【SISTERS ~夏の最後の日~ Ultra Edition】の感想

5170文字

 

 

SISTERS ~夏の最後の日~ Ultra Edition

公式ジャンル 学園恋愛アニメーションADV
メーカー Jellyfish
発売日 2013年02月22日
通常価格 8,800円(税抜)
パッケージ購入 駿河屋
ダウンロード価格 6,995円(税込
ダウンロード購入 DMM(独占)

 

僕と姉妹の奇妙な関係――

 

ゲーム属性グラフ主要スタッフストーリー

ディレクター 滝美梨香
シナリオ 立吹まゆか
原画 神坂公平

【公式より】

姉妹との楽しげな日々。
しかし、少年は知らなかった。
そこには秘密があったことを…。

 

 

 

おすすめ度:★★★★☆
知名度:A

ストーリー

テキスト:7

キャラクター

演出:7

システム:5

ゲーム性:6

CG10

Hシーン10

BGM:7

主題歌

ポイント:フルアニメーション、3P、フルプライス
満足度:83

レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

最高峰のクオリティのアニメーションを用いた最強の抜きゲー「SISTERS ~夏の最後の日~ ULTRA EDITION」。

 

 

少々退屈な日常シーンや、回りくどい演出、ちょっぴり不便なシステム面など……不満はあるにはあるのですが

その全てがどうでもよくなるほどのエロさ。

そんなエロエロなアニメーション作品を探している人におすすめしたいのがこの作品です。

 

 

所持購入動機プレイ前期待値

所持しているのはパッケージ版です。

高品質なサンプルアニメーションから、買わざるを得ない作品でした。

プレイ前期待値:80

プレイ後満足度:83

期待通りの高クオリティな作品でした。

 

 

 

どんな人向け?

 

 


  • 高クオリティなアニメーションを求めている人
  • とにかく抜ける作品を求めている人
  • 3Pが好きな人
  • ヒロインの千夏を気に入った人
  • 多少の煩わしい演出があろうともヌければOK

ヒロイン2人とサブキャラクター1人、という布陣に見えますが、そのなかでも「千夏」とのエッチシーンが多いです。ですので千夏を気に入った人にはお気に入りの作品となる可能性が高いと思います。

アニメーションのクオリティは言わずもがな。そちらを期待する人は満足できるはず。

しかし、ボリュームを求めている人は注意が必要。「量」より「質」派におすすめしたい作品です。

 

 

 

旧版との違い

2011年に発売されたアニメーション抜きゲーの「SISTERS 〜夏の最後の日〜」でボツにしたセックスシーンを追加したのが、今回紹介している「SISTERS ~夏の最後の日~ ULTRA EDITION」です。

 

 

「両方プレイしたけどあまり違いが分からなかった」と仰るかたもいますが、動画は旧版の8718枚に加え、セックスシーンに3648枚を追加して、合計12366枚となっております。

実に1.4倍以上となっているのです。

 

 

とくにフェラシーンが追加された印象がつよいので、フェラ好きの人や旧版を買っていない人は断然「SISTERS ~夏の最後の日~ ULTRA EDITION」の方がおすすめです。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

自然豊かな山あいにある一軒家での、姉妹との楽しげな日々を描いた作品です。

この姉妹は、なにか秘密をかかえている!?

ちょくちょく過去の回想をはさみつつ、その全貌が顕となっていく構成です。

 

 

ストーリーのポイントを3つあげます。

 

 

1つ目は、千夏が魅力的に描かれているストーリーだということ

正直最初は、日常描写が退屈でしょうがなかったです。笑

しかし、「過去」の回想をはさみつつ「現在」の状況が描かれていて、物語が見えてくるにつれて千夏が魅力的に見えてきました。

 

 

逆にいうと、千夏に興味がなかったり春香派の人は不満に思うかもしれません。

 

 

2つ目は、ストーリーの重要部分を演出で表現しているということ

他の人の感想を見てて思ったのが、物語をあまり理解できていない人もいるのかな、ということです。

多分そういう方は、抜き目的で購入してストーリーはあまり注目しなかったのでしょう。

物語の核心部分」と「未来の光明」が演出によりさり気なく描かれているため、ハッキリと示されていないと分からない人もいるのではないかと思うのです。

 

 

3つ目は、交通事故や記憶障害といった重い設定を、3人の関係へつなげていること

姉妹二人の関係や思い、現在の状況、それらをしっかり描いたうえでの3P展開が実に自然で素晴らしいと思いました。笑

しっかりと物語を見ていくと、親子二世代にわたる三角関係が描かれていたりと、存外しっかりと作り込まれている作品だとわかります。

 

 

※ネタバレ感想

クリックで展開

 

 

たびたび春香と千夏の過去の話に出てくる「彼」は、実は主人公だったということ。

春香は、事故による後遺症により13日間しか記憶がもたない……という風にミスリードさせておいて、その実主人公が記憶障害だったということが判明します。

エンディングで描写されている「点滴が備え付けられたベッド」と、「思い出の写真」を見せることによりそれを表現しているのです。

 

 

個人的には、春香や千夏のたびたび映し出される「電話での報告」。秋子の主人公への気の使い方。物語冒頭の自転車を漕いでいる人物が事故に巻き込まれる描写。回想にでてくる彼が、アルバイトをするにあたり髪を切った……とのテキスト描写。楽器を弾くシーン。

これらの描写により物語の全貌が見えてしまいましたので、そこまで叙述トリックがすごいとは思いませんでしたが、凝った構成だったと思っています。

 

 

最後の3Pシーンにて。

千夏「お姉ちゃん」

春香「ん?」

千夏「これで、同じになるんだね……」

千夏「お姉ちゃんとわたし……」

春香「…………」

千夏「まだわからないけど……」

千夏「いつか……」

千夏「お姉ちゃんが言ってた気持ちになれるかな……」

春香「うん……。きっと……」

翌々日には主人公の記憶が消失しているという状況。

しかし、春香と千夏は前向きです。お互いの気持ちを受け入れあい、尊重しあう二人の会話が美しい。

 

 

そして「最後の日」。

主人公は春香や千夏と会話をするのですが、「それまでの日常生活から生じた断片的な要素(忘れているはずの記憶)」を会話からうかがうことができます。

幸せそうに微笑む春香と千夏。

最後は未来への希望を見せて、物語の幕を閉じるのです。


©Jellyfish

 

 

 

 

 

攻略情報

 

 

【攻略】

 

 

私のプレイ時間は、5時間くらいでした。

いくつか選択肢がありますが、ルート分岐はなく一本道ですので、攻略サイトは必要ないと思います。エッチシーン前の選択肢も回想枠には影響ありません。

 

 

 

【体験版】

 

 

SISTERS〜夏の最後の日〜 DOWNLOAD EDITION

※ULTRA EDITIONの体験版はないので、旧版の方の体験版です。

※体験版というよりデモプレイといった感じ。

 

 

 

テキストについて

 

 

1~2行の短文で書かれています。

文章自体は読みやすいものですが、テキスト表示を最速にできないのが煩わしかったです。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

かみむら  はるか
神村 春香 

CV:桃井いちご

身長:160cm  誕生日:7月4日

好きなもの:音楽、料理、動物

姉妹の姉。彼女とのストーリーをもっと見たかった……。

 

 

かみむら  ちか
神村 千夏 

CV:氷室百合

身長:154cm  誕生日:8月20日

好きなもの:本・マンガ、体を動かすこと

姉妹の妹。激カワ。

 

 

かみむら  あきこ
神村 秋子 

CV:湖月紅れ葉

身長:167cm  誕生日:10月2日

好きなもの:観劇、ワイン、旅行

姉妹の母。激エロ。

 

 

 

演出について

 

 

映像の見せ方が本当に上手です。

ストーリーを演出で表現している部分は、私は高く評価しているのですが、ストーリー内容を把握できていない人もいるため、賛否が分かれそう。

 

 

一日のはじまりに、3DCGをもちいた家の映像を毎回見せられたり、リビングでの会話に入る前にテレビのカットが入ったり、移動するたびに移動シーンの演出が入ったりとダルい部分もあります。

しかし、FFⅨのダルいロード地獄にも耐えたことのある私にとっては何のその。そこまで苦痛に感じることはありませんでした。笑

 

 

 

システムについて

 

 

一部のシーンでは、右クリックしつつ上下左右マウスを動かすことによって見える部分を変えることができます。その点は素晴らしかった。


©Jellyfish

このように同じシーンでも視点を変えて見ることができます。

 

 

しかし、テキスト最速表示、そのままの画面でのボイスリピート、高速で快適なスキップなど取り入れて、もう少しシステム面を快適にしてほしかったです。

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

選択肢はいくつか存在しますが、シナリオは一本道で、ルート分岐はありません。

 

 


©Jellyfish

なかには無意味なMAP移動も……。

 

 

 

CG

 

 

とりあえず言えるのは、千夏ちゃんが非常に可愛らしいということ。

 

 

全体的に表情の描写が良かったです。

 

 

夏の田舎の雰囲気を味わうのにももってこい。

 

 

クリックで展開

 

 


©Jellyfish

これが私のベスト千夏CGです。千夏ちゃん可愛すぎマロタ。

 

 


©Jellyfish

この近所に住む怪しげなオッサンを、寝とり竿役だと思ったのは私だけ?

私の心が汚れてしまっているせいなのか。笑

 

 

 

 

 

Hシーン

 

 

フェチ:どちらも

着衣脱衣比率:半々

AVを参考にした構図や描写が散見されていて、他の作品とは全く違った感覚かもしれません。

 

 

とくにキスシーンやフェラシーンをはじめとした、「舌」の描写は圧巻。

ヌルヌルと淫らに蠢く舌が、とんでもないエロさを演出しています。

 

 

3Pシーンもいくつかあります。このダブルフェラのシーンなんかは、前述した舌の描写も相まって、頭の中が真っ白となって猿のようにシコってしまうこと必須。

 

 

多少大げさに破顔するのですが、それもまたエロさを増長させているかと。

 

 

この作品は、和姦作品です。ラブラブな雰囲気がよく出ていてイイ感じ。

 

 

姉妹の母親の秋子さんとのエッチシーンもあるのですが、秋子さんのシーンが一番エロかったという人も多いです。

やっぱり処女よりも非処女のエロさってあると思うんですよ。こんなエロエロボディなお姉さまに為す術もなく搾り取られていく様子は、エロい意外に表現のしようがないです。笑

 

 

ちなみに、千夏ちゃんとのエッチシーンが一番多かったです。

 

 

卑語あり(少なめ)ピー音なし

 

 

あえて不満点を挙げるとすれば、(モザイクがかかっているものの)チンコの浮き出る血管が、緑っぽく見えるのが何だか嫌だった……ということくらいでしょうか。

 

 

基本的には、アニメーションの動きのエロさが凄まじいので大満足。

とくにエロかったのは、オーガズムに達したあとに、痙攣してピクピク震えている描写。

とかく、他の作品ではなかなか感じることのできないほどのエロスがそこにはありました。

 

 

【シーン数】

クリックで展開

シーン数は全部で9シーンです。1シーンで何回もしますので、回数以上にはボリュームを感じると思います。


千夏_5

春香_1

千夏&春香_2

秋子_1


 

 

ちなみに最初のエッチシーン以降、しばらくエッチシーンを見ることはできないので、ズボンは履いておきましょう。笑

 

 

 

BGM

 

 

良い雰囲気の曲が多かったです。

 

 

 

主題歌

 

 

挿入歌

飛んでいく / 合成音声

 

 

エンディングテーマ

またあした / 合成音声

 

 

主題歌は、合成音声によるもので、ボーカロイドのような感じでした。

非常に良い曲なのにもったいない。本当にもったいない。

もはや悔しい……といっても過言ではないほど。

 

 

エンディングへの入り方が非常によくて、かつエンディング曲もいい曲だったので感動したんですよ。しかし、それと同時に、合成音声による違和感でその余韻が薄れてしまいました。

 

 

近未来的な世界観で、アンドロイドが登場するような作品だったらまだ分かります。

しかしこの作品は、夏の田舎が舞台なんですよ。

まったくもって雰囲気が合っていないです。

 

 

革新的なことをやろうとする心意気は分かりますが、それが効果的かどうかをもう少し考えていただきたかった。

 

 

 

その他の要素

 

 

・タイトル画面の『EXTRAS』から、回想シーンを見ることができます。CG鑑賞や音楽鑑賞などはありません。

・小説版での主人公の姓名は本多圭佑(ほんだ けいすけ)だそうで、ちょっと笑いました。

 

 

 

まとめ

 

 

不満はあれど、それを悠々と上回ってしまうほどのエロい作品。

他の作品ではまず見ることのできないハイクオリティな手描きアニメーションが本当に素晴らしかったです。

個人的には、ストーリー展開や雰囲気、千夏ちゃんの可愛さも魅力的に感じました。

 

 

現在パッケージ版はプレミア価格で高騰していますので、ダウンロード版の方がいいかもしれませんね。

とにかく抜ける作品を探している人は、ぜひとも購入してみてください。

 

 

 

パッケージ版

 

駿河屋で「SISTERS」を検索

 

ダウンロード版

 

DMM.com(独占)→SISTERS 〜夏の最後の日〜 Ultra Edition DL版

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

4 thoughts to “【SISTERS ~夏の最後の日~ Ultra Edition】の感想”

  1. いつもブログ拝見しております。初めてコメントします。
    今年からエロゲをやり始めた初心者なのですが初心者でもアニメーションADVは楽しくプレイ出来ますでしょうか?

    1. >わたろうさん

      はじめまして!
      コメントありがとうございます。
      当サイトをご贔屓いただきまして、感謝します。
       
      >>初心者でもアニメーションADVは楽しくプレイ出来ますでしょうか?
      初心者の方でもアニメーションADVを楽しめると思いますよ!
       
      ただこの記事で紹介している「SISTERS」は、アニメーションのクオリティの高い作品ですので、他の作品への期待感があがってしまう恐れがあります。笑
       
      基本的には「紙芝居」と揶揄されるエロゲが多いことを理解したうえでプレイしていただければと。

      1. そうなんですね。アニメーションADVの中でもSISTERSはそんなにクオリティが高いのですねw
        とても興味が惹かれましたので後々ダウンロード購入でやってみたいと思います。
        私はアニメでも紙芝居でも満足しているので楽しめそうです

        1. >わたろうさん

          あ、なんかハードル上げすぎちゃいましたかねw
          アニメーション部分が、質の高いエロアニメ……みたいな感じでエロゲとしてはあまり類を見ないタイプなんです。
          購入されるのでしたら、ぜひぜひお楽しみください~。
           
          今後ともよろしくお願いしますね。
          いつでも、質問、雑談、感想などお待ちしていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo