなキャラだったりします。

(凛奈や茜や海己と迷いましたが)

 

 

私は、この子と航くんとの掛け合いが見ていて一番楽しかったのです。

 

 

航の俺様な感じと、宮のドMさが絶妙な相性の良さを醸し出していると感じました。

 

 

一緒にいて楽しい存在っていうのは、本当に貴重だと思っています。

 

 

それに結構エロかったです。

 

 

宮ルートのストーリー自体は平凡な内容でしたが、そうした要素が相まって

結構楽しめました。

 

 

 

藤村 静(ふじむら しず) CV:北都南

学園1年生。生徒会会計。猫のようにまとわりついてくる気まぐれ少女。

基本的に言葉少なで、ぼーっとしているように見えるが、運動神経抜群で、勉強も国語以外ならそこそこできる。

主人公と一緒にお風呂に入るのが大好きな甘え上手で、主人公が他の寮のメンバーとあやしい雰囲気になるとシャレにならない攻撃を仕掛けてくる。

子供っぽくて可愛らしい女の子。

 

 

言動やマナー(食器をトントン叩いたり)、はたまた考え方が幼さを強調させています。

 

 

家庭環境の描写が少し薄くて、どういう経緯で今の彼女が出来上がっているのかが把握しづらかった為、感情移入もしづらかったです。

 

 

しかし、そんな幼さが見て取れる静と、三年後に再開するシーン。

成長した姿が見れただけでも暖かい気持ちになれました。

 

 

静をディスっているように感じたかもしれませんが、嫌いじゃありませんよ。

 

 

例えるならそう、猫のような可愛さです。

 

 

そして北都南ボイス、最高です!

 

 

 

桐島 沙衣里(きりしま さえり) CV:紫苑みやび

主人公の担任教師にしてつぐみ寮寮長。

就任2年目の新米教師であまり頼りにならず、学生たちからも“さえちゃん”と呼ばれて親しまれている。

個性的すぎて何かと風当たりの強い寮生たちと、学園の板ばさみに遭い、それが元で酒に溺れて皆の前で泣いたりして、余計に頼りなさを際だたせてしまう。

奈緒子と毎日のように言い争っているが、ほぼ確実に負けている。

ちょっぴり頼りない教師兼寮長。

 

 

第一印象は一番悪かったです。

 

 

何故かと言うと見た目が少しオバサン臭い(失礼)感じがしたのと、

実際は他のキャラクターと大差はないはずなのですが、さえちゃんだけ黒目がちというか黒目が大きく見えたからです。

黒目が大きく見えるデザインは、どうしても苦手です。

 

 

リアルでも、化粧バッチリなギャルなど、黒目を大きく見せるコンタクトをしている人がいますが、

なんだか苦手です。

 

 

閑話休題。

 

 

プレイした後となっては良い印象を持っています。

 

 

普段頼りない感じがするさえちゃんですが、

たまに格好いい所を見せると、良いギャップを感じました。

それに、さえちゃんルートは結構面白かったです。

 

 

特に会議のシーンはとてもハラハラして楽しめました。

 

 

追加エピソードの「約束の日」では、さえちゃん大活躍。

 

 

思い返しても鳥肌が立ちます。

 

 

 

名称未設定

三田村 茜(みたむら あかね) CV:涼宮琉那

隠し(!?)ヒロインです。

 

 

キャラクターが濃い。本当に濃い。

 

 

「星空のメモリア」の千波を見た時の衝撃がフラッシュバックしました。

 

 

やかましいけど、とっても可愛い。

 

 

そして何より面白い!!!

 

 

茜ちゃんが出てくるだけで、場が華やぐ感じがします。

 

 

茜ちゃんルートで見れる献身ぶりは、まさに天使です。

 

 

AMT(茜ちゃんマジ天使)!!!

 

 

 

星野 航(ほしの わたる)

この物語の主人公。

学校側からしたら問題児だが、優しくて面白くて気のいいヤツです。

身長180を越え、運動神経が抜群。

コミュニケーション能力が高く行動力がある。

モテても仕方がないような男です。

 

 

抜けているというかアホな部分もあり、常識では考えつかないキテレツでお馬鹿な事をすることもあります。

 

 

楽器全般が得意で

ギター・ヴァイオリン・アコーディオン・フルート・ハーモニカ・ピアノが弾け(吹け)ます。

(他にもなんかあったっけ?)

 

 

茜ルート意外では、あまりウジウジするようなところがなかったので、彼にイライラすることが少なかったです。

 

 

航くんは「こんにゃく」を名作たらしめている要素の1つだと思いうくらい、良い主人公です。

 

 

 

演出について

 

 

このゲームは演出もいいですね。

 

 

タイトル画面はプレイする時間によって昼だったり夜だったりに変化します。

 

 

途中からタイトル画面で「合わせ石」が表示されるようにもなります。

 

 

「約束の日」クリア後に各ヒロインのルートのエンディングを見ると

イントロだけだったエンディングが、歌入りのバージョンになっていたりと

憎い演出が多いです。

 

 

本編で演出が好きなシーン

・冒頭の海己が部屋に入ってこようとしてドアを閉められるシーン。

 

 

・海己がショックを受けて画面にヒビが入る演出。

 

 

・そして何より茜が転入してくるシーン!!!

 

 

(軽いネタバレになります)

今朝出会った女の子、凛奈ちゃんが転入してくるものだと思っていた主人公の航くん。

 

 

 

沙衣里「な、なんか釈然としないけど…ま、いいわ。
ささ、入っておいで~」

航「ちょっ、ちょっと待て!」

雅文「航?」

紀子「どしたの星野?」

航「転校生って、まさか、まさか、まさかぁぁぁ~!?」

茜「ども~! はじめましての人は初めまして~!
本日から皆さんとご一緒させていただくことに
なっちゃった三田村茜をよろしくおねがいしま~す!」

航「お、お前は~!!!」

茜「え…?」

航「………」

茜「………」

海己「………あれ?」

茜「あ…ああっ!
あんた、もしかしてっ!?」

航「初対面じゃねえかぁ~!!!」

茜「だよねっ? だよねっ!?」

これの面白さは演出付きでないと分からないはず。

何度見ても笑えます。

 

 

 

システムについて

 

 

2006年のゲームとは思えないぐらい充実しています。

基本的に欲しいと思っている機能は完備しています。

 

 

そしてマウスカーソルが何種類か選べたり、マスコットキャラを表示出来たりと遊び心も満載です。

 

 

イベントシートは見やすく、バックログからシーンジャンプできたりと、本当に便利です。

 

 

そして私が何よりも気に入っているのが

ボイスの再生速度を変更出来ること。

 

 

私は早いテンポが好きなので本当に本当に便利だと思いました。

 

 

すべてのエロゲに是非とも取り入れて欲しい機能です。

 

 

再生速度変更だけでも、満点の評価をするに値します。

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

Honeyview_2016-07-08_233723

見たいエピソードを選択していく感じです。

好感度の高さによって、とあるシーンにやってくるヒロインが変わります。

多少のゲーム性はあるといえるのではないでしょうか。

 

 

 

CG

 

 

587tgi0035pl

今やると、人によっては古臭く感じる人もいるかもしれませんが、良いCGは多いですよ。

 

 

好きなのは海辺で凛奈が微笑んでいるシーンのCGです。

 

 

それと

凛奈と航が引っ付いているシーンの航くんの横顔はマジで格好いいと思いました。

 

 

 

Hシーン

 

 

フェチ:どっちも

だいたい全員フェラはある感じです。

それプラスバックか正常位か騎乗位か座位といった感じです。

 

 

他のゲームとの違いといえば

青姦が多めなところです。

田舎の学生らしくていいですよね。笑

(いや、バカにはしていませんよ)

 

 

シーン数は

凛奈、海己、会長、宮穂、沙衣里_3

静_5

茜_1

となっております。

 

 

1つのシーンにつき2~3回はしているのシーンもあるので、見た目以上にボリュームはあるかと思います。

前戯やキスなども丁寧に描写していますよ。

 

 

物語上必要であるHシーンが結構あります。

 

 

 

BGM

 

 

全体的に良いBGMが多いです。

 

 

好きな曲としては

 

 

「風のアルペジオ」

「春を待つ少女のように」

「はぐれ雲のブルース」

のようなアコースティックギターで弾きたくなるような、少しセンチメンタルな曲です。

 

 

「ROCKI’ MOKKIN’ CHAIR」

みたいなオチに使われる、おとぼけた曲も嫌いではありません。

 

 

航くんがテンションが低い時に「泣いているのは僕ぢゃないよ」「Sentimentalism」という曲を引くのですが、絶妙な哀愁を漂わせていて面白かったです。

 

 

それと

パルフェやショコラなどの戯画の過去作の曲が出てきた時にはテンションが上がりました。

 

 

 

主題歌

※最初得点を9にしていましたが、聞けば聞くほど好きになるスルメ曲でしたので10に上方修正しました。

 

 

OP

allegretto~そらときみ~ / I’ve sound – KOTOKO

爽やかな良い曲ですね。

曲中の歌詞で

こんなんじゃ大切な物みつからない

と歌っている時に「・・・きっと、見つかるよ」と表示されるのが粋ですね。

 

 

青空、やがて来る旅立ちへの流線を

流線という言葉を歌詞に使った人って他にいないんじゃないかな? このセンスが大好きです。

 

 

挿入歌「Pieces」

最高です。

本当に大好きです。

木村カエラの「Butterfly」に少し似ていると思ったのは私だけでしょうか。

 

 

エンディング曲「さよならのかわりに」

これも本当に良い曲ですね。

 

 

「Pieces」と「さよならのかわりに」は

ゲームプレイ中に聞いた方が思い入れが強くなります。

 

 

ですから、YouTube等で探さない方が良いかと思います。

というより、探すとネタバレを食らうかもです。

 

 

 

その他の要素

 

 

・システムボイスの茜ちゃんは、やかましいです。笑

・「ショコラ」「パルフェ」「こんにゃく」プレイ後はぜひとも「フォセット」をやりましょう。

素晴らしいファンディスクです。

 

 

 

まとめ

 

 

体験版をヤッてみてください。

直ぐに製品版が欲しくなるはず。

ぜひともオススメしたいです。

 

 

 

パッケージ版

 

駿河屋で「この青空に約束を―」を検索

 

Getchu.com

 

DMM.com

この青空に約束を― 新装版

USED この青空に約束を―

USED この青空に約束を― 通常盤

 

ダウンロード版

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。