【海と雪のシアンブルー】のパッケージイラスト

エロゲーの感想

【海と雪のシアンブルー】の感想

2021年6月7日

5,710文字

この物語では、誰も死なない、大きな事件が起きたりしない。
ただ、祝福されるべき出会いと別れがあるだけ。

海と雪のシアンブルーCUBE
【海と雪のシアンブルー】のパッケージイラストゲーム属性:キャラゲー
ジャンル ―― 恋愛アドベンチャー
発売日  ―― 2021年04月30日
パッケージ版価格  ―― 9,800円(税抜)
ダウンロード版価格 ―― 9,680円(税込)
スタッフ
シナリオ双葉亮一/涼原なつき/伏見美咲
原画兼清みわ/つるこんにゃく/倉澤もこ
音楽Peak A Soul+
主題歌 ―― Ordinary day(Vo.Duca)
あらすじ

秋の終わりに妹ができた。
海を見たことがない妹だ。
何を話せばいいのか分からないから、妹を連れて海へ行った。

こうして、僕らの日常が始まった。

***

雪が降る田舎町に住んでいる主人公・青野 志音(あおの しおん)は、
通い慣れた学園をもうすぐ去ることになる。

――『卒業』

卒業後は進学のために上京する。

あと少しだけ一緒に住む妹・青野 七(あおの なな)。
あと少しだけ一緒の同級生・清木 琴羽(すみき ことは)と
萩野 夢(はぎの ゆめ)。
あと少しだけ一緒の後輩・菜畑 いなば(なばたけ いなば)。
あと少しだけ一緒の担任教師・松木 衣良(まつき いら)。

浅いつながりにも深いつながりにも、等しく別れが訪れる。

卒業や上京に向けた準備を通し、志音は自分を取り巻く環境へ別れを告げていく。
その中で再確認する絆、初めて知る想い、やっと気付いたサイン。

故郷を離れる寂しさと、新天地への期待が入り混じった日常を過ごし、
やがてその日を迎える。

これは、志音と彼女たちによる『卒業』の物語――

公式サイトより引用

評価

評価おすすめ度
【海と雪のシアンブルー】の評価★★★☆☆
満足度
満足度79点

作品の紹介

今回は【海と雪のシアンブルー】を紹介します。

シナリオに期待して買った人は、平坦な作品に感じたかもしれません。

しかし、

この物語では、誰も死なない、大きな事件が起きたりしない。ただ、祝福されるべき出会いと別れがあるだけ。

公式サイトより引用:http://www.cuffs.co.jp/products/cyanblue/

公式サイトにデカデカと書かれているコンセプトに惹かれて買った人にとっては、良作足りえるでしょう。

キャラゲーには、無駄な会話やネタ、ありふれた日常の描写などなど、「無駄を楽しむ」側面があると思います。そういうのを求めている人にこそおすすめ。

逆に、起伏の激しいシナリオを求めている人には合わない作品です。

所持証明

私が所持しているのはパッケージ版です。

どんな人向け?

  • 体験版をプレイして空気感や雰囲気を気に入った人
  • 体験版をプレイして気になるヒロインを見つけた人
  • シリアスや重苦しい展開が苦手な人
  • 穏やかな時間を過ごしたい人
  • 卒業間近の独特な雰囲気が好きな人

攻略情報など

プレイ時間

私のプレイ時間は、ボイスをだいたい聞いて20時間ぐらいかかりました。最初のエッチシーンまでは6時間半ほどです。

 

攻略

好感度のあがる選択肢にはキャラのアイコンが表示されます。好感度が2以上のキャラのルートに入ります。次の選択肢までジャンプする機能がありますので、自力攻略はかんたんです。

 

システム

バックログ画面からのシーンジャンプ機能あり。

※オンライン認証あり(ソフト電池)

感想

どんなお話?

推薦入試をうけて早いうちに進学先がきまり、上京をひかえた主人公が、卒業までの残りの短い期間に「思い出」をつくるお話。

学園の3年生で、しかも10月からスタートするのは珍しいかもしれませんね。

 

とくに大きな事件が起こるわけではありません。

七「…………よろしくお願いします」

たとえば主人公は、母親の再婚により妹ができるのですが、徐々に「他人から家族になっていく」お話が紡がれます。

こういう「小さな一歩」を描いたストーリー展開なのです。

 

合う人・合わない人

私はこの手の作品は「ゆったりと毎日少しずつプレイ」するので気にならなかったのですが、個別ルートの大まかな流れやエッチシーンのタイミングが同じです。

なので、数日で一気にクリアしちゃうタイプの人には合わない(飽きちゃう)作品なんだろうと思います。

あとは、とくに大きな事件が起こるわけではなく平坦なので、話の筋を追うタイプの人や、いわゆるシナリオゲーが好きな人にも合わないでしょう。

体験版をプレイしてみて、雰囲気やキャラクターを気に入った人にはおすすめできます。体験版のような空気感が個別ルートでも続くからです。

 

 

ヒロイン紹介

青野 七 CV:鷗和かもめ

七「うん……。お兄ちゃんとの想い出は、ひとつも忘れたくないから」

主人公の義妹。

真正面をむいている立ち絵がちょっと微妙かなぁと思ったんですが、斜めをむいている立ち絵が尋常じゃなく可愛い。

主人公と七ちゃんは、徐々に仲良くなっていき、そんじょそこらの兄妹以上に仲睦まじい様子をみせてくれるようになり微笑ましかったです。終始ほっこりとした気分でいられました。

 

清木 琴羽 CV:波奈束風景

琴羽「は、恥ずかしい……ごめんね。ちょっと落ち着くから待ってね……すぅー……はぁー……」

主人公のクラスメート。

THE・一途。

この子は、いつも人にお節介を焼きます。頼まれごとを断れないタイプなんですよ。

(以下個別ルート内容に触れます)

いつも誰かのために行動してきた彼女だからこそ、困ったときには逆に周りの人が助けてくれる展開がありグッときました。琴羽ちゃんは凄い。だって私だったら面倒事を積極的に引き受けようとは思わないですもん。

 

菜畑 いなば CV:二葉みんと

いなば「にゃうっ!? 別にそういうわけじゃないですけど……」

この立ち絵がめっちゃ好き!

ブサイクがやったらボディブローをぶちこみたくなるポーズですが、二次元美少女キャラがやったら実に映える。

いなばちゃんは、主人公の後輩で読書仲間です。

定期的に主人公におすすめの本を貸し、その時に「押し花のしおり」をプレゼントしてくれます。

栞に使った花にはきちんと意味が込められている。花言葉を調べながらプレイしたのですが、めちゃくちゃドキドキしました。自分の気持ちを栞にこめてプレゼントするとか健気すぎませんか?

 

いなば「そうですね。でも……先輩に褒められると、何倍もいい気持ちです」

私服やドレス姿がめちゃくちゃ可愛いです。

上のCGは、主人公に合わせたアイレベル(目線の高さ)だと思いますが、私レベルの妄想家になると、主人公といなばちゃんの身長差を想像して萌えることができます。

真っ白になったジョー

こジョー

/ 萌えたよ……萌え尽きた…… \

 

萩野 夢 CV:白雪碧

夢「むぉー失礼! 私だって、やろーと思えばできるんだぞー? やらないだけで」

声と喋り方が可愛すぎる!

主人公とは同学年の引きこもり系美少女です。

マイナス(引きこもり)からのスタートだからこそ、彼女のルートでは一番成長が見て取れます。ただただ温かくて優しい世界がえがかれていて、心がポカポカして心地いい気分でプレイすることができます。

夢「じー…………」

しかも付き合ってからも控えめなアプローチをしてきます。「コミュ障」という属性が、ここまで「萌え」につながるとは思いませんでした。

強い……強すぎる!

 

松木 衣良 CV:森谷こころ

衣良「あ……ふふ、仕方ないですね」

主人公のクラスの担任。

どういう育ち方をすれば、ここまで清く正しく美しい人間になれるんだろうか。

不器用なんですが、ホントに生徒思いで優しい先生です。

衣良「こ、これはっ……! 違うんです。群青さんが、ちょっとくらいクリスマスらしいことをしないと、生徒たちと話が合わなくなるって言って……」

年上の女性のこういう姿って、フェチ度が高すぎません?

こんなん男子高校生のときに見てしまったら、性癖が歪みそうです。

 

 

エッチシーンについて

卑語あり。ピー音あり(音消し修正)。アナルモザイクなし。

 

思ったよりもエッチシーンに力が入っていました。

七「ん……おにいぃちゃんの、おひんひん、おっひくて、あっはかいね……ちゅぶ、ちゅぱっ」
七「顔射、っていうんだよね。……妹に顔射して、興奮した?」

チュパ音は全体的に良かったのですが、特筆すべきなのはちゃん。

小柄で幼い顔立ちの義妹が、いい感じの音をたてながらしゃぶるのは、さすがにエッチすぎると思いました。

卑語は音消し修正されていますが、ほとんど無修正のように聞こえます。

汁描写もなかなかよくて、実用性が高かったです。

 

琴羽「いっしょに、イこうね……っ、いっぱい、ぴゅっぴゅしてね……っ、私に、せいえきかかっちゃうくらい、いっぱいイってぇ……っ」

半数以上のヒロインに、オナニーシーンが用意されていたのが印象的でした。

 

夢「あぁ……!! ……はぁ…………すきぃ……!! この体位、いちばん好きかもぉ……!」

いなばはエッチシーン数が1つ少ないです。そのぶん3連続でエッチをするシーンがあります。

とくに上の画像のシーンは、パイズリフェラのあとにお尻のみえるアングルが2シーン続いて最高。

「黒い三連星」ならぬ「エロい三連戦」により、股間のガンダムにジェットストリームアタックをかけられて敗北いたしました。

黒い三連星

引用元:http://gundam-futab.info/archives/29235

 

 

その他

CGの構図

琴羽が手を振るCG

ワイド画面の弊害か、斜めに描かれている構図は微妙だったかも。

 

七ちゃんの海辺のCG

しかし、印象にのこる美しいCGも多かったです。

 

ヒロインや主人公全員があつまるCG

ワイド画面をうまく使えている構図もありました。

 

その他の特徴

システム面には不便がなく、音楽は良質だったと思います。

主題歌もエンディング曲もクオリティが高かったです。

まとめ

ココがイマイチ

  • トゥルーエンドがあるように見えて、特に用意されていない
  • 個別ルートの大まかな流れが一緒
  • 平坦なストーリー

 

 

ココがおすすめ

  • ヒロイン全員が可愛かった
  • 共通ルートの空気感がどの個別ルートでも続いていた
  • エッチシーンにも力が入っていた
  • 印象に残るイベントCGがあった
  • 音楽が良質

 

 

私はどのルートも楽しめました。

毎日ちょっとずつの「穏やかな癒やしの時間」を過ごしたい人にはおすすめできます。

ぜひとも体験版をプレイしてみて空気感雰囲気を気に入ったならば、本編のほうもプレイしていただければと。

パッケージ版

ダウンロード版

\ SHARE /

-エロゲーの感想
-, , , ,