非18禁コンテンツの感想

【マルコと銀河竜】の感想

2020年2月29日

3,944文字

 

 

キラキラしたものは、ぜんぶ私たちのもの!
わがままで身勝手、それが私たちの友情だ。

マルコと銀河竜 ~MARCO & GALAXY DRAGON~TOKYOTOON
パッケージ画像ゲーム属性グラフ
ジャンル ―― カートゥーンアドベンチャーゲーム
発売日  ―― 2020年02月28日
パッケージ版価格  ―― 7,800円(税抜)
ダウンロード版価格 ―― 7,800円(税込)
スタッフ
原画大空樹
シナリオはと
声優田村睦心/井澤詩織/石見舞菜香/吉田有里/斉藤次郎/山下大毅/内山夕実/種﨑敦美/鈴代紗弓/野津山幸宏/春野杏/大地葉/引坂理絵/ファイルーズあい/田中貴子/大森日雅

あらすじ

遠い惑星で暮らすマルコは、
母親の顔を見たことがない。

トレジャーハントに一区切りつけ、
仲間の竜であるアルコとともに、母親を探して旅に出る。
向かう先は、生まれ故郷の地球だった。

 

 

 

評価

 

 

評価おすすめ度
【マルコと銀河竜】の評価★★★★★
満足度
満足度

 

 

 

作品の紹介

 

 

エロゲーや美少女ゲームやノベルゲームは、「紙芝居」やら「進化していない」やらバカにされることが多々あります。

私からしたら「人間ってもう何百年も進化していないよな。そろそろ次の段階に進化しろよ」と言っているぐらい滑稽な発言に聞こえるのですが、まぁそれは置いておきましょう。

 

 

絵や音楽やテキストによる表現を、システム面や演出により彩るノベルゲーム。

そこには、この媒体でしか味わえない感覚があり、私はそれが好きだからこそ広めたいと思っています。

そして、ノベルゲームはまだまだ色んな可能性に満ちていることを感じさせてくれたのが、今回紹介する「マルコと銀河竜 ~MARCO&GALAXY DRAGON~」です。

 

 

なんやかんや高尚な御託をならべましたが、ヒトコトでいうと「面白かった」……それに尽きます。

 

 

所持証明

私が所持しているのはパッケージ版(GALAXY EDITION)です。

 

 

 

攻略情報など

 

 

プレイ時間

プレイ時間は5時間を切るぐらいでした。私は続きが気になりサクサク読みすすめましたが、ゆったりとプレイしたほうが楽しめると思います。

 

 

攻略

選択肢は1ヵ所だけあります。とくにストーリー展開に影響はないですが、CG回収のためにどちらも見ておきましょう。

 

 

システム

バックログ画面からのシーンジャンプ機能あり。

 

 

パッチ

パッケージ版を購入された人は、修正パッチを当てましょう。

公式サイト

 

 

 

どんな人向け?

 

 

  • ライターのはとさんが好きな人
  • テンポ感の良いテキストが好きな人
  • 体験版をやって続きが気になった人
  • ビジュアルやカートゥーンアニメーションに惹かれた人
  • 短くも、しっかりとまとまったストーリーを求めている人
  • 絵・音楽・テキストが、うまく組み合わさった作品を求めている人
  • 友情や絆をテーマにした作品が好きな人

 

 

合わない人

マルコと銀河竜が合わない人は、恋愛要素や個別ルートを求めている人や、はとさんのテキストが苦手な人、ボリュームがない作品が嫌いな人ですかね。

感覚としては、お値段高めのコース料理に似ていますね。ビュッフェやバイキングに慣れている人は多分、ちまちまと少量の料理が運ばれてくることに物足りなさを感じると思うのです。ノベルゲームに慣れていてポンポンと読み飛ばす人のなかには、満足できない人もいそうです。

 

 

 

感想

 

 

ストーリーの流れ

至宝「トカゲ石」を手にするマルコ
©TOKYOTOON(体験版範囲から引用)

記憶喪失の孤児であるマルコは、銀河をかけめぐり、盗みだしたお宝を売ることで生活しています。

そんなマルコが、人型に変身することのできるドラゴンのアルコと一緒に、「母親」を探し求めて地球に降りたつのです。

マルコとアルコが地球へ
©TOKYOTOON

地球で母親をさがしもとめるうちに様々な人間と仲良くなったり、マルコが盗みだしたお宝をめぐって異星人がやってきたり、それぞれの思惑がぶつかりあったりと、笑いあり涙ありで、短いながらもよくまとまっているストーリーです。

 

見どころは、やはりはとさんの作品の特徴ともいえる「家族愛」や「友情」などの人間関係をあらわしたストーリーの根幹部分です。

 

 

テンポ感

この作品の特徴はなんと言っても、1000枚を超えるCG・スチルに、63曲もの楽曲です。

もともとはとさんは、ナレーションを入れたり動作を丸括弧まるかっこで表現したりと、テキストのテンポをよくすることを意識されていたと思うのですが、今作ではその感覚がさらに洗練されています。

 

どういうことかというと、多大なCGや音楽により、地の文章による状況の描写が極限まで減らされているのです。

テンポよく会話をまわすことに成功しています。

 

クリックするたびに次々と切り替わるCGや、場面にマッチした音楽を使うことによって、シームレスに場面が動いていく感覚はまさに「新感覚」と言っても過言ではなく、最後までぶっ続けでプレイできたしまった恐ろしい作品なのです。

なによりもテキストのテンポ感を重視する私にとっては、非常に満足のいくものになっていました。

ギャルゲやエロゲじゃなくて小説でいいじゃん」という輩にこそ、「小説の文章とノベルゲームの文章はこんなにも違うんだぞ」と突きつけてやりたい作品ですね。笑

 

 

カートゥーンアニメ

マルコと銀河竜は、アドベンチャーゲームカートゥーンアニメーションを組み合わせているエポックメイキングな作品です。

バトルシーンなどの動きが必要な部分に導入されていて、ダイナミックな動きからコミカルな動きまで、作風を損なうこともなく楽しく見ることができます。

アドベンチャーパートからアニメーションパートへと、思っていた以上にスムーズに違和感なく移行されていたのが素晴らしい!

 

 

ミニゲーム

ノラとと2などと同様に、ちょっとしたミニゲームが用意されています。

スーパーファミコンのソフト「星のカービィ スーパーデラックス」の「刹那の見斬り」のような早押しゲーと、

どこか懐かしさを感じる、シンプルな縦スクロールのシューティングゲームです。

もちろん意味もなく入れられているわけではなく、一応ストーリー展開に即したものとなっております。

 

 

その他

ネタバレあり(クリックで展開)

 

えるしっているか

エル
©TOKYOTOON

この魔剣カオスのようなキルラキルにでてくる制服のような悪そうなキャラ……以外といいヤツでしたねw

まぁ一番驚いたのはワニのおっさんがいいヤツだったことですが。

 

爽やかな読後感

アルコを探しにいくマルコ
©TOKYOTOON

悲しみを食べ続けてきた銀河竜アルコとの、辛く悲しいお別れのシーン。そのときマルコは記憶を食べられてしまったのですが、それでも一緒に過ごした時間やそのとき抱いた気持ちは残っていて、最後には再びアルコを探しに銀河へと向かうのです。

母親を探しもとめて地球にきて、とても素敵な宝物を手にすることができた紛うことなきハッピーエンドでしたね。

 

打ち切り!?

他の人の感想を見ていて、打ち切りエンドだと言う人もいたのですが、そういう感覚がなかったのでビックリしました。

というのもマルコと銀河竜は、マルコがまだ見たことがない宝もの「母親」を探しに地球へ降り立つ物語なのですが、そこで伝染生物・ラヴが蔓延するんですよね。母親の容姿をしたラヴが偽りの愛をむけてくるのですが、それを振り切って「撃つ」わけです。マルコは、ただ愛があればいいだけでなく、楽しいだけでいいわけではないことを学びます。

「言葉になってもいない。まだ生まれてきていない感情だよ」©TOKYOTOON

そしてマルコとアルコは離れ離れになってしまうのですが、再開をはたしてアスタロトと決着をつけ、お別れのときに愛でもなく恋でもなく「言葉になっていない。まだ生まれてきていない感情」を互いに抱いていたことに気づくのですが、私はここでマルコの宝探しの物語に一区切りがついた感覚がしたのです。

「マルコと銀河竜」というストーリーは終了したけれど、これからもマルコとアルコの人生は続いていくんだ~という余韻を残して終わったので、この〆方が好きだったのです。最後は、また新たな宝もの「銀河竜」を探しに旅にでたわけですよマルコは。それはきっと今作で描かれていることとは別のお話なのでしょう。

 

銀河警察

銀河警察「銀河警察だ!!」

銀河警察「ここは私に任せろ!」

ミュータント「キシャァァァ!!」

銀河警察「うわぁぁぁぁぁぁっ!!」

瑠璃「銀河警察ーーーーーー!!」

銀河警察すこ。

 

クラシック

はとさんって結構クラシックが好きですよね。今作でも「木星」やら「火星」やら「花のワルツ」などのクラシックが使われていて、しかも使い方も上手だった印象です。

 

お気に入りキャラ

「アルコ」ツイッターアイコン

一番お気に入りなのはアルコ。ドラゴン状態でも可愛いし、人型でも可愛いとか完璧か!?

マルコとの絆や友情関係も好きでした。

 

「ハクア」のツイッターアイコン

プレイ前から注目していたのはハクア石見舞菜香さんが声優を担当されていたことと、クールな印象なのが気になっていました。

マルコと銀河竜は、ハクアの成長物語でもありましたね。

 

「黒崎」のツイッターアイコン

デザインが好きだったのは黒崎さん。黒髪キャラは強い!

もっと出番が欲しかったですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

ココがイマイチ

  • 非18禁
  • マルコとアルコ以外のキャラの掘り下げ
  • もっと「マルコと銀河竜」の世界に浸りたかった
  • ボリュームが少ない

 

 

ココがおすすめ

  • テンポよく読める
  • 笑える
  • ジーンとくる
  • 魅力的なキャラクター
  • 絵と音楽とテキストが上手に組み合わさっていた

 

 

短かったですが、とても楽しい体験ができる作品でした。

これからも美少女ゲームの可能性を広げてくれるような作品に出会っていきたいです。

体験版・デモムービー・ご購入はこちら

パッケージ画像

DMM GAMES

 

 

パッケージ版(STANDARD EDITION)

パッケージ版(GALAXY EDITION)

ダウンロード版

 

 

 

-非18禁コンテンツの感想
-, , , , ,

© 2020 今更だけどエロゲしようぜ!