【となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~】の感想

3998文字

 

 

となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~

公式ジャンル コミュニケーションADV
メーカー プレカノ
発売日 2017年08月25日
通常価格 1,980円(税抜)
パッケージ購入 駿河屋・DMM・Getchu
ダウンロード価格
ダウンロード購入

 

ここにあるのは、彼女との特別な時間――

 

 

 

 
◀【ゲーム属性グラフ】

シナリオ 多喜濱一
原画 ねこにゃん
音楽 金閉開羅巧夢

 

 

 


おすすめ度:★★★★☆


知名度:C


ストーリー:6

テキスト:6

キャラクター10


演出:6

システム:6

ゲーム性:5


CG10

Hシーン:6


BGM:7

主題歌


ポイント:後輩、JK、ロープライス、初回起動時・要ディスク


満足度:78


レビュー

 

 

作品の紹介

 

 

【あらすじ】

 

 

近年増えてきている低価格萌えゲー。

「低価格だしそんなに萌えないだろ……」

そう思われるかもしれません。

侮ることなかれ。

けっこうグッときましたよ!

 

 

「期待したものと違う」という人もでてくるかもしれないので、この作品を私なりに簡単に紹介します。


安いのに美味しいスイーツ(イチャラブ)が食べられるお店。

軽食(Hシーン)も用意されているけど、期待してはいけません。

今ならサービスでコーヒー(ポエム)がついてきます。


……こんなイメージでしょうか。

あくまでイチャラブがメインのキャラゲーです。

 

 

私が持っているのはパッケージ版です。

(ダウンロード版はまだ発売していません)

 

 

 

どんな人向け?

 

 

・サンプルCGを気に入った人

・ヒロインに心惹かれた人

・お手軽な萌えゲーを求めている人

・1対1の恋愛を求めている人

・ストレスフリーな作品を求めている人

 

公式サイトのサンプルボイスや、サンプルCGを見て気になった人は安いですし購入を勧めます。

前述しましたが、あくまでイチャラブ成分を求めている人向けの作品となっております。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

主人公とヒロインの知彩が、文芸部での活動をしながら仲を深めていく……という王道的な萌えゲーです。

存外、ちゃんと部活動をしている描写があったりしまして、イチャラブとのバランスが上手だったと思います。

 

 

付き合ってからの主人公とヒロインのやりとりも楽しめたので、そうした意味では終始一貫して「萌え」に徹していた素晴らしい作品だと思いました。

 

 

 

・攻略

 

 

プレイ時間は3~4時間くらいでしょうか。

 

 

選択肢は1箇所だけあります。


撫でて被ってジャンケンぽん

綺麗な下ネタあいうえお作文


直後のテキスト内容が変わるだけで、ルート分岐はありません。

上の「撫でて被って~~」の選択肢は、CG一枚用意されています。

 

 

 

テキストについて

 

 

1~3行で書かれています。

基本的には読みやすい文章だと思います。

誤字脱字も気にならなかったです。

 

 

いい感じのイチャラブ描写や甘~い展開で非常に楽しめました。

テキストの項目を高評価にしたかったんですが、3つほど不満だった部分があります。

 

 

1つ目

作中でしきりに「独自に作り出したゲームで対決」をするのですが、これのルールがけっこう分かりづらい……

「ん? 今どんなゲームしてるの?」ってなったことがちらほら……

これってルール説明をしている部分のテキストを誰かに読んでもらって、すんなり理解できるかを確かめるだけで改善できることだと思うんですけどね。

ちょっと残念です。

 

 

2つ目

(※軽いネタバレ)

ストーリー後半の方で、文化祭の出し物で朗読劇をするのですが、これが酷かった。

竹取物語をベースにギリシャ神話がはいっていたりするカオスな朗読劇なのですが、うーん……

演劇で視覚的に面白くしているならともかく、朗読劇でわかりにくいストーリーを読まれても観客の反応はよろしくないと思うんですよね。

むしろシーンとしてマズイ空気になりそう……

ここのシーンが大きく盛り上げることができれば、短いながらも起承転結のしっかりとした作品になったのではないかと思いました。

 

 

3つ目

主人公のヒロインに対する呼び方。

付き合ってからは、「芹沢」と呼んだり「知彩」と呼んだりバラバラです……

甘えるときだけ下の名前で呼ぶ……とかならまだ理解できるのですが、呼び分け方が不明でちょっと残念でした。

 

 

良いところ

 

 

・しっかりと青春部活ものを描けていた

 → 部活動とイチャラブ描写の塩梅が良いバランスでした。

 

 

・ストレスフリーな作風

 → 近年の作品の傾向でもあると思うのですが、主人公がわりと相手の好意や自分の気持ちを敏感に察しています。無駄シリアスもありません。処占信仰が強い人への対策も盤石。萌えゲーなのでストレスフリーでプレイしたいというユーザーの要望にしっかり答えています。

 

 

・変わらないノリ

 → 付き合ったあとも主人公とヒロインの「2人の変わらないノリ」が続いていたのがメチャクチャ素晴らしい。

ヒロインと結ばれたあと「もう、プレイしなくてもいいかな」と思ってしまう作品は多いんですが、この作品は付き合ったあとの2人のやりとりが変わらず楽しくて素晴らしかったです。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

Serizawa Chisa
芹沢 知彩 CV:そよかぜみらい

所属:鐘詠学園 1年、文芸部
身長:154cm  体重:–kg  スリーサイズ:B93(G)/ W59/ H89
好き:恋愛小説、甘いもの、そよ風  苦手:脂肪、辛いもの

 

 

はぁ~やっぱり後輩キャラっていいよね。

丁寧な言葉遣いと、見た目の可愛さと声の可愛さもあってか毒を吐かれてもぜんぜんイライラしない!

そりゃブスが毒を吐いたらグーパンですよグーパン。

でも可愛ければいいんです。

可愛いは正義!

 

 

健気で一途な性格。

もともと料理研究部だったという家庭的な要素。

知的に見えるけど頭の中がフワフワしているところ。

ノリの良さ。

エロエロボディ。

もうね、最高かよ。

 

 

……取り乱してしまい、いつもと違う口調ですいません。笑

 

 

 

演出について

 

 

一つだけ不満な演出があります。

文字がオートで流れる演出なんですけど、スピードが速くて読みづらかった ^^;

その部分の文章がバックログに表示されるわけではないので、シーンジャンプしてふたたび見返すハメに。

もう少しなんとかならなかったのでしょうか。

 

 

 

システムについて

 

 

欲しい機能はだいたいは揃っているのですが、右クリックでテキストウィンドウの消去ができない(泣)

バックログからしかボイスリピートができない(泣)

 

 

インターフェースの可愛さはグッドです!

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

低価格萌えゲーにゲーム性を求めるのは野暮でしょう。

 

 

 

CG

 

 

知彩ちゃんがサイコ~っに可愛かった。

胸のデカさはちょっと不自然なんですけどね。

 

 

澄ました顔とニコニコ笑っている顔のギャップが半端ないですね。

それにしてもこの2つのマスクメロンはなんだ?

 

 


©プレカノ

そもそも立ち絵からして可愛すぎるんですよね~。

 

 

 

Hシーン

 

 

フェチ:どっちかというとお尻

おっぱいを強調したアングルとお尻の見えるアングルが半分づつです。

それにしてもエロいお尻です。ねこにゃんの原画のお尻にこれほど心を鷲掴みにされる日がくるとは……

感無量です(泣)

 

 

汁の塗りも上手いですし、このCGなんかは「ぶっ掛けている感」が最高でメチャシコです。

ちなみに全シーン着衣エッチでした。私は着衣エッチが大好きなのですが、裸の方が好きな人は注意。

 

 

卑語ありピー音なし

ごく僅かですが、卑語がありました。

もうちょっと多用してくれてもいいんだよ?

 

 

Hシーンが実用的かどうか

 

 

気をつけてください。

とにかく尺が短いです。

 

 

始めてのエッチシーンのときフェラが始まったんです。

画像は上にものせましたがとにかくエロエロなCGで期待も最高潮。

しかしフェラをし始めて射精もしないまま即行でセックスシーンへ。

正直マジでショックでした。

実際にアソコを舐めている描写は1テキスト分。

これは酷いでしょ!?

 

 

ライターさん……フェラシーンを舐めないでくださいませんか?(フェラだけに)

 

 

フェラシーン以外は、幾分かマシでした。

ですので、そこまで落胆しなくても大丈夫ですよ?

 

 

ぶっちゃけますと、CGがエロエロだったんで個人的にはけっこう満足してしまったんですよ。

……悔しい。笑

ただ高評価にするのはHシーンを頑張っている他作品に失礼なのでこの評価に。

 

 

Hシーンにもうちょっとだけ力を入れるだけでも最高の作品になったんですけどね。

惜しいです。

 

 

シーン数は全部で6シーンです。


知彩_6


シーン数は少なめですが、それ以外にちょっぴりHなCGもあるので、それはまぁ嬉しかった部分ですね。

 

 

 

BGM

 

 

あまり記憶には残らなかったですが、穏やかで優しく暖かい雰囲気のBGMが多かった印象です。

 

 

 

主題歌

 

 

君と私のセンテンス / そよかぜみらい

※サンプル音源です

爽やかな曲でした。

 

 

 

その他の要素

 

 

・タイトル画面から「CG鑑賞」「シーン鑑賞」「音楽鑑賞」が選べます。

・この作品の略称は「となかい」だそうです。なんだか可愛い。

・PS VitaとPS4で非18禁版が発売されるようです。個人的にはねこにゃんのエッチなCGが最高だったので、今回紹介している18禁版をやって欲しいです。

 

 

 

まとめ

 

 

そうそう、これだよこれ。

そう思えたキャラゲーでした。

いろいろ御託を並べましたが、一言でいうと買って満足した作品です。

 

 

あと一歩改善すればもっともっと最高な作品になったでしょうから、今後のここのメーカーの動向も楽しみにしています。

 

 

 

パッケージ版

 

駿河屋で「となりに彼女のいる幸せ」を検索

 

 

DMM.com→となりに彼女のいる幸せ〜Two Farce〜

Getchu.com→となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~

 

ダウンロード版

 

 

 

関連記事

 

2017年8月のエロゲ・購入検討

2017年8月のエロゲ・購入報告

 

 

 

ページの先頭に戻る

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。