【コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~】の感想

4647文字

 

 

コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~

公式ジャンル コキオンリーADV
メーカー わるきゅ~れ
発売日 2011年09月30日
通常価格 2,000円(税抜)
パッケージ購入 駿河屋・DMM・Getchu
ダウンロード価格 1,900円(税抜)
ダウンロード購入 DMM(独占)

 

コキに恋してコキ、コかれ…

 

ゲーム属性グラフ主要スタッフあらすじ

シナリオ まるさん
原画 音無響介

【公式より】

平凡な男・滑野和磨(なめの かずま) に清楚で可愛い許嫁が !?
カノジョ・樫本心愛(かしもと ここあ) と言葉を交わす内にムードは盛り上がり、ついに肩を抱き押し倒す。……しかし、
「こういう事は、結婚してからでないと……!」
それからというもの、和磨の劣情は爆発寸前。
気がつけば腰をカクカクと蠢かせては、愛しい彼女の名を叫ぶ。
そして、そんなカレシの姿に決心する心愛
「結婚まで、体をひとつにする事はできません。けれど、別の方法でなら、私……!」
それは “コキ”
彼女の身体のあらゆる場所に、あらゆる方法で肉棒を擦りコくことに、いつしか和磨は異常なまでに執着し、コキ中毒者となっていく!
果たして心愛は最後まで和磨を受け入れて、無事に結ばれることができるのだろうか?

 

 

 

おすすめ度:★★★☆☆
知名度:C

ストーリー:7

テキスト:7

キャラクター:7

演出

システム:6

ゲーム性:6

CG:7

Hシーン

BGM

主題歌:―

ポイント:コキ、S向け、M向け、フェチ特化、ロープライス
満足度:73

レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

コキプレイオンリーの挑戦的な抜きゲー。

サンプル動画見ていただければ、だいたいプレイ内容は分かると思うのですが、けっこうニッチなフェチ作品です。

 

 

ロープライスながらにコダワリが強く、特殊な性癖を発散できずにいた変態紳士諸兄には、オススメできる作品です。

 

 

所持購入動機プレイ前期待値

ダウンロード版を所持しています。

コキプレイオンリー作品というコンセプトが気になり購入しました。

プレイ前期待値:70

プレイ後満足度:73

私は別にコキプレイが好きというわけでもないですが、よくできた作品だと思いましたね。

 

 

 

どんな人向け?

 

 


  • コキプレイが好きな人
  • 本番よりもコキプレイ!
  • サンプル動画を見て気になった人
  • SシチュもMシチュもいける人
  • ニッチな方向性のロープライス作品を探している人

サンプル動画でだいたいのプレイ内容は分かると思いますので、それに心惹かれた人はロープライスなので突撃してみるのもありです。

慎重派の人は、体験版をプレイしましょう。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

彼女が欲しいと嘆いていた主人公の和磨には、実は許嫁がいた!?

しかし許嫁である心愛ちゃんは、「結婚するまでは体の関係を結ぶことができない」という。

……となればヤることは一つ(エロゲ的に)!

 

 

そうしてコキプレイという深みにハマり、道を外れ突き進んでいく和磨と、和磨の性癖を必死に受け入れようとする心愛ちゃんはどのような結末を迎えるのか!?

そんな内容です。

 

 

 

特徴

 

 

1:どこか古臭さを感じる

 

 


©わるきゅ~れ

プレイ開始そうそう、彼女が欲しいと願う和磨は、女の子(モブ)を伝説の樹の下へと呼び出します。

そもそもこの「伝説の樹」というのは、かの有名なギャルゲー「ときめきメモリアル」にでてくる設定で「卒業式の日に、伝説の樹の下で女の子から告白して生まれたカップルは、永遠に幸せになれる」というものです。

ときめきメモリアルは1994年に発売されたものであり、実に17年前のネタを持ってくるところに凄みを感じます。

 

 

そこに呼び出された女の子は、和磨の告白を容赦なく断るのですが、その後のセリフが以下。


【少女】
「それでも?オシャンティなイケメンなら
考えてやらない事もないって感じだったけどー?
テラ、フツメン?マジありえんてぃ~」

【少女】
「なんかもう、今からつまんない感じビンビン?
付き合ってもゼロ意味~」

【少女】
「はっきり言って、童貞クサイって感じ~?
キャハ☆言っちゃった!アタシってば、ゴイスー」


お気づきでしょうか?

時代感がメチャクチャだと……

 

 

わざとやっているんでしょうけども、楽しめる人は楽しめるテキストでしょうし、肌に合わない人もいるかもしれないテキストです。

ちなみにこれ以降はそこまで変なテキストはないので、安心して大丈夫です。

 

 

 

2:あまりにニッチなコキプレイがけっこうある

 

 

あなたはコキプレイと言ったらどういうものを思い浮かべるでしょうか?

足コキ、尻コキ、パンツコキ、はたまたワキコキ。

この作品は、それらの斜め上をいくコキプレイが満載なのです。

 

 


©わるきゅ~れ

たとえばこれは、耳コキ。

ただこんなものはまだまだ序の口。擦れるところがあれば、どこにでも擦りつけてコキプレイを繰り返すので、もはやその手のものに実用性を感じる人がいるのか心配してしまうほど。

これ以上のコキプレイがどんなものかを知りたい人は、製品版をプレイしましょう。

 

 

(なかには「地球コキ」なるものもあります……)

 

 

 

3:物は言いよう

 

 

コキオンリーの作品ですが、普通のセックスも1シーンだけあったと思います。

普通のセックスのことは、当作品では「膣肉コキ」と表現されています。

ちなみにフェラは、当作品では「口内コキ」。

物は言いようで、ぶっちゃけ何でもアリな作品です。笑

 

 

 

4:笑えるBGM

 

 

最初にBGMを聞いたときには、思わず笑ってしまいました。

Hシーンは、毎回和磨が暴走して「心愛ちゃんゴメン、でも気持ちいから」と自分の陰茎を擦り付ける流れなのですが、その時にかかるBGMの「疾走感」と「怪しい雰囲気」が最高で、思わず笑ってしまいました。

しかもこれが二段構えになっていまして、二段階目のBGMは英語で表現すると「Warning」という感じの緊迫感溢れるBGMとなっております。

 

 

 

5:S向けでもありM向けでもある

 

 

和磨はリビドーが暴走して、無理矢理「コキ」を行うのですが、わりかし相手が嫌がるようなことを言うことが多く、以下のようなシーンが多いです。

ワキコキのシーンにて。

【和磨】
「あっ、ああ!?わ、分かったよ!
心愛ちゃんのワキの処理方法……ッ!」

【心愛】
「えっ!?」

【和磨】
「剃りだッ!剃ってるんだね……!
心愛ちゃんは、剃り派なんだ!」

【心愛】
「ど、どうしてそれを……」

【和磨】
「だ、だって、こ、ココッ!
この角度で、ココにチンポあてると……ああっ!
少し剃り跡がジョリジョリしてぇ……ッ!」

【心愛】
「きゃああああああああああああぁッ!?
イヤッ!イヤッ!イヤぁッ!」

基本的には純愛和姦作品ですが、

このように、嫌がる反応も多いのでS向けの作品なのかもしれません。

 

 

しかし進め方によっては、逆転展開がありまして、心愛ちゃんがSっぽくなってしまうエンドもあるので、M向けな作品でもあります。

つまりはどちらもイケる人には特にオススメできるのです。

 

 

 

6:随所に感じるコダワリ

 

 

この作品で「凄いな~」と思うのは、差分の使い方です。


©わるきゅ~れ

たとえば尻コキのシーンだと、上の二枚の画像を切り替えて上下に擦っている感じがよくでています。

さらにはパンツを履いた状態でもコイているので、それだけでもしっかり差分が揃っていることが分かります。

 

 

他の作品にはない特色も多いです。


©わるきゅ~れ

パイズリシーンでは当然オッパイで挟んだりもしますが、乳首だけで擦る「乳首コキ」なるものが用意されていたりと、他の作品にはない特色を持っています。

 

 

 

攻略情報

 

 

【攻略】

 

 

私のフルコンプまでのプレイ時間は、5時間くらいでした。

攻略サイトを見てのプレイで大丈夫です。

攻略チャートを用意しましたので、必要な人はどうぞ。

 

 

攻略

 

☆セーブ1☆(ロードして選んでいない選択肢を回収)

「シルクの手袋」/「軍手」/「ゴム手袋」

☆セーブ2☆

「まず、ジェットコースターに乗ろう」

「靴下を貸して欲しい」

☆セーブ3☆

「我慢できない」

【BADEND】

 

セーブ3から

「我慢する」

「もうやめる」

「もう限界を越えそうだ」

「好きだよ」

「口内に入れる」

【SカノEND】

 

セーブ2から

「ゆっくり好きなのを選びなよ」

「パンツを貸して欲しい」

「我慢する」

「まだ続ける」

「これ以上我慢できない」

「愛してるよ」

☆セーブ4☆

「挿れる」

【BADEND】

 

セーブ4から

「挿れない」

「別の所に擦り付ける」

【HAPPYEND】

 

 

 

 

【攻略順】

 

 

どういう順番でも大丈夫ですが、

ドMな人は「SカノEND」を最後。それ以外の人は上の攻略チャートの順番でいいでしょう。

 

 

 

【体験版】

 

 

コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~

 

 

 

テキストについて

 

 

1~3行で書かれています。

目立った誤字脱字はありませんでした。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

かしもと ここあ
樫本 心愛 CV:東かりん

身長:158cm  体重:47kg  スリーサイズ:B88/ W56/ H87

主人公の許嫁。

彼の欲望をできる限り受け止めようと頑張るいい子。

 

 

なめの  かずま
滑野 和磨

主人公。

「コキ」の魅力に取り憑かれ、暴走してしまいがちなヤバイ奴。

 

 

 

演出について

 

 

前述しましたが、「差分の使い方が上手」で「BGMを効果的に使用」されています。

この点に関しては一級品です。

 

 

 

システムについて

 

 


©わるきゅ~れ

シンプルです。私はこのくらいあれば不便はしないのですが、最近の快適なエロゲに慣れいてる人は少々不便に感じるかもしれません。

 

 

それにしても「VOICE」の項目の「その他」の部分……

誰やこいつ!?

本編に心愛ちゃん意外のボイス付きのキャラは、一回も出てきてないぞ。笑

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

選択肢がいくつかあるノベル系アドベンチャーゲームです。

 

 

 

CG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hシーン

 

 

フェチ:どちらも

着衣脱衣比率:やや着衣

 

 

卑語ありピー音なしアナルモザイクなし

卑語は、まぁまぁあります。

 

 

 手コキ、足コキ、スマタにパイズリ!そんなものは当たり前!
 髪コキ、ワキコキ、腹コキ、ニーソコキ、パンツコキ、エアーコキ
 手袋コキ、顔面コキ、ブーツコキ、亀頭コキ、尻コキ、全身コキ
 着衣コキ、膝裏コキ、肘裏コキ……!まだまだこれだけじゃないッ!
 貴方に未知のコキ体験が怒涛のように襲いかかる!

コキの種類は多種多様です。

 

 

【シーン数】

クリックで展開

シーン数は全部で26シーンです。ロープライスにしては回数は多いほうだと思います。同じ構図だけど違う服装でのプレイを含めると、プラスで5シーンあります。


心愛_26


だいたい1シーンで2回戦くらいはします。

 

 

 

BGM

 

 

HシーンのBGMが、非常に印象的です。

使い方のうまさも相まって、大好きなBGM。笑

 

 

 

主題歌

 

 

 

 

 

その他の要素

 

 

・タイトル画面から「GALLERY(CG鑑賞)」「MEMORY(シーン鑑賞)」が選べます

・オナホもでています(笑)

コキカノ〜イカせて、心愛ちゃん!〜

 

 

 

まとめ

 

 

個人的には、コキプレイにそこまで執着があるわけでないので、そこそこな満足度でした。

しかし、非常にコダワリは感じる作品ですし、しっかり作られている作品です。

性的嗜好の合う人にとっては、最高の作品なのではないかと思うのです。

自分がコキプレイが好きかどうかを知りたい人にもおすすめです。

 

 

 

パッケージ版

 

駿河屋で「コキカノ」を検索

DMM.com→コキカノ 〜イカせて、心愛ちゃん!〜

Getchu.com→コキカノ ~イカせて、心愛ちゃん!~

 

ダウンロード版

 

DMM.com→コキカノ〜イカせて、心愛ちゃん!〜

DLsite.com→コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~

Gyutto.com→コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~

DiGiket.com→コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

4 thoughts to “【コキカノ~イカせて、心愛ちゃん!~】の感想”

    1. >侯爵さん

      こんばんは。
      公式では【Windows /XP/Vista/7】を対応OSとしていますね。
      もしかしてこの奇矯なエロゲー、プレイされたことがあります? 笑

  1. ちょっと補足します。

    「このゲームを以前にプレイしたので、記事を見て懐かしいと思った」
    ではなく
    「以前によくこういうゲームをプレイしていたので、記事を見て懐かしいと思った」
    が正しいコメントです。

    この記事に出てたゲームのような作風って、一昔前に流行った記憶があります。
    世の中でWindows7が主流だった頃、こういうニッチなロープライスゲーム、よく出ていましたね?
    Softhouse-sealとかでしたっけ? こういう作風が得意なメーカー。
    (記憶違いのコメントだったらすんません。そもそも記事のメーカーとは違うメーカーの話ですが)

    1. なるほど。そういうことだったんですか~。
      侯爵さんも幅広くゲームをプレイされてきたようですね。

      Softhouse-sealもそういう尖ったロープラを出していますね。ただあそこは変にゲーム性を凝ったり、アニメーションが入っていたりすることもありまして、それがうまく作用していたら良い作品となって、していないと地雷となっている印象。

      他にもロープラで変な作風のゲームを出しているメーカーはたくさんあるので、追々感想を書いていきたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo