2018年6月のエロゲ・購入報告

 

 

 

エロゲーを愛するみなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私はというと、忙しいです。……主にワールドカップで。笑

 

 

ベルギー戦では、日本代表の善戦を期待しています。

あとはモドリッチ選手が好きなので、クロアチアも密かに応援しています。

 

 

 

業界全体の盛り上がりは必要なのか論

 

 

「業界全体が盛り上がる必要はあるのか?」みたいな疑問を見かけたので、僭越ながら私の考えを書かせていただきます。

結論から言うと、業界全体が盛り上がる必要は “あります” 。

小保方さん風に言うと “ありまーす” 。

 

 

どういうことかと言うと、たとえばメジャースポーツとマイナースポーツで考えてみましょう。

メジャースポーツでは試合のときに、5万人入るスタジアムが満員になるとします。うってわってマイナースポーツでは試合のときに千人しかお客さんが来ないとします。

するとどっちの方が収益があるか一目瞭然ですよね。当然5万人のお客さんを呼べるスポーツの方が収益があるのです。

 

 

それを踏まえて考えてみてください。お客さんを千人しか呼べないスポーツをしている人が、頑張ってトップ選手になったとしても、稼げる限度がありますよね。(やりようによっては稼げるでしょうが、それは今回の主旨とは別の話です)

 

 

何がいいたいかというと、個人の頑張りも必要ですし、それと同時に業界自体が盛り上がっていないと(需要がないと)いけないということです。

たとえばサッカーでも、各々のチームが頑張るのはもちろん、リーグ全体が盛り上がることを考えていく必要があるでしょう。そのために日本サッカー協会なるものが存在しているんでしょうね。

 

 

なにもクリエイターさんに、「業界全体のことを考えてくれ」と言っているわけではないです。クリエイターさんは自分のお客さんに目を向け、作りたいように作っていただければと思っています。周りの状況がどうであろうと、個々の頑張りによって「突き抜ける」ことだって可能だと思っています。

要は、われわれユーザーでも、その他余裕のあるメーカーさんでも、業界を盛り上げていく存在が増えたら嬉しいな……なんて思ったりしたのでした。

そして私も少しでも力になれたらな……なんて思ったり。

 

 

※盛り上がるにしてもいくつか考えないといけない点がある……というご意見がありましたので、そのことに関してはコメント欄をご覧になってください。

 

 

 

さて、2018年6月のエロゲ(および非18禁ゲーム)の購入報告です。

それでは紹介していきます。


 

 

 

購入エロゲ

 

 

 

Summer Pockets

非18禁のPCゲームは、基本的には買わない方針なんですが、なんだかんだKey作品は買ってしまいますね。

公式通販で買ったんですが、バカでかいポスター5枚がついていてビックリ。他にも色々ついていました。

特典のことばかり言及しましたが、ゲームの内容にも期待しています。麻枝氏もKeyらしさを踏まえて原案を出したという旨の発言をされていたので。

 

 

 

恋はそっと咲く花のように

早期購入2大特典ダウンロード

声優買いしました。内容はいつものensemble作品みたいな感じかな~という予想。

 

 

 

支配の教壇

今月期待の抜きゲー。

BISHOPに対する信頼感はハンパないので、安心しています。

 

 

 

まおてん

修正パッチ

この作品も、さかき傘さんがライターの安牌枠。

キャラデザもけっこう好きですし、楽しみです。

 

 

 

闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫-

修正ファイル

ダークホース的な作品として、密かに期待しているのがコレ!

楽しみです。

 

 

 

見上げてごらん、夜空の星を COMPLETE SET

なんだかんだで本編を持っていなかったので、コンプリートセットの方を買いました。

どんな作品なんだろう。ワクワク!

 

 

 

その他

 

 

 

眠れぬ羊と孤独な狼 公式設定資料集

「眠れぬ羊と孤独な狼」のアンケートのお返しが来ました。資料集に目を通したのですが、色が付いたラフが見れたり制作陣のコメントが入っていてイイ感じ!

私は「眠れぬ羊と孤独な狼」は大好きな作品ですので、読んでいるだけでもテンションが上がりました。

太っ腹なクロックアップさん最高です!

 

 

 

BugBug2017年11月号のプレゼント

「歪んだ嘘の恋とレッテル」という作品が当選していました。どうせなら色紙の方に当選したかった……。この作品が発売した月は、欲しい作品は全部自分で買っていたので、とりあえず持ってないこの作品を選んでいました。

どんな作品なんでしょう。面白いのかな?

というか箱が若干潰れていてショック。まぁタダで貰ったものなので、文句は言えないんですけどね。

 

 

 


以上です。

シャムロックと家の彼女は、合わなそうだったのでスルーしました。

 

 

 

エロゲ会社の社長が炎上

 

 

最近とあるメーカーの社長が、Twitterで炎上した騒ぎがありました。

どういう経緯かと言うと、JR職員との会話をTwitter上にアップしたところ、それが相手を煽っているような内容だということで炎上したのでした。

(※本人の名誉のために書きますと、そのような意図はなかったようです)

 

 

当然言いたいことを言うのはいいと思うのですが、間違って伝わってしまうこともあるんでしょうね。

たとえば今回の件だと、エロゲとは関係ないまとめ系のサイトで「【悲報】ゲーム会社社長さん、JR職員を煽って炎上する」みたいなタイトルでネタ記事にされまして、

コメント欄には、「エロゲ作っているやつはオカシイ」とか「あの業界変なやつしかいない」とか「エロゲはクソ」だとか好き放題言われていました。見ていてムカつく罵詈雑言の数々。

たった1人の発言が、業界のイメージにつながることもありえる……ということです。怖い……。

 

 

まぁ件の社長さんは、言いたいことを言っている姿勢は、私はけっこう好きなんですけどね。笑

それでは~。

 

 

 

Pocket

10 thoughts to “2018年6月のエロゲ・購入報告”

  1. 記事投稿お疲れ様です。いつもお世話になってます。
    自分は今月サマポケしか買ってないですが、途中までプレイしてなかなか楽しめています。keyの作品は初心者向けとか色々批判されがちですが、やっぱり面白いんですよねー。
    「見上げて」は本編のみプレイしましたが、おすすめですね。高校時代天文部員だったこともあり、あーこんな青春が送れたらなーってヒシヒシ感じました(高校は男子校でしたorz)
    あと、先日の「ニートにおすすめのエロゲ」記事、楽しく読ませていただきました。自分もサッカーが好きで、ワールドカップも連日早朝まで見ていることもあり、大学サボり癖が再発。最近はニート同然になっておりましたので(恥ずかしい)
    ゲーム好きの友人には「いつもオタク話ばっかりしてるくせに、いきなり流行りに乗ったようにサッカーの話すんな」と冷たい目で見られていますが、普段サッカーの話しないだけで日本代表が出てる時ぐらいは騒がせてよー、と思ったりしていますが。
    何はともあれ、ベルギー戦は全力応援。日本頑張れ!

    1. >MIKIAさん

      ありがとうございます!
       
      >>自分は今月サマポケしか買ってないですが、途中までプレイしてなかなか楽しめています。
      サマポケ評判が良さそうですね。MIKIAさんも楽しんでいるようですし、買って良かったです。
      サマポケを違法ダウンロードした人は、卓球のミニゲームで無限ループする仕様になっているようですね。笑
       
      >>「見上げて」は本編のみプレイしましたが、おすすめですね。高校時代天文部員だったこともあり、あーこんな青春が送れたらなーってヒシヒシ感じました
      天文部員とは珍しい。物語への没入感が半端なさそうですね。
      プレイするのを楽しみにしておきます。
       
      >>あと、先日の「ニートにおすすめのエロゲ」記事、楽しく読ませていただきました。
      ありがとうございます。
      ちょっぴりディスりすぎではなかったかと、内心ヒヤヒヤしながら投稿しました。笑
       
      >>普段サッカーの話しないだけで日本代表が出てる時ぐらいは騒がせてよー、と思ったりしていますが。
      何はともあれ、ベルギー戦は全力応援。日本頑張れ!

      MIKIAさんもサッカーが好きなんですね。
      そうそう。記事内にモドリッチのことを書きましたが、知人とレアルの話になったとき、「レアルだとモドリッチが好き」だと言ったら、マニアックな奴扱いされたんですよね。笑
      今やその人は、手のひらクルーしていますが。
      なにはともあれベルギー戦を全力応援しましょう!
      日本頑張れ!

  2. 私見ですが『業界全体で盛り上がる』という言葉の意味を考えると
    盛り上がるにしてもいくつか考えないといけない点があると思っています。。
    『業界全体で盛り上がる』ということを行おうとすると多くの場合において
    「みんなで盛り上げていきましょう」という美辞麗句を旗印に
    一定数のブランドがグループを組むことになります。
    これが本当に公平で公正なグループであるならば問題ないですが、世の中そんな甘くないです。
    往々にして悪い意味での田舎の寄り合いみたいになって
    そのグループに所属しない人間を排斥し、踏みつけにすることで
    「盛り上がり」から発生する利益を享受する構造が構築されたりすることが多いです。

    私は優れた作品を待ち望んでるし、作品にも業界にもある程度の愛着はあります。
    上記のような構造が生まれることは業界への失望と愛の喪失、優れた作品が誕生すること
    への阻害となると考えています。

    個々で面白いものを作ればいいと思っています。
    創作者はある程度は孤独で孤高でないとダメです。
    迎合と全体主義と談合に支配されたら、傑出した個性や才能が埋もれてしまいますし
    なにより、業界への失望が募ります。

    1. 貴重なご意見ありがとうございます。
       
      なるほど、確かにその通りだと思います。
      とくに『迎合と全体主義と談合に支配されたら、傑出した個性や才能が埋もれてしまいます』のところはなんかは共感しました。
      実は私も以前「【1000文字探偵】の感想」という記事のコメント欄にてクリエイターもっと自由でいるべきだ……ということを書きました。
       
      少し今回の件での説明を補足させていただきますと、記事内でスポーツのことを例えに出しましたが、たとえば超マイナースポーツで努力に努力を重ねて頂点をとったとして、それが稼ぎにつながらないことも起こりうる……つまりはそのスポーツ自体の注目度がないと苦労に見合った報酬がえることができない可能性がある。それがエロゲで似た状態になるのではないかということを危惧して書きました。
       
      要は、『業界人がグループを組む、談合するべきだ』ということが言いたいのではなく、その業界(エロゲー業界自体)が注目されて盛り上がっていければ(需要が増えれば)いいな……という主旨で書いたのです。
      完全に私の書き方が悪かったと思います。「業界全体で盛り上がる」ではなく「業界全体盛り上がる」に訂正させていただきます。
       

      自分の言いたいことに近いことを言っている人がいないか著名人の動画を色々検索してみたのですが、武井壮さんの言っている「人が求める数」という部分なんかは私の考えに近かったです。
       
      ただこういう主張をすると、あなたのおっしゃる通り『「一定数のブランドがグループを組む」のが業界の盛り上がりだ』という解釈をされるかもしれない……ということは理解しました。

      1. 誠に申し訳ありませんでした。やさぐれて荒んでました。
        まったくもって違うのです。
        違うというのは、管理人様に
        >業界人がグループを組む、談合するべきだ
        という意図があると思っているというわけではないのです。
        私は管理人様が純粋な善意と好意を持って「業界が盛り上がれば嬉しいよね」
        と記事を作成したのだと信じています。
        ただ、私自身に昨今の業界や各種界隈へいろいろと思うところがありまして
        つい言葉に反応してしまったのです。

        えーっと、簡単に言えば
        そんな風に思ってないっす。だから面倒だとか不快な気持ちにならないでね☆(ゝω・)vキャピ
        こんなカンジです。

        1. >先に書き込んでくださった方
           
          いえいえ。理解いただけていたのならば幸いです。
           
          つまりは、「思うところがあって、思わず愚痴を書いた」という感じですかね?
          エロゲ業界のことを憂いてのことでしょう。お気持ちお察しします。
           
           
           
          いい機会なので、もう少しだけ自分の考えを書いてもいいですか?
          以下聞き流していただいて大丈夫です。
           
          業界内での協力は無意味なのか?
          前提として、私は「メーカーは、自分の顧客に目を向けて、より良いものを作ることを第一に考えるべきだ」という主張があることを明記しておきます。
          その上で、業界全体のことを考えることは無駄なのか?……という疑問が湧いてきました。
           
          サッカーの話なのですが、楽天の社長がお金を出して、自身の出資するヴィッセル神戸にイニエスタというスター選手を呼びました。
          これによりJリーグ全体への注目度が高まりました。また、「楽天の広告」という観点で言っても、ご自身のプラスになっているのかもしれません。
          意図がどういうところにあるかは別として、業界全体の盛り上がりが個人の利益につながる(かもしれない)という例です。
           
          エロゲー業界で言えば、戯画さんが先導して公式エロゲ実況なるものをやっています。
          効果の程はわかりませんが、ある程度はエロゲをプレイしてこなかった層への宣伝効果があるでしょうし、自分たちの利益へとつなげることができているからこそ続けているのでしょう。
          これも業界全体の盛り上がりと、自分たちの利益がリンクした例です。
           
          Bambooさんは、オバイブ最終作で、CFを実施するのですが、「今までお世話になったエロゲ業界のために還元したい」……「美少女ゲームというニッチな市場の作品の開発費をクラウドファンディングという比較的新しい手法で捻出し、今よりもっと挑戦的な作品が世に出やすくなるきっかけや方法論の発展における人身御供になる」ということを話されていました。これも業界全体のことを考えてのことだと思います。
          (今回の件とは別ですが)またそれを自分たちの利益へとつなげることも可能なのでしょう。
           
          業界全体と言わずとも、ゆずソフトとサガプラネッツのコラボキャンペーンや、クロックアップとlightのクロスオーバーシナリオ等の協力も見られます。
          そのほか、エロゲメーカー同士で情報共有をすることによって、ウィンウィンな関係を得ることができるでしょうし、
          たとえば、アニメ化のノウハウを持つ会社と、Steamによる海外販売に成功している会社がそれぞれノウハウを提供する……もしくは協力をする……などによりウィンウィンな関係を築けるのかもしれません。
           
          そう考えると、自分たちの作品を如何に良いものにするかというのは当然大事なのですが、もう少し視野を広く、業界全体……という目線でものをみることにより開ける道もあるのではないかと思うのです。
          職人気質な人が多いであろうこの業界。良いものを作るのは当然のことだとして、もう少し「ビジネス」という観点でみるのもいいかもしれません。

      2. 横からすみません

        この「業界全体が盛り上がる必要はあるのか?」の主題が私は把握してないので的外れの事を言ってたら御免なさい。(良いエロゲー売れるためには「業界全体が盛り上がる必要はあるのか?」という前提で書きました)

        古城さんの言いたいことは何となくわかりますね。武井壮さんの話を聞いてどんなにその道や能力を磨き伸ばしても、すごい能力がある人が集まってもそこに入ってくる人数、求めている人数、見ている人数が少なければ少ないほどエロゲーには「価値」が無くなって行くと思いますね。

        どんなに面白いエロゲーを作ってそれを遊んだ人が「面白い!面白い!」と騒いでも、そこを見ている人数、入ってくる人数、求めてる人数が少なければ「価値」は下がるんですね。

        だから面白いエロゲーを生み出すには(理想は)業界、ユーザー、企業が連携して盛り上げる必要があるんじゃないかな?と思いました。

        (問題はエロゲーをどうやって業界等で盛り上げるか(人を集めるか、注目させるか)ですけどね(;^ω^)エロゲーってその名前の通り「エロ」って入ってるので「一般の人」からはイメージが悪い感じ(非難される対象)なのではないかな?その分告知できる場所が限られるんじゃないか?場所が限られるってことは母数が(人が入ってくる人数、目に触れる人数が)少ないんじゃないか?と思いました。)

        もちろんエロゲーだからと言って性行為描写が必ずあるわけじゃないでしょうけど(今まで発売された全部のエロゲーやったわけでも性行為がないエロゲーをやったことはありませんが)エロゲーをやったことがない人からしたらそんな事関係ないですからね・・・

        1. >後に書き込んでくださった方
          (お二人とも匿名なので、こういう風に区別させていただきます)
           
          コメントありがとうございます。せっかく素晴らしい意見をくださったのに、匿名の書き込みであることが残念です。もっと交流したかった(;_;)
           
          >>どんなに面白いエロゲーを作ってそれを遊んだ人が「面白い!面白い!」と騒いでも、そこを見ている人数、入ってくる人数、求めてる人数が少なければ「価値」は下がるんですね。
          そうですそうです。私の主張の意図を汲んでくださって、ありがとうございます!
          たとえば飲食関係だと、世界一うまい飯屋が一番利益をあげているかというとそうではなく、世界一売上をだしている企業はマクドナルドです。
          要はうまいものを作ればいい……というのは、数ある要素のなかの1つです。
          どう広告・販売するか。どういう戦略をうっていくか。さまざまなことが必要なのです。
           
          エロゲも良いものを作ったとして、それが徐々に広まっていったとしても、結局初動で売れなかったために次回作を作る前に倒産……ということもありえるのだと思います。
          結局は、エロゲ業界全体の盛り上がり(需要)があれば、そのリスクは減らせるでしょうし、仮に自分たちの会社で上手くいかなかったとしても、再就職先に困る確率が減るかもしれませんね。
           
          ではどうやって盛り上げていけばいいのか。
          ……
          …………
          ……………………
          わかりません!
           
          エロゲはニッチなものだし受け入れられづらいんでしょうか。
          しかし、二次元の絵は、アニメや漫画を見る人が増えていることから、受け入れられやすい土壌ができていると思いますし、
          エロに関しても、AVを見たことがない男性なんて、ほとんどいないでしょうから、受け入れられないわけではないのかもしれません。
          つまりは、「手軽さ、手に入りやすさ、値段、販売方法、内容の面白さ、宣伝力、盛り上げるためのイベント、口コミetc……」そこらへんに鍵がありそうな気がします。

  3. 盛り上がることによる利点としては有能な人材が入ってきやすくなり、さらに盛り上がっていくという正のスパイラルに入りやすいというものがあると思います。サッカーでいうなら今回のW杯で何千何万もの少年少女がサッカー選手を志したかもしれませんね。
    まぁ最初の盛り上がりを作るのが難しくて色々な業種の多くの人々が頭を悩ませているわけですが。

    個人的にはVRに期待しています。VRの特性上エロスと合わされば、股間、もとい直感に訴えかけられるので効果あるんじゃないかなと思います。
    あとはやっぱり海外進出ですかねー潜在的な顧客がたくさんいると思いますが、繊細な日本語の表現をどう訳するのか、文化の違いによる理解しづらさなど多くの問題がありそうです。でもアニメも受け入れられてるし案外行ける気がしないでもない。

    1. >おとむさん
       
      >>盛り上がることによる利点としては有能な人材が入ってきやすくなり、さらに盛り上がっていくという正のスパイラルに入りやすいというものがあると思います。
      確かにそうですね。そういう良いスパイラルができると良いですね。

      おとむさんの書き込みをみて「逆もまたしかり」と思いました。要は、それなりの報酬をだして質の高いクリエイターを呼び、それを業界活性のための呼び水にする……と。
       
      >>個人的にはVRに期待しています。VRの特性上エロスと合わされば、股間、もとい直感に訴えかけられるので効果あるんじゃないかなと思います。
      VRには私も期待しています。(未体験)
      3Dエロゲーを中心にいくつかVR対応のエロゲーがでてきていますし、今後の発展が楽しみです。
       
      >>あとはやっぱり海外進出ですかねー潜在的な顧客がたくさんいると思いますが、繊細な日本語の表現をどう訳するのか、文化の違いによる理解しづらさなど多くの問題がありそうです。
      すでに海外販売に成功しているメーカーもありますし、Steamの制限解除や、ノウハウの普及により、ますます海外進出は進みそうですよね。現に最近は、売れているメーカーの多くが海外販売をしはじめていますしね。
      ただ海外の様々な団体による「圧力」や「規制」が怖いのと、海外ウケを狙いすぎて我々日本人が蔑ろにされたら怖いということもありますけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo