【恋愛×ロワイアル】のパッケージイラスト

エロゲーの感想

【恋愛×ロワイアル】の感想

9,162文字

恋は勝ち取るもの!

恋愛×ロワイアルASa Project
【恋愛×ロワイアル】のパッケージイラストゲーム属性:キャラゲー
ジャンル ―― 恋愛サバイバルADV
発売日  ―― 2020年11月27日
パッケージ版価格  ―― 9,500円(税抜)
ダウンロード版価格 ―― 9,520円(税込)
スタッフ
ディレクション天都
シナリオ八日なのか
原画冬壱もんめ/結城リカ/夕凪セシナ
主題歌 ―― 恋愛×勝負(Vo.佐咲紗花)

あらすじ

「私、転校生である花丸まりは、小町ひろたかくんのことが好きですっ!
付き合ってください!」

後輩から煽られたり、
生徒会長ナンパしたり、
アイドル追っかけたり─
毎日をテキトーに生きていた主人公、小町浩孝。

そんなとき、突然の告白―

彼女の一言がキッカケとなり、
ながいこと停滞していた主人公をめぐる争いの火蓋が切って落とされる。

「どうしてこの私を差し置いて見知らぬ女とラブラブイチャイチャしてるのよ〜ッ!
もう私のことはどうでもよくなったっていうの!?」

「センパイ……蓮菜、センパイの言うことだったらなんだって……
なんだって聞いてあげちゃいますよ?」

「私が兄さんに愛されないのは、
なにもかも兄さんに群がるメスどものせい?」

主に本人の預かり知らぬところで、
バチバチと繰り広げられる女同士の醜くてしょうもない、
だけど本気な恋のバトルロワイアル!
果たして勝利の女神は誰に微笑むのか!?

公式サイトより引用

評価

評価おすすめ度
【恋愛×ロワイアル】の評価★★★★☆
満足度
満足度82点

作品の紹介

おそらく日本に住んでいる人ならば、何百回、何千回、何万回と目にした名言があるでしょう。

それは……

あきらめたらそこで試合終了ですよ…?

そう「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」というセリフだ。

なるほど、これは確かに重要なことかもしれない。

 

 

しかしエロゲヒロインはどうだ?

あまりにも物分りがよく、あっさりと身を引きすぎじゃないのか?

……ということで、そうした不満をもっていた人におくる【恋愛×ロワイアル】通称【恋ロワ】という作品を紹介していこうと思います。

終始共通ルートのようなノリが続くのが特徴的です。

所持証明

所持しているのはパッケージ版です。

どんな人向け?

  • アサプロの作品が好きな人
  • 体験版のノリが合っていた人
  • ヒロイン同士がバチバチし合う展開を見たい人
  • モテモテ感を味わいたい人
  • 恋はね……戦争なのよ

攻略情報など

 プレイ時間

私のプレイ時間は、ボイスをしっかりと聞いて22時間でした。

最初のエッチシーンまでは7時間ほどです。

 

 攻略

難易度は普通です。

攻略サイト

 

 攻略順

お好きな順番で大丈夫です。

 

 システム

バックログ画面からのシーンジャンプ機能あり。

感想

どんなお話?

現在、彼女のいない主人公 小町浩考こまちひろたか 。

愛「そもそもセンパイって童貞なんすか? 意外っすね。裏でめっちゃ女の子殴ってそうな面してるのに」

©ASa Project

女の子を殴ってそうな面」と称されるような、天然ジゴロサイコパスです。

そんな主人公のクラスに、ある日、転校生がやってきます。

まり「私、転校生である花丸まりは、小町ひろたかくんのことが好きですっ! 付き合ってください!」

©ASa Project

その転校生である花丸まりちゃんは、なななんと……転入の挨拶のときに、いきなり主人公に告白するのです。

な‥‥なんだって―――!!

花丸まりちゃんの告白をキッカケに、浩考くんのことを狙っていた他の女の子たちも、負けじとアプローチをしはじめます。

【恋愛×ロワイアル】はタイトルのとおり、ヒロインたちの恋の争奪戦を楽しめる作品です。

 

 

ヒロインについて

花丸 まりはなまる まり CV:木之みき

花丸まりアイコン

ストレート & 幼馴染補正

幼なじみヒロインです。一番アサプロ特有の「変顔」の種類が多かった。

ストレートに好意を示してくれるのが可愛いのですが、ピンク髪はアホ、淫乱、汚い、臭い、手汗がすごい、寝グソ、などなどネガティブなワードを全編をとおして刷り込まれて、まるでサブリミナル効果をうけたかのように洗脳されて、ネガティブな印象になってしまいました。

ネタバレあり(クリックで展開)

 

いざまりちゃんと事に及ぼうとするも、ヘタれている主人公のち○こ

©ASa Project

まりちゃん相手の初エッチでは、一切勃たないヒロくん。

そして元カノに勃ててもらうという展開がクソエロかったw

 

 

 

梁染 汐音はりぞめ しおね CV:白月かなめ

梁染汐音アイコン

おっぱい & 姑息

学園の生徒会長で、性格に難のある超絶ナルシスト。だが可愛い。

ちょいちょい「ぷくぅ」と言いながらぷくれます。

汐音「ぷくぅ」

©ASa Project

強すぎる。

白月かなめボイスでぷくれられたら一発アウトなんだよなぁ。

ネタバレあり(クリックで展開)

 

汐音「んまっ、蒼も好きな男の子ができたら私に相談することね! 今までの恩返しに経験者の私がし~っかりアドヴァイスしてあげるんだから!」

©ASa Project

ルートに入ってからは、ひたすら調子にのってマウントをとりまくっているのが笑えます。

そして蒼ちゃんともエッチなことをする展開がエロかった。

ただの体の関係かと思いきや、

蒼「……ヒロくんも好き。今の、汐音様にはナイショにしてね?」

と好意を伝えてくれたところがズルい。

 

 

 

小町 乃々香こまち ののか CV:杏子御津

小町乃々香アイコン

策略 & 妹アドバンテージ

主人公の妹。お兄ちゃん大好きなファッションメンヘラ。敵とみなした相手には容赦なく毒を吐きます。

通常の杏子御津さんのお声は別に嫌いじゃないのですが、低い声はなんだか合っていなかった気がします(失礼)。

 

ヤンデレっぽいというか、けっこうヤバい性格をしているのですが、

乃々香「兄さんのことを傷つける悪いヤツは私が全員ぶっ飛ばしてやるから」

©ASa Project

すべては兄を想ってのこと。そう考えると実に可愛げがあります。

他のルートでは、兄に彼女ができると案外ちゃんと認めてくれます。

 

 

天ヶ峰 蓮菜あまがみね れんな CV:東雲りあ

天ヶ峰蓮菜アイコン

あざとい & しかし初心うぶ

あざと可愛い主人公の後輩。アイドルユニット『グロリア*スノウ』のNo.2。

同じアイドルユニットのNo.1である由奈ちゃんに、劣等感をいだいていたり、対抗意識をもやしています。

 

そして主人公には、あざとく積極的にアタックするも、「自分はホントは全く相手にされていないんじゃないか」とか「自分の恋は叶わないんじゃないか」というネガティブな想いを抱えていて、

そのギャップがあまりにも尊い。

プレイスタート時はそこまで意識していなかったヒロインなのですが、個別ルートが出色のできでビックリしました。

ネタバレあり(クリックで展開)

 

私は先に乃々香ルートをクリアしていたのですが、終始明るくてハチャメチャにロワイアルをしていました。

しかし、蓮菜ルートでは、心のうちに秘めている葛藤が描かれていて、コメディとシリアスのバランスが良い。

さらに三角関係の切なさを、この作品特有の重くなりすぎないノリとともに描かれていたのが見事。

蓮菜ちゃんと由奈ちゃんの2人の関係が最高なのですが、あくまでも主人公を蔑ろにすることなく、絶妙な塩梅でえがかれているのが凄い。

そして最後には、ライブシーンからシームレスにエンディングにつながり『グロリア*スノウ』の曲が流れる。

完璧すぎる流れでした。アッパレ。

 

 

 

サブヒロイン

「由奈&育代&蒼&愛」のアイコン

魅力的なサブヒロインたち

 

輝 由奈かがや ゆな CV:小鳥居夕花

アイドルユニット『グロリア*スノウ』のNo.1。ユーザー人気もNo.1であります。笑

この子のルートは、サブヒロインながらになかなか力が入っていました。それにしても小鳥居夕花さんのアイドル役率よ。

ネタバレあり(クリックで展開)

 

【浩考】
「僕は由奈ちゃんについて行くよ」

【由奈】
「え?」

【浩考】
「海外だろうと、宇宙だろうと、どこだろうと君と一緒にいる。君の夢のために、僕の人生を捧げるよ」

【由奈】
「……ウソだよ、そんなの」

浩考「だから――――僕と結婚してくれないか、由奈」

©ASa Project

一度別れたからこそ、もうヒロくんと離れ離れになるのは嫌だと思っていた由奈に、プロポーズをすることでずっと一緒にいる覚悟を見せつけるこのシーンがマジで好きでした。

 

 

鬼灯 育代ほおずき いくよ CV:猫村ゆき

主人公のクラスの委員長。おまけ程度にルートが用意されているのですが、由奈ちゃんに振られたヒロくんを慰めているうちにエッチなことをしちゃう展開がエロい。チョロインでしたね。笑

 

伊従 蒼いより あお CV:実羽ゆうき

汐音さんのお付きのメイド。めちゃくちゃ可愛い。トップクラスに好きです。

 

助部 愛すけべ あい CV:花寺香蓮

主人公の後輩で、乃々香の親友。

「変な名前つけてんじゃね―ぞアサプロォw」

と言おうと思ったけど、実際に「助部」という名字の人が存在したら困るからやめておきます。笑

 

 

エッチシーンについて

卑語あり。ピー音あり。アナルモザイクあり。

+ エッチシーン数(クリックで展開)

まり_7(未遂1回)

汐音_5

乃々香_5

蓮菜_6

由奈_3

育代_1

千弥_1

蒼_1

愛_1

合計:30シーン

 

エッチシーンは、けっこう凝っていたと思います。

基本的な体位は網羅していましたし、構図がかぶらないように工夫されていた。

テキスト描写もなかなかに濃厚で、ピー音があるものの卑語も普通にしゃべってくれます。

明け方までセックスをするヒロくんと蓮菜ちゃん

©ASa Project

たとえば、何回も何回もセックスをくりかえし、朝になってしまうような描写。

ちゃんと肉欲も愛情も表現されていました。

 

蓮菜ちゃんのお尻のうえにコンドームをのせている描写

©ASa Project

随所にコダワリも感じられます。

尻フェチのワタクシ的にはこのシーンなんかが好きなのですが、パンツをずらしての挿入は、現実ではパンツが伸びちゃうからしづらいですが、フィクションだったら存分に見せてもらいたい。

そして使い終わったコンドームをお尻にのっける行為が、フェティシズムにあふれていてドエロイ。

さらには、最初はきちんとゴムを使ってセックスをしたのに、蓮菜ちゃんの口車にのせられるがままに生セックスをしてしまう流れもエロい。

 

サンタコスのまりちゃんの顔を、ち○こでペチペチするシーン

©ASa Project

ちゃんとユーザー心理もとらえていて、たとえばまりちゃんは作中でとても可愛らしいサンタの服を着るのですが、もちろんその服を着てのエッチシーンも用意されています。

そしてこのシーンは、まりちゃんの子犬のような可愛さと、主人公であるヒロくんの「女の子を殴ってそう」という属性を融合させた神の一手。

凄すぎか?

 

愛ちゃんとのセックスシーン

©ASa Project

回数の差こそあれど、サブヒロインにもエッチシーンが用意されています。

愛ちゃんのエッチシーンは、乃々香ルートで見られるのですが、妹公認の浮気エッチ [*1] をすることになるのがそもそもエロいですし、「おち○ぽになんて絶対に負けない」とかいう分かりやすいフラグを立てているのもドスケベ。

[*1] 妹の許可を得ているので、正確に言うと浮気じゃないけれど、「浮気エッチ」と呼んだほうがエロい感じがするから許して。

 

ネタバレあり(クリックで展開)

 

千弥とのセックスシーン(アサプロディスが笑える)

©ASa Project

え、え、千弥ちやとのエッチシーンがあるとかマジ?

って思ったら、双子の妹の千弥ちひろだったという展開は、まったく予想できませんでしたw

ホンマに珍しい。ナニコレ珍百景。

 

 

 

特徴

諦めないヒロイン

由奈「一度フられたぐらいであきらめちゃダメなんて法律はないんだから……」

©ASa Project

個別ルートでも諦めない姿勢をみせるルート外ヒロインたちが素晴らしい。

ぶっちゃけ、結婚しているわけではなく恋人がいるぐらいならば、諦めなくたっていいんじゃないかと思っています。

 

ロワイアル

SD絵での腹パンシーン

©ASa Project

【恋愛×ロワイアル】は、ヒロインがバッチバチにやりあっているのが面白いというか、なによりも特徴として挙げられる作品です。

でも全然シリアスな感じではなく、終始明るく楽しげなノリです。

上の画像の腹パンシーンがいちばん重い展開です。笑

 

顔芸

汐音の顔芸

©ASa Project

「ガラスの仮面」で見たことのある表情ですね。

こんなのは序の口で、まだまだ沢山の変顔が用意されています。

もはやアサプロの伝統芸です。

 

メタネタ

まり「これエロゲだも~ん! メインヒロインの時点で勝ち確だも~ん! その点、サブヒロインの由奈ちゃんに勝ち目なんてないんだよぉ!」

©ASa Project

おそらく評価がわかれそうなのはコレ。

すべてのエロゲのなかでも群を抜いてメタネタが多い。

主人公に感情移入をしたり、作品の内側に入り込みにくい作りをしています。

 

演出

蒼ちゃんのでてくるアイキャッチ画面

©ASa Project

アイキャッチ画面で、キャラクターのセリフが挿入されているのがグッドです。

 

汐音につきつけられる選択肢

©ASa Project

汐音のエピソードにおいては、なぜか汐音の選択を我々ユーザーにせまるというワケのわからないハチャメチャ具合が、【恋愛×ロワイアル】という作品のハチャメチャ具合をそのまま表しているかのようで好きでした。

まとめ

ココがイマイチ

  • メタネタがあまりにも多い
  • 複数プレイなし
  • 主人公が、感情移入しにくいレベルでサイコパス
  • 魅力的なのにエッチシーンの少ないサブヒロイン

 

 

ココがおすすめ

  • 終始共通ルートのノリが続くので楽しい
  • 明るいノリの恋の争奪戦が楽しい
  • モテモテ感が味わえる
  • 蓮菜ルートが素晴らしかった
  • エッチシーンにも力が入れられている
  • サブヒロインにまでエッチシーンが用意されている
  • 「火花バチバチ」という曲が物騒な感じが全開で好き

 

 

最後に、エロゲにでてくるオカマキャラが、恋愛アドバイスをするときに言いがちな発言をして〆たいと思います。

………………

…………

……

「恋はね……戦争なのよ!」

はい、どーもありがとうございましたー。

体験版のノリが合っている&気になるキャラがいれば楽しめる作品だと思いますので、体験版だけでもぜひプレイしてみてください。

パッケージ版

ダウンロード版

\ SHARE /

-エロゲーの感想
-, , , , , , , ,