【魔降ル夜ノ凜】の感想

3473文字

 

 

魔降ル夜ノ凜

公式ジャンル 剣客娘を発情させてボテ腹にするADV
メーカー LiLiTH
発売日 2013年03月22日
通常価格 2,600円(税抜)
パッケージ購入 Getchu
ダウンロード価格 2,200円(税抜)
ダウンロード購入 DMM・DLsite・Gyutto

 

強くて強気、クールなヒロインとのハード和姦

 

ゲーム属性グラフ主要スタッフあらすじ

企画・原作 栗栖
シナリオ 栗栖
原画 復八磨直兎
クリーチャー原画 のぶしと
BGM 溝口哲也

【公式より】

主人公・秋斗がある日遭遇したものは、まさに異形としか呼べないものだった。
軽々と警官を持ち上げる怪力、肉を抉り取る爪、人の言葉を話し、笑いながら女だった肉塊に群がり、貪っている化け物。
そんな存在に殺意を向けられた秋斗は、逃げ出すことも出来なかった。 本当に殺されるしかない。
そんな時、がらんどうになっているビルの中に涼やかな声が響いた。
「見つけた」
化け物たちの前に、最近転校してきた狼谷凜が立ちはだかる。
「なんだお前は」 「あなたたちを殺す者よ」
彼女は “銀刃の狼” という二つ名で呼ばれ恐れられる、凄腕の降魔師だった。
圧倒的な力で化け物どもを切り捨てていく凜。
しかし新たに現れた妖魔の男、獅子原・シン・要に追い詰められてしまう。
窮地に陥る凛を助けるために飛び出す秋斗だったが、彼女をかばって傷を負い、妖魔ウイルスに感染してしまう。

感染すると妖魔になってしまうはずだったが、幸運なことに秋斗は人間のまま妖魔にもなれる “覚醒者” という存在の資質があった。

一週間妖魔化を耐えることが出来れば覚醒者となる。 耐えられなければ妖魔になってしまう状況。
特に男の場合は性欲が暴走して妖魔化してしまうらしい。 これを防ぐには、増大する性欲を解消するしかなかった。

凜は巻き込んだ責任を感じて秋斗と同棲を始める。
始めは秋斗が妖魔になればすぐに命を奪うべく監視を目的としていたが、次第に秋斗に惹かれていき……

妖魔ウイルスによって秋斗の精液が媚薬化し、さらに大増量! 秋斗とのセックスで凜はボテ腹アヘ絶頂は必至 !?

果たして、ふたりはセックス三昧の日々を送りながら一週間持ち堪えることが出来るか !?
秋斗は凜をエッチで口説き落とせるか !?

 

 

 

おすすめ度:★★★☆☆
知名度:C

ストーリー:7

テキスト:7

キャラクター:7

演出:7

システム:6

ゲーム性:5

CG:7

Hシーン

BGM:7

主題歌:―

ポイント:異能バトル、アヘ顔、ボテ腹、フルプライス
満足度:73

レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

この作品は、バトルものですが、陵辱要素は一切なしの和姦ゲーです。

 

 

さて、和姦といえばどういうエッチシーンを思い浮かべるでしょうか?

やっぱりヒロインの幸せそうな様子が頭に浮かぶのではないでしょうか。

 

 

この作品は、主人公が「妖魔の力」を持っているがゆえの圧倒的な性欲により、ヒロインがアヘります

そして人間離れした射精量により、ヒロインのお腹が膨らみます

 

 

和姦ゲーながらに陵辱ゲーさながらの淫靡さ。

「トッポ(チョコレート菓子)に塩をかけたら、もっと美味しくなるんじゃね?」てきな発想から作られた「青トッポゲー」です。

 

 

アヘ顔ボテ腹のオンパレードですので、そういったものがお好きな人に勧めたい抜きゲーです。

 

 

所持購入動機プレイ前期待値

私が所持しているのはダウンロード版です。

アヘ顔が多い作品ということで、どのようなものか気になって買ったのだと思います。(うろ覚え)

プレイ前期待値:70

プレイ後満足度:73

思ったよりも楽しめました。

 

 

 

どんな人向け?

 

 


  • アヘ顔がないと物足りない人
  • ボテ腹好き
  • ツンデレヒロインが好き
  • ちょっとしたバトル要素も楽しみたい
  • ヒロインのキャラクターデザインを気に入った人

能力バトルものの要素はあるものの、ジャンルとしては抜きゲーです。

やはりエッチシーンの「アヘ顔」と「ボテ腹」が好きな人こそ楽しめる作品だと思います。

あとはヒロインが一人の低価格ゲーですので、そのヒロインを気にいるかどうかが重要かと。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

悪事をはたらいている妖魔を退治する……そんな目的のもと戦っているヒロインの凛。

そして、妖魔に侵食され、性欲が暴走しだした主人公。

 

 

凛ちゃんは、性欲が暴走している主人公を鎮めながらも(意味深)、二人で協力して強大な敵を討伐するために奮闘するのです。

 

 

抜きゲーながらに、バトル描写がしっかりしていたのが好印象でした。

 

 

 

攻略情報

 

 

【攻略】

 

 

私のプレイ時間は、5時間かからないくらいでした。最初のエッチシーンまでは、じっくりプレイして1時間ほどでしょうか。

自力攻略はさほど難しくはないものの、選択肢の積み重ねで最後が分岐するタイプなので、やり直すのは面倒くさいかもしれません。

攻略を記載しますので、参考にしていただければ幸い。

 

 

攻略

 

諦めずに声をかける

狼谷さんを見る

狼谷さんを見守る

半分こする

抗う

 

※セーブ※

協力し合おう

【グッドエンド】

 

※ロード※

断る

【トゥルーエンド】

 

 

 

 

【体験版】

 

 

体験版はこちら/DMM GAMES

 

 

 

テキストについて

 

 

1~3行で書かれています。

比較的読みやすいテキストではないでしょうか。

 

 

唐突ですが、主人公の名前の西崎……なんて読むかおわかりですか?

 

 

正解は……「いりざき」です。「にしざき」ではありません。

主人公は、クラスメイトの女子には「いりざき」くんと呼ばれていて、クラスメイトの男子には「にしざき」と呼ばれています。

これは物語の後半にちょっとした説明が入るのですが、はじめは混乱しながら読んでいました。

こういう所は、先に説明しておくなどして欲しかったですね。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

かみや   りん
狼谷 凜 CV:赤司弓妃

狼の妖魔を使役している降魔師。

頬を染めながら、「バカなの?」というのが口癖のツンデレヒロイン。

最近は減ってきているステレオタイプのツンデレキャラだったので、今プレイすれば逆に新鮮に感じるのかもしれません。

デレてからは可愛らしさがマシマシでした。

 

 

いりざき  あきと
西崎 秋斗

けっこう変態的な、この物語の主人公。エッチシーンでは盛りのついた獣のごとく攻め立てます。

スケベでセクハラ発言の多い主人公ですので、そういうのが苦手な人はいそうですね。

ですが、それでいて一途ですし、ヒロインのことを好きだと思ったら一直線にアタックしていたのは好印象でした。

 

 

 

演出について

 

 

特筆すべきことはありません。

 

 

 

システムについて

 

 

この時期の低価格ゲーとしては、標準的なシステムでしょうか。

強いて言うならば、ボイスカットをオフにできればよかったです。

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

選択肢がいくつかあるノベル系アドベンチャーゲームです。

 

 

 

CG

 

 

 

 

 

 

 

Hシーン

 

 

胸尻比率:どちらも

着衣脱衣比率:どちらも

もう耳にタコができるほど聞いていると思いますが、「アヘ顔」と「ボテ腹」がてんこ盛りな作品です。

そして汁成分も多いです。

服装は、「水着」「制服」「裸」が主なものでしょうか。

あとは、「これもうバレるだろ」的な場所でのエッチシーンが多めなのも特徴的でしょう。

 

 

主人公の妖魔の力のせいか、精液には媚薬成分が含まれている模様。

ヒロインは、発情しだしますし、感じまくります。

 

 

序盤よりも後半の方がヒロインのデレが強くなりますので、それがエッチシーンにも如実に現れてきます。

さらには、私が覚えている限り全部「中出し」をしていたのも特徴的でしょうか。

それにしてもやっぱりアヘり方が半端ないですね。

サッカー日本代表の大迫勇也も尻尾を巻いて逃げるくらいの半端なさです。

 

 

凛ちゃんの積極的なご奉仕も見どころですよ!

 

 

卑語あり。ピー音なし。アナルモザイクなし。

エッチシーンのテキストは「ヒィー」とか絶叫するものもあるので、そこは好き嫌いが分かれそうですね。

 

 

【シーン数】

クリックで展開

シーン数は全部で16シーン


凛_16


1シーンで基本CGは2枚くらい使われています。

 

 

 

BGM

 

 

意外にもオシャレな曲があったので、音楽鑑賞モードが欲しかったです。

 

 

 

主題歌

 

 

 

 

 

その他の要素

 

 

・タイトル画面の『GALLERY』から、「CG MODE」「SCENE MODE」を選ぶことができます。

 

 

 

まとめ

 

 

少々クセの強い作品ですが、ヒロインの凛ちゃんを気に入ったうえで「アヘ顔」や「ボテ腹」が好きな人なら、質と量ともに満足ができ、良作たりえると思います。

濃厚な和姦ゲーを求めているそこのあなた! ぜひともプレイしてみてください。

 

 

体験版・デモムービー・ご購入はこちら

 

 

 

パッケージ版

 

Getchu.com

 

ダウンロード版

 

DMM GAMES DLsite.com Gyutto.com

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

4 thoughts to “【魔降ル夜ノ凜】の感想”

    1. >以下、名無しがお送りしますさん

      Windows8まで対応している作品なので、動く可能性は高いと思います。
      (私はWindows10を使っていないので、断定はできませんが……)

      あとは、体験版が動作すれば、よりプレイできる可能性は高まるかと思います。

    2. こんばんわ! dmmのダウンロード版のやつですが、Windows10でも動きました大丈夫です。

      1. >HYKさん

        私が返答するのもオカシイかもしれませんが、お礼を言わせてください。
        ありがとうございます!(HYKさんは神!)

        ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo