感想の見方

 

 

 

感想の見方を紹介します。

まずはこの画像を見て下さい。

2016-05-27_003704

 

作品名と作品画像と基本データ。主要スタッフなどを紹介しています。

「メーカー」の部分は、「同人ゲーム」の場合は「サークル」という表記になっています。

価格の部分は基本的に税抜き表示です。税込みで表示している場合は太字で表記します。

(増税などで変更するのが面倒くさい変更し忘れがあっては困るので基本は税抜きで表示します)

 

 

左下に【ゲーム属性グラフ】と書いてあるグラフがあると思いますが、これは紹介しているエロゲーが

【シナリオゲー】か【キャラゲー】か【抜きゲー】か【ゲーム性のあるエロゲー】なのかを示しています。

この例の場合ですと、あえて分類するならキャラゲーということになります。

※私の主観が入ってますので人によって感じ方が違うかもしれません。

 

 

グラフの数値が大きいから面白いゲーム、小さいからツマラナイゲームではないですのでご注意を。

 

 

続いてこちらの画像を御覧ください。

honeyview_2016-12-05_122920

 

・おすすめ度

おすすめ度とは、文字通りおすすめの度合いを★1つ~★5つで表したものですが、万人受けし易いものが高くなりやすいです。

要するに星の数が少ないからツマラナイ、多いから面白いということではないです。

しかし名作と言われているものは多くの人に評価されているということですので、おすすめ度が高くなりやすいです。

ちなみに画像のやつは★4つという評価です。

 

 

・知名度

知名度は、売れ行き、評価や感想数、よく話題にのぼるか、アニメ化したかなどを私の判断で

S~Dの5段階で評価しています。

有名作品をやりたい人は高いものを、マイナー作品や隠れた名作をやりたい人は低めのものを選んでみるといいでしょう。

※古い作品であまりリメイクされていない場合は多少評価を下げています。

 

 

・ストーリー

主にストーリーの面白さを評価しています。マクロ的な視点です。

ストーリー以外には、構成(話をどのように組み立てているか)も評価基準です。

 

 

 

・テキスト

描写の上手さ、テキストが読みやすいかどうか、適切な日本語となっているか、単純にキャラの掛け合いが面白く書けているかなどが評価項目です。ミクロ的な視点です

 

 

・キャラクター

キャラクターの可愛さ、格好良さ等の評価です。キャラクターの造形(立ち絵やCGも含めます)、性格、声、ストーリー上どういう働きをしているか、単純に好きなキャラクターはいるか、などを点数化しています。

 

 

・演出

文字通り演出の評価です。

例を挙げると、立ち絵がころころ変わったりする静的な演出や、動きがあったり口パクがあったりなどの動的な演出、または二次絵ならではの漫画的演出などが良いかどうかを評価しています。

もちろんSEやBGMの使い方、その他の演出についても評価しています。

 

 

・システム

システム全般の評価です。快適にプレイできるかを評価しています。他のゲームにない+αのシステムがあると高評価になりやすいです。

エロゲのシステムについて2

この記事を見ていただけると私のシステムの評価基準が分かって頂けるかと思います。

 

 

・ゲーム性

ゲーム性の評価です。一般的な選択肢が何個かあるだけのADVが「5」の評価になるイメージです。ただ単にゲーム性があるかどうかだけではなく、ゲームである意味があるのか。ライトノベルとかでもいいじゃんって思ったりしたら点数が下がっているかもしれません。

 

 

・CG

エロゲーの顔であるCGの良し悪しです。原画や塗り、構図など総合的に良いかどうかの判断です。

 

 

・Hシーン

単純に抜けるかどうかを基準にしています。エッチシーンのCGや声優の演技、シチュエーション、プレイ内容等を勘案してます。

 

 

・BGM

BGMの良し悪しです。クオリティの高さ、使われ方の良さ、作品にあっているか、気に入った曲はあるかなどの評価です。

 

 

・主題歌

OP、ED、挿入歌などの評価です。クオリティの高さ、好きかどうか、歌詞の良さ、映像があるものならば、映像の良し悪しも判断材料です。

主題歌の無いゲームは上の画像のような「―」という表記になります。

 

 

上記シナリオ~主題歌までの10項目は1~10の10段階評価で、完全に主観で評価しています。

人によって感じ方が違うことはご考慮ください。

各項目をクリックすれば、詳細を書いている部分にジャンプします。

 

 

・ポイント

その他、記載しておいたほうがいいと思った項目を書いています。初回認証あり、ディスクレス不可能……などの重要情報も書いていますので要チェックです。

 

 

・満足度

その作品の総合評価を100点満点で採点しています。

基本的にエロゲーとエロゲー製作者に敬意を表して基礎点は高めです。

好きかどうか > クオリティ > 快適さ > コストパフォーマンス の順に重視しています。

※満足度が高い順が、私が好きなゲーム順ではないです。

(例えばバルドフォースは今やるとシステム面などがとっても不便で、満足度を多少下げていますが、私の好きなゲーム順に並べ替えたらもう少し上になります。)

※また、「満足度」という名称にしていることから分かる通り、購入した時の値段を含めたコストパフォーマンスも多少は反映されています。

 

 

 

作品の紹介

あらすじや、その作品の大雑把な内容、魅力を書いています。

パッケージ版を持っている場合は、付属特典やファングッズなどと共に紹介しているかもしれません。

自慢ではないので悪しからず。笑

 

また複数、同タイトルの作品が出ている場合は違いを説明しています。

 

 

どんな人向け?

どんな人がその作品に合っていると思うかを箇条書きしています。

アニメは見てるけどエロゲーやったことないって人は多いでしょうから、

アニメならばどんな作品に近いか、どんな作品が好きな人に合うかなども思いついた場合は書いてます。

 

 

ストーリーについて

ストーリーや構成についてです。

プレイ時間が長かったり短かったりする場合はここで言及します。

※基本的にはボイスを全て聞くプレイスタイルですので、他の人よりも少し長めのプレイ時間かもしれません。

 

一本道ではない作品はキャラクターについてで個々のストーリーについて書くかもしれません。

ストーリーについて話すことがない場合に話題がそれている場合がございます。笑

 

ネタバレ無しで分かりやすい攻略サイトを探してリンクしてますので、いちいち検索する必要は無くなるかと思われます。

アップデートパッチ体験版の有無はここに記載します。

※なぜこの項目に載せるかというと、攻略難度やパッチの有無はストーリーの印象を左右する場合があるからです。

 

 

テキストについて

テキストの描写力や、読みやすいかどうかを説明しています。

 

 

キャラクターについて

ヒロインやその他の主要キャラクターの紹介です。

キャラゲーやキャラクターが魅力的な作品はこの項目が長くなっているかと思います。

 

また、一部セリフの抜粋やCGを含めた紹介をしています。

 

 

演出について

演出についての紹介です。

 

 

システムについて

どんなシステムがあるかの紹介です。

斬新なシステムを取り入れているところなどは詳しく語っていきたいです。

 

 

ゲーム性はあるか

ゲーム性があるかどうかを語ります。

ゲーム性を売りにした遊べるゲームは、ここの箇所に詳しく書きます。

 

 

CG

CGの良し悪しを語ります。

公式で許可されている範囲で画像を載せます。

 

 

Hシーン

現在エロゲーではオッパイ党が第一党となっております。

そんなエロゲ業界ですが、お尻好きの人はオッパイばっかりがクローズアップされた作品をやっても、全然抜けないと思います。

ですので私は「フェチ」という項目に、オッパイ寄りかお尻寄りか書いています。

コレは凄い!!! 笑

もちろんそれ以外のフェチがある作品は、それを書いています。

 

お尻かオッパイかの判断は、

シーン数も考慮してますが、印象的なシーンがあるだけでそっち寄りの評価をするかもしれません。

つまりは主観的な部分もあることをご容赦ください。

 

特殊なエッチがある場合や共通で全員にあるエッチなどは記載していきます。

 

キャラクターごとのシーン数も書いています。

CGを紹介もするかもです。

 

抜きゲーはこの項目が長めになるかと思います。

 

 

BGM

BGMの評価の記載です。

お気に入りのBGMも紹介しています。

ゲームのサウンドモードを起動して、私のコメントを見ながらBGMを聞き、価値観の違いを感じてみるのも面白いかもしれませんよ!

 

 

主題歌

主題歌や挿入歌の紹介です。

公式がYouTubeなどにOPを載せている場合は、それを載せています。

 

 

その他の要素

オマケやミニゲームや隠し要素など、その他の要素の紹介です。

各項目で記載できなかったことを書くこともあります。

 

 

まとめ

全体の内容のまとめですが、これを書く頃には力尽きて、内容が薄いかもしれません。笑

 

 

パッケージ版

パッケージ版購入リンクです。

駿河屋のリンクは自動で検索された状態で出てくるので便利です。

 

 

ダウンロード版

ダウンロード版購入リンクです。

 

 

 

その他ゲームによって項目が増えたり減ったりします。

 

微ネタバレがある場合は反転などにしています。

またネタバレがある部分は事前に記載しています。

それ以外の部分は基本的にはネタバレしないように紹介しますが、場合によってはネタバレになる可能性がある事をご了承ください。