エロゲーの感想

【アマツツミ】の感想

投稿日:

4290文字

 

 

アマツツミ
公式ジャンル 言葉が紡ぐ、絆のADV
メーカー Purple software
発売日 2016年07月29日
通常価格 9,800円(税抜)
ダウンロード価格 6,800円(税抜)
感動/死生観/総合力が高い/フルプライス/廉価版あり

そして、僕らは生きて辿り着く。

あらすじ/主要スタッフ(クリックで展開)

【あらすじ】

言葉によって人を操ることができる『言霊』一族の末裔である主人公・誠。

一族は山間の里に隠れ住んできたのだが、好奇心旺盛な彼は外の世界に憧れ里を飛び出すことになる。

ところが、里以外での知識がなく世事に疎い誠は、数日後には腹をすかせて行き倒れてしまう。

そんなところを近くの町に住む少女に助けられ――

【主要スタッフ】

ディレクター
シナリオ 御影
原画 克/月杜尋
SD原画 鳥取砂丘
音楽 アブカワオサム
ゲーム属性

評価

ストーリー
テキスト
キャラクター10
演出
システム
ゲーム性:5
CG10
Hシーン
BGM:7
主題歌


おすすめ度:★★★★★


満足度 86 点


 

 

 

作品の紹介

 

 

ビジュアルや演出力が優れていて、システム面は快適。

シナリオがしっかりと作られているのは然ることながら、キャラ萌えやエッチシーンにも力を入れているという総合力の高い作品。

 

 

いやはや恐れ入った。

これは筋肉にたとえると、腹筋、胸筋、上腕筋がすべて鍛えられているパーフェクトボディ。

ケインコスギも真っ青になるくらいのパーフェクトボディです。

 

 

フッキン、Ah~キョウキン、Ah~ジョウワンキン……スベテ、キタエレバー

……キミモ、Perfect Body!!

 

 

所持購入動機プレイ前期待値

私が所持しているのはパッケージ版です。

ミラノスやハピメアをプレイしたことによりパープル作品に注目していました。あとはキャッチコピーや公開されていたムービーをみて面白そうだと思っていました。それで予約したんだと記憶しています。

プレイ前期待値:80

プレイ後満足度:86

 

 

 

どんな人向け?

 

 

  • 総合力の高い作品を求めている人
  • 心温まる作品を求めている人
  • ビジュアルに心惹かれた人
  • OPを見てプレイ意欲が高まった人
  • 体験版をプレイしてヒロインやHシーンを気に入った人

各ルートでジーンとくるような、人によっては泣けるようなイイハナシダナー的な展開を目当てにプレイするのもありですが、ビジュアルや音楽や演出やエッチシーンにも力が入っている作品なので、総合力の高い作品を求めている人にとにかくおすすめしたいです。

 

 

私が高い評価をしている理由の一つに、「モテモテ・ハーレム感」があることが挙げられます。

複数プレイなどはないのですが、どのルートでも各ヒロインが好意を向けてくれるというモテモテ・ハーレム感が素晴らしかったので、私と同じようなものを求めている人にもおすすめできます。

 

 

 

ストーリーについて

 

 

言葉によって人を操ることができる『言霊』という能力をもつ主人公が、ヒロインたちとの交流を経て「」を深め、「成長」していく物語です。

主人公をはじめとする言霊をあやつれる一族は、特殊な能力をもっているがために人里離れた山奥の村で暮らしています。人としての常識や価値観が備わっていないのです。

その存在はというよりも

 

 

人としてのをもたない主人公が、ヒロインたちとの交流によりどのように変わってどのように成長しいていくのか、それがこの物語のキーとなる部分です。

 

 

 

ネタバレ感想

クリックで展開

 

 

ほたるエンドについて書いていきます。

 

 

ほたるエンド1

もちろん他人からの意見や助言には耳を傾けるし、可能な限り、誰もが幸せになれる未来を選び取る。

でも、一番肝心なことは“自分できめること”なのだ。

自分で決められない人間は、“死ぬことがない”だけで、そもそも“生きていない”のだ。

 

 

誰かが必死に生きようとする、その意志や願いをうばうという天津罪(神の罪)を犯したほたるへ「死」をつきつけて、彼女に「諦めさせる」ことにより、彼女は神から人へなりその人生を終えます。

彼女へ死をもたらした誠もまた天津罪を犯したことになり人生を終えるのです。たとえ向かった先が「死」だとしても、自分で決めて進んだことにより、誠は「人として生きた」ことになりました。

 

 

どのような決断をくだそうとも「自分のこと許してあげて」と言っていたほたるとの約束により、誠は救われていたのでしょうね。

 

 

ほたるエンド2

オリジナルのほたるもコピーのほたるもどちらも大切な「水無月ほたる」。

言霊の力そのものを代償に、オリジナルほたるとコピーほたるを入れ替えることにより、どちらのほたるも内包した新たなほたるが産まれます。

そしてエピローグ。

ほたるとの会話から、今までの消えたコピーほたるの記憶をもっていることが判明するのですが、蛍が集まるあの花畑には今までのコピーほたる達が紡いできた軌跡がのこっていて、その全部が新たなほたるに還っていったのかもしれませんね。

最後に誠は「何色か」問われるのですが、明確な答えをもって返答するのでした。

 

 

 

 

 

攻略情報

 

 

プレイ時間

私のクリアするまでのプレイ時間は、ボイスをほとんど聞いて28時間ほどでした。最初のエッチシーンまでは20~30分です。

 

 

攻略

脱落式ですので、そのヒロインのルートに入るかどうかの2択の選択肢です。

自力攻略は容易でしょう。

攻略(クリックで展開)

 

こころを愛しているこころエンド
まだ迷っている→続く

 

響子とずっと一緒にいたい響子ルート
響子は大切な友達だ→続く

 

愛と許嫁の関係を続ける愛ルート
愛との関係を解消する→続く

 

殺してやるほたるエンド1
…………ほたるエンド2

※『…………』は『ほたるエンド1』をクリアしたあとに追加される選択肢です。

 

 

 

攻略順

お好きな順番で大丈夫ですが、とくにコダワリのない人は選択肢のでてくる順『 こころ → 響子 → 愛 → ほたる 』の通りに攻略することをおすすめします。

 

 

体験版

体験版はこちら/DMM GAMES

 

 

 

テキストについて

 

 

発言しているキャラクターのそばにテキストが表示される形式です。(変更可)

 

 

非常に平易で読みやすいテキストだったと思います。

短文でのテンポのいい掛け合いが心地よかったです。

 

 

 

キャラクターについて

 

 

おりべ こころ
織部 こころ CV:秋野花

身長:155cm 3サイズ:B86/W57/H83

明るく素直で真っ直ぐな性格の女の子。主人公・誠の “” となる存在です。

どのルートでも誠にたいする好意や嫉妬の感情をあらわにしているのが可愛らしく、終始この子には癒やされました。

 

 

こころ「おかえりなさーい、兄さん」

校舎の外に出ると、こころが待っていた。

誠「おかえりなさい? 家でもないのに?」

こころ「わたしが、兄さんの帰ってくる場所なんだよ♪」

 

 

誠「いや、だって、響子が魅力的だからこそ――」

こころ「兄さんは節操なさすぎ!」

響子「さすがに面と向かってそういうことを言われると、私もドキドキしてしまいますよ」

こころ「ね、わたし以外をこうやってドキドキさせちゃダメだから」

 

 

こころ「困って困って。わたしのことでたくさん困って♪」

 

 

あさひな きょうこ
朝比奈 響子 CV:夕季鈴

身長:153cm 3サイズ:B90/W59/H87

神社の巫女で霊感をもっている少女。

自分に自信がなく、人と距離をとっています。とっても生真面目な性格。

 

 

こいづか まな
恋塚 愛 CV:山田ゆな

身長:159cm 3サイズ:B92/W58/H85

誠と同じ言霊一族の娘。誠とは幼なじみ許嫁の関係。

クールで落ち着きがあるのですが、誠にたいする好意は全開です。

 

 

みなづき ほたる
水無月 ほたる CV:小倉結衣

身長:146cm 3サイズ:B74/W54/H76

コロコロと表情が変わる、とにかく明るい女の子。こころの親友です。

ノリがよくて愛らしい存在。

 

 

おりべ まこと
織部 誠

吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神

本作の主人公。

人里離れた村で育ったからか、おおよそ人がもつ常識や価値観をもちあわせていません。

ストレートに女の子を口説きますし、性におおらかです。

 

 

お気に入りのヒロイン

こころとほたるが好きです。甲乙つけられないほどに。

 

 

 

演出について

 

 

揺れる水面の演出、立ち絵の上手な近い方、テキストの表示方法、各章の導入部分、エンディングへの入り方、いろいろな面で演出力の高さが光っていたと思います。

 

 

 

システムについて

 

 

バックログ画面からのシーンジャンプ機能あり。

欲しい機能はそなわっていたので、快適にプレイすることができました。

個人的にはマウスカーソルにそれぞれのヒロインのものが用意されていたのが好きでしたね。

 

 

 

ゲーム性はあるか

 

 

選択肢がいくつかあるノベル系アドベンチャーゲームです。

 

 

 

サンプルCG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hシーン

 

 

胸尻比率
着衣脱衣比率
中出し外出し
卑語あり。ピー音なし。アナルモザイクなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エッチシーン評価

Hシーンの尺は、他のキャラゲーシナリオゲーよりも長め。卑語がありビジュアル的なエロさもありと、かなり実用性が高かったです。

おっぱいの見える構図のほうが多いですが、お尻の描写もエッチなので尻フェチの人も満足できるはず。

構図のコダワリがつよく、他作品ではなかなか見られないようなアングルがあったのが素晴らしかったです。


©パープルソフトウェア

エッチすぎひん!?

 

 

キャラへの愛着があった方がヌケるという人は、下手な抜きゲーを選ぶよりかはアマツツミをプレイした方がいいのかもしれません。

共通ルートでちょくちょくエッチシーンが挟まれているので、エッチシーン目的でも飽きずにプレイできるでしょう。

 

 

シーン数

クリックで展開

シーン数は全部で22シーン

こころ_6

響子_5

愛_6

ほたる_5

1シーンで基本CGは2~3枚使われています。

 

 

 

BGM

 

 

39曲(ボーカル曲3、instrumental3)です。

BGMは豊富に用意されています。

OP曲のアレンジBGMが何種類か用意されているのですが、そのどれもが素晴らしかったです。

 

 

 

主題歌

 

 

主題歌

こころに響く恋ほたる / 橋本みゆき

 

 

挿入歌

コトダマ紡ぐ未来 / 山崎もえ

 

 

ED曲

繋がるココロ / 浅葉リオ

 

 

 

その他

 

 

・タイトル画面の『鑑賞モード』から、「CG鑑賞」「Hシーン鑑賞」「音楽鑑賞」「キャラクター鑑賞(立ち絵鑑賞)」を選ぶことができます。

・萌えゲーアワード2016『主題歌賞』受賞。

 

 

 

まとめ

 

 

はじめてプレイしたときはビックリしましたよ。ここまで色々な方面に力を入れているとは思わなかったですからね(体験版未プレイ勢)。

再プレイしてもキャラ萌えできたしストーリーも楽しめたので、やっぱり良い作品なんだと再認識できました。

 

 

体験版・デモムービー・ご購入はこちら

 

 

 

パッケージ版

 

FANZA通販 Getchu.com

 

ダウンロード版

 

DMM GAMES

 

 

 

ページの先頭に戻る

-エロゲーの感想
-, , , , , ,

Copyright© 今更だけどエロゲしようぜ! , 2019 All Rights Reserved.