【1000文字探偵】の感想

 

 

 

このゲームはフリー(無料)のブラウザゲームです。

1000文字縛りで紡がれる本格ミステリーです。

プレイ時間は1分です。

 

 

本格ミステリーと謳(うた)われている通り、最後までプレイしても、私にはこの物語の謎を読み解くことはできませんでした。

序盤に選択肢が2つでてくるのですが、どちらを選んでもその結末に理解がおよびませんでした。

私の至らぬところではありますが、あなたも一度プレイしてみて、謎に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

ゲームはこちら…→…1000文字探偵:無料ゲーム配信中!

 

 

【以下ネタバレあり】

 

 

この作品を真面目にレビューしようと試みましたが、そうすることは他の作品に対する冒涜になるんじゃないかと考え至りました。

怒りを露(あら)わにするレビュアーさんがいるのも、納得できるところではあります。

 

 

物語や作品としてみると、評価し難いものではあるのですが、娯楽品の1つとしてみると、これはこれでアリなのではないかと思うところです。

既存のノベルゲームの常識というか価値観を「壊す」という観点も、今後のノベルゲームの発展には必要なことなのかもしれません。

たとえそれが冒涜的な行為だとしても、「既存の枠を超える何か」というのは必要なのではないか、と思う自分がいるのは確かです。

当然不快に感じた部分もありましたけどね。

 

 

真面目にこのゲームを論じていたら疲れたので、少し休ませて下さい。

 

 

……

 

 

……

 

 

zzzzzZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

 

 

はっ!

スイマセン!

寝てました!

 

 

文章を書いてる途中に寝るなんて以ての外ですね。

今後は気をつけます。

 

 

おぅわったぁ!!

完(1000)

 

 

 

Pocket

9 thoughts to “【1000文字探偵】の感想”

  1. 無料のノベルゲームはだらだらと駄文が続く作品も珍しくないので、短時間で終わる一発ネタで勝負するのは結構ありだと思っています。

    1. >あーみさん

      ご意見ありがとうございます!

      ええ。このゲームをプレイしてみて不覚にも笑っちゃったんですよ。

      冷静な感想を書いているように見えるでしょうけど、実は、けっこうリスペクトしてます。

      その証拠に今回の感想記事を1000文字ぴったりで終わらせたのです!

  2. レビューしていただき、ありがとうございます。
    不快にさせてしまい、申し訳ないです。
    変なの、と笑ってもらえればと制作しました。
    今後は嫌な思いをさせないよう、力を尽くしていきたいです。

    プロフィール読みました。
    一問一答に質問募集中ですと書いてありますが、質問してもいいですか?
    問1.好きなゲーム機はなんですか?
    自分はPS2とワンダースワンが好きです。
    PS2はゲーム機の完成系だと思っています。
    ワンダースワンはボタンの多さと縦横どちらから持っても違和感ないあの感じ。
    3DSに関して言えば、美しいですがおしいハードです。
    あれで画面がひとつで3D機能がなくて折りたたみじゃなければ最高だったのに、実におしい。
    問2.好きなサラダは何ですか?
    ちなみに私はごぼうサラダです。
    ごぼうのコリコリ食感。

    ここにたどり着いたのは検索からです。
    急にダウンロード数が伸びたので検索してみたら
    ErogameScape -エロゲー批評空間-さんのほうで盛り上がってるみたいで。
    そこのレビュー記事一覧にこのページのリンクがありました。
    そこから着たんよ。
    すごい非難されてて、メンタル弱いからショックで呆然としていました。
    作品を公開する上で気遣いできなかった自分が悪いんですけど
    ……反省してます。

    ここのブログの趣旨的に好きなゲームを書いといたほうがいいんかな。
    私はminoriさんのところで制作されたeden*が好きです。
    泣きゲーが好きなわけじゃないんですが、切ないのは好きだよ。
    だけど、ハッピーエンド至上主義者。
    昔のねこねこのサナララとかスカーレット、120円の春とかああいう感じのが好き。

    以上、長文にお付き合いくださいましてありがとうございました。

    追伸
    1000文字に調整するのって意外と時間がかかりませんでしたか?
    ズルしたはずなのに、何でこんなに時間がかかってるんだ……
    こんなことなら普通に書いたほうが楽だった、って制作中に思った。
    これからは、ワンダースワンみたいなワンダーな作品を作っていきたいです。

    1. >しのさん

      熱意のこもったコメントありがとうございます。
      まさか製作者本人にコメントをいただけるとは……
      驚くとともに、とても嬉しいです。
       
       
      こちらこそ、このような感想を書いてしまい申し訳ないです。
       
       
      「ノベルゲームの感想を書いている人間として賛成できない部分がある」
      というだけで、
      「新しい可能性を秘めた、凄い発想力」だと思っています。
      ぜひともまた、その「人と違った個性をもつ作品」をつくってほしいものです。
      しのさんみたいな方が、新しい可能性を作っていくんでしょうね。
      次回以降の作品を楽しみにしてますね。
       
       
      非難は気にしなくていいと思いますよ!
      「人と違うことをする」「新しいことをする」という行為は反発が付きものです。
       
       
      現に今、トランプ大統領が批判されてますよね。
      でも支持している人だって実はけっこういますよね?
      (※ものの例えであって、トランプ政策に対する是非は関係ありません)
       
       
      質問ありがとうございます。
      詳細プロフィールの方に追記させていただきます!
       
       
      eden*いいですよね。
      3月末に発売予定のminoriさんの新作も楽しみです。
       
       
      ねこねこソフトは私も大好きでして、今まさにScarlettを感想のために再びプレイしていたのです!
       
       
      1000文字は大変でしたね^^
      ワンダーな作品楽しみにしてますよ。笑

  3. コメント欄に画像を表示できますって、そこなの!?
    左上、顔の所にでるんじゃないのか。
    へんなところにでてしまったよ。
    上のコメントは一番下に出てる画像が顔になる予定だった。

  4. >しの
    フリーゲームはCGや演出で商業に劣りがちなので、
    短時間で楽しめる一発ネタとして本作は一つの完成形だと思います。

    またアイデアを生かした作品を期待しています

  5. ううむ、1日に複数の記事にコメントを書くのは控えようと思っていますが、ちょっとだけ。

    私もこのゲームはアリだと思います。
    ネタバレを知ってからのプレイとなってしまったのですが。

    このことで心が折れてしまって、もうつくりたくない・・・って思わなくてよかったと個人的には思います。

    以前ネットで「批判はなにもうまない」という話が話題になりましたが、まぁ仲のいい友達と共感したかったのに色々言われるのはきついかも、とも思ったのですがさすがにそれは違うと思いました。
    個人的には好きな作品の批判を見て、色々な考え方があるものだなぁ、と思うこともあれば、なにもそこまで、とも思うこともありました。
    でもきっとそれをバネに努力していい作品をつくれるようになったクリエイターさんもきっといらっしゃるでしょう。

    色々考えたものの、やはりこういうことに関するコメントは難しいなぁと実感。

    1. クリエイターさんとしては、雑兵の戯言など聞き流す……くらいの気持ちでいないと辛くなってしまうかもしれませんね。
      人の要望を聞いて人の顔色を伺って作品を作ったとしたら、それは想像の範囲内のものしか生まれないんじゃないかと思います。
      本来想像力とは、もっと自由で大きなものだと思うのです。
      賛成意見や批判意見に目を通し、なるほどと思えたなら聞き入れることも必要でしょう。
      しかし、結局は自分を信じて突き進むしかないような気がします。バランスですバランス。
       
      批判はなにもうまない……これは、そんなことはないという意見に同意です。
      ただ、批判と言えども、感情的になりすぎたり、言い方が悪かったりすると意味がないものになってしまう恐れがありますよね。
      たとえば相手がなにかミスをしたとき「お前バカだなぁ」というよりは「こうすればいいんじゃない?」と言ってあげた方が建設的です。
       
      あとはネット上で相手の顔が見えないからこそ、コミュニケーションのとり方がおかしくなってしまっている人が多い……ということは常々感じていました。

      ©Azurite(クリックで拡大)
      ※「あくまで、これは~の物語」の微ネタバレ
      たとえば最近プレイした作品でもそのことに触れられていて、関心したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo