そもそもエロゲって何さ?

 

 

 

そもそもエロゲって何さ?

 

 

エロゲ、エロゲー、萌えゲー、美少女ゲーム、アダルトPCゲームなど様々な呼称があります。

これらがどういうゲームかと言うと、主に性的要素があるためR-18の指定がされているPCゲームの事を言います。

(厳密にはPC以外でプレイできるDVD-PGやBD-PGなどもございますが、基本的にはこの認識でいいでしょう)

 

 

「なんだ……ただエロいだけのゲームなんだ」

などと思った人もいるかと思います。

 

 

「エロいだけじゃないんですよ!!!」

私は声を大にして言いたい。

 

 

18歳未満は禁止されているが故のグロテスクな描写。

反社会的な行為。特殊性癖。思想。深い恋愛描写。

アニメやライトノベルや一般のゲームでは到底表現できないような、それはもう凄い描写がされている作品だってあるんです。

 

 

先ほどの発言と矛盾しますが、

ただただエロいゲームだってあります。

 

 

18禁である。エロゲという呼称である。

これらのことから勝手なイメージを持たれているのはなんだか癪(しゃく)ですよね。

まあアンダーグラウンドなコンテンツであることに変わりはないのですが。チッ

 

 

 

基本的なエロゲ

 

 

あなたはエロゲと言ったらどういうゲームを思い浮かべますか?

ときめきメモリアルのような恋愛シミュレーションゲームでしょうか?

確かにそういうゲームもありますが少数派です。

Honeyview_DSC_0164

LOVELY×CATIONシリーズなどはそういうゲームです。

 

 

まず一言申し上げておきます。

 

 

……

 

 

エロゲの大半は紙芝居です!

 

 

……

 

 

ぇえ――――っ!!
ミ~ ̄ ̄ ̄\
/ __ __亅
/ .> ⌒ ⌒|
|/  (・) (・) |
(6 ーーー○-○‐|
|    つ |
|   .___) /
\  (_/ /
/\__/
/  \ロ/
/ /   V ||
/_/   | ||
⊂ニu\__/L|⊃
|  / /
| / /
| / /
(ニフフ

 

 

いやスミマセン言い過ぎました。

(ゲーム性が高い作品もありますよ!)

 

 

どういう事かといいますと

大半のエロゲーが、絵と文章で構成されたADV(アドベンチャー)ゲーム、またはビジュアルノベルゲームなのですよ。

 

 

オーガストの9月発売予定の新作

『千の刃濤、桃花染の皇姫』の体験版にて説明していきます

以下無断転載禁止 ©オーガスト

Honeyview_2016-05-11_051310

こちらが基本的な画面構成となっております。

女性キャラが二人いると思います。

この女性キャラクターの絵の事を立ち絵といいます。

 

 

そして画面の下の方。透き通った黒枠(テキストウィンドウ)の中に文字が書かれていると思いますが、こちらがテキストですね。

テキストの横に今現在喋っているキャラクターが表示されていますが、これはゲームによって有ったり無かったりします。

 

 

そしてキャラクターの後ろには背景がありますね。

 

 

つまり

背景 + 立ち絵 + テキスト

これが基本構成になります。

 

 

どういう風にゲームを進めるかといいますと、

マウスをクリックするかEnterキーを押すなどして、テキストを読み進めていくだけです。

 

 

「え? それだけ?」

えぇえぇ言いたいことは分かります。

 

 

昔の人は言いました。

「これでいいのだ」と。

 

 

冗談はさておき基本があれば応用もあるもの。

それがCGです。(一枚絵とも言います)

基本パターンと違い

CG + テキスト

という構成になっています。

Honeyview_2016-05-11_052158

CGはエロゲーの顔とも言える部分ですね。

 

 

大抵のエロゲは右クリックもしくはスペースキーでメッセージウィンドウ消去(テキスト部分が消せる)が出来ます。

その状態で、CGを見てみましょう。

Honeyview_2016-05-11_052042

キレイだ……なんてキレイなんだ……

買うぞ!絶対買うぞ!!ステマェ

CGを集めるのもエロゲの醍醐味の1つなんですよね。

 

 

その他SD絵なんてのもあります。

思わず購入したくなるエロゲーのSD絵まとめ

(↑気になる人は見てみてね)

 

 

ここまでの説明で「同じ絵をずっと見つつゲームを進めていくのかな?」と思われた人がいるかもしれませんので補足を。

 

 

紙芝居と言ってもずっと同じ立ち絵が表示されている訳ではなく、表情が変わったりして多少の動きはあるのです。

CGでも同じように表情が微妙に変化している絵があるのですが、それを差分と言います。

また上の画像のように怒りマークが出たりなど漫画的な演出もあったりします。

 

 

上の画像を見て下さい。

一枚絵の左右に、切り取られた絵が差し込まれていますが、これをカットインと言います。

このように紙芝居と言われながらも、飽きないような工夫が凝らされているのです。

 

 

 

選択肢

 

 

たまにあるゲーム性

そう。それこそが選択肢

honeyview_2016-09-14_032522

©ASa Project 恋愛0キロメートル

 

 

どの選択肢を選ぶかによって

・テキストが少し変わる

・ルートが変わる

・ゲームオーバー

・フラグが立つ

など状況が変わってきます。(場合によってはほとんど変わりません^^;)

 

 

また

中に出す

外に出す

などの多少のCG変更のある選択肢もあります。

この選択肢が何を意味しているのかは言わずもがな。笑

 

 

そして

ゲームによっては自力攻略が不可能に近いくらい難しいものもあります。いや、マジで。

 

 

とにかくまぁ

こうして絵を見ながらテキストを読む(声優が音声を読み上げてくれますが)。

たまにある選択肢を選んでストーリーが分岐していく。

結構ゲームとしては単純な流れなんですよね。

だからこそゲームではなく紙芝居とまで言う人もいるわけですよ。

 

 

ですがそれを補って余りあるくらいの魅力がエロゲにはあります。

別の記事で追々紹介していきたいと思います。

 

 

今回の記事で分かって頂けてたと思いますが、エロゲーは静的な演出が多かったんですよ、今までは。

そう… 今 ま で は 。

続きます。→動くエロゲの紹介 ~E-mote・AE・3D・手書き~

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。