エロゲーの感想

【なないろリンカネーション】の感想

3,722字

 

 

夏――
またこの地に戻ってきた

なないろリンカネーションシルキーズプラスWASABI
パッケージ画像ゲーム属性:シナリオゲー
ジャンル ―― 涙あり笑いありのホームコメディADV
発売日  ―― 2014年09月26日
パッケージ版価格  ―― 8,800円(税抜)
ダウンロード版価格 ―― 7,537円(税込)
スタッフ
原画すめらぎ琥珀
シナリオかずきふみ
主題歌 ―― リンカネーション(Vo.ムーサン・ベリー)

あらすじ

大学三年生の夏。
加賀見 真は亡くなった祖父から譲り受けた家に移り住み、かねてからの念願だった一人暮らしを始める――はずだった。

祖父の家にやってきた真を出迎えたのは、座敷わらしの少女と自らを鬼と称する女性。
彼女らは鏡に映らず、自分以外の人間の目には映らない不可思議な存在だった。
真は知る。
自身が『霊視』という特別な力を持つことと、祖父から受け継いだのは土地と家だけではなかったことを。

鬼を従え、町に彷徨う霊魂を現世から解き放ち、常世へと送ること。
それが代々受け継がれ、祖父から託された加賀見家の『お役目』であった。

あまりに突然すぎて理解が追いつかない真であったが、実際にお役目を果たしていくことで少しずつ加賀見家当主としての自覚が芽生えていく。
そしてこの小さな町の平和を揺るがす、とある事件に巻き込まれていくのであった…。

 

 

 

評価

 

 

評価おすすめ度
【なないろリンカネーション】の評価★★★★★
満足度
満足度80点

 

 

 

作品の紹介

 

 

私は「霊」が苦手です。

いくら鍛え抜いた鋼のボディをもつ私とて、霊にはかなわない。

 

 

若かりしころ車で友人と心霊スポットにいったのですが、廃墟をめぐってから車に戻ってきたら、停めておいた車を警察がとり囲んでいたんですよ。

怪しいものを所持していないか徹底的に調べられました。

だから霊が苦手なんです。(関係ないじゃん)

 

 

今回紹介する【なないろリンカネーション】は、私の霊嫌いを克服するきっかけとなった思い出深い作品です。

涙あり笑いありのホームコメディADV。

いろんな人にプレイしていただきたい良作です。

 

 

所持証明

私が所持しているのはダウンロード版です。

 

 

 

攻略情報など

 

 

プレイ時間

私の全ルートクリアまでのプレイ時間は、ボイスをだいたい聞いて15時間ぐらいでした。最初のエッチシーンまでは50分です。

 

 

攻略

選択肢はそれなりにあるのですが、自力攻略はそんなに難しくないかと。

琴莉と遊園地で遊ぶエピソードがあるのですが、そこで出てくる選択肢は自分の意志で選んでほしいという気持ちはあります。

攻略

 

 

攻略順

お好きな順番で大丈夫なんですが、琴莉の重要なエピソードが共通ルート部分に入っておりますので、ストーリーの流れを重視するならば琴莉ルートを最初にクリアすることを勧めます。なかには琴莉ルートを最後にまわしたほうが余韻が良いとの声もあります。

私のプレイ順は『 琴莉エンド1 → 梓 → 伊予 → 由美 → 琴莉エンド2 』でした。

 

 

システム

バックログ画面からのシーンジャンプ機能なし。

 

 

 

どんな人向け?

 

 

  • テンポよく読めるコンパクトにまとまった作品を求めている人
  • 切ないお話が好きな人
  • 死生観をあつかった作品が好きな人
  • すめちゃん先生の原画が目当ての人
  • 個性的なキャラクターによる楽しい掛け合いを求めている人

 

 

 

感想

 

 

どんなお話?

主人公の家は先祖代々、町にさまよう霊魂を、できるかぎり霊の望むかたちで成仏させる「お役目」を担っていました。

そのお役目を継いだ主人公は、座敷わらしといった人ならざるものの力を借りながらも霊をおくる仕事に奔走することになるのです。

 

本作【なないろリンカネーション】の見どころは大きく2つありまして、それは「家族」と「死生観」です。

 

加賀見家での食事風景

加賀見家での食事風景

主人公である真は、鬼や座敷わらし、はじめてのお役目で出会った少女などなど、血の繋がりのない面々とともに霊をおくる仕事をします。そんな彼女らと過ごす楽しいひととき、ホームコメディとしての側面が1つの大きな魅力でしょう。

 

そしてもう1つ、死生観について。

霊の望むかたちで成仏させるためには、対話をすることが必要になります。

彼ら彼女らは、どのような無念をもって亡くなったのか。その無念を晴らすことができるのかどうか。死と現実との折り合いをつけるにはどうすればいいか。

また、霊と接していくうちに情も移っていくでしょうから、お役目をまっとうすることが辛くなることもあるのです。

 

これ以上ウダウダ説明しても仕方ないでしょうから、短くまとめますと、

楽しげなホームコメディとしての側面がありつつ、どこか切ないエピソードが織り交ぜられた、ホラーテイストな作品です。

 

 

キャラクターについて

滝川 琴莉たきがわ ことり CV:秋野花

琴莉バナー

主人公の真が、はじめてのお役目のときに出会った女学生。

なないろリンカネーションは、琴莉のエピソードにかける比重がつよいため、他のヒロイン目当てだと割りを食うかもしれません。

でも琴莉を嫌う人はいないんじゃないかってぐらいには良い子です。可愛い。

 

土方 由美ひじかた ゆみ CV:星咲イリア

由美バナー

主人公の大学の同期。

口元にホクロがあってめちゃくちゃエッチ。笑

見た目はいちばん好みです。

 

伏見 梓ふしみ あずさ CV:かわしまりの

新米刑事。

主人公たちのお役目を協力する立場にあります。

 

伊予いよ CV:真宮ゆず

主人公の家に住まう座敷わらし。なんとなく座敷わらしといえば「黒髪パッツン」のイメージだが、まさかの金髪。大半はジャージ姿でおデコを出しているんですが、そんな姿も可愛い。

主人公のことは普段は「真」と呼んでいるけれど、たまに「まこちゃん」と呼ぶのが好きすぎる。

 

加賀見 真かがみ まこと

本作の主人公。

鬼の力をかりながら、霊魂を救う「お役目」をまっとうします。

桔梗&葵&芙蓉&アイリス

桔梗は先代に仕えていたのですが、真をサポートするために加賀見家に留まっています。

 

 

エッチシーンについて

卑語少しあり。ピー音なし。アナルモザイクあり。

+ エッチシーン数(クリックで展開)

琴莉_3

由美_4

梓_4

伊予_2

桔梗_1

葵_2

芙蓉_2

アイリス_3

琴莉&由美_1

葵&芙蓉&アイリス_1

合計:23シーン

 

けっこうコンスタントにエッチシーンをはさんでいて、飽きづらい作りになっていました。

エッチシーンでまず目を引くのがやはりビジュアル的なエロさ。

由美とのエッチシーン

原画も塗りもエッチすぎるとか反則か?

そして鬼は主人の精液をほしがるという設定もあり、「ザ・エロゲー」なところも良し。

桔梗のフェラチオとか、アイリスがイキまくるシーンとか、由美と猿のようにヤリまくったりだとか、実用的なシーンもいくつかありました。

唇をしっかりと色っぽく描けているので、フェラシーンが映えます。素晴らしい。

一部のエッチシーンの最中にギャグを挟んでいるところは好き嫌いが分かれそう。私は不覚にも笑ってしまいましたが。

 

 

特徴

  • 個性豊かなキャラクターの掛け合いが楽しい
  • 人によって好きな結末が異なるかも
  • 切ないエピソードや心に残る結末
  • ハーレムちっくな作風
  • 読みやすい文体ですが、ときおり黒いものが滲みでている
  • ホラーテイストな一面や、ある意味ショッキングなシーンもあり
ネタバレ(クリックで展開)

 

なないろリンカネーションは、タイトルのとおりさまざまな形の転生(輪廻)をえがいた作品です。

「お役目」の相談役である伊予は、いつもはおちゃらけているのですが、重要なことはしっかりと諭します。しかし、意見をおしつけることはせずに、すべてのエンディングで真の決断をうけいれています。

 

最初のお役目<琴莉の霊魂をすくい、常世へおくるをどのように果たすのか、琴莉がどのような結末を迎えるかが、ルートによって大きくわかれています。

  • 霊体のまま真たちと一緒に過ごしつづける
  • 犬に転生する形で加賀見の家にやってくる
  • 真と梓の子供として生まれる
  • 真に仕える鬼になる
  • 来世で真と出会い結ばれる

どの結末が好きかは、人によって分かれるでしょう。

私は、わりとどのエンドも好きだったのですが、とある一文を見てしまうと、どうしてもリンカネーションエンドが好きだったと思ってしまいます。

どうかまた、あなたの恋人になれますように。

琴莉より

ずるい、これはずるい。

こんなん見ただけで泣くわ。

別れることになるけれど、一緒に過ごした時間が楽しかったんだと感謝をつたえ、未来に希望をたくした「前向き」な言葉に心打たれたわけです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

ココがイマイチ

  • 設定上仕方ないが、メインヒロイン以外を目当てにしてはいけない
  • 共通ルートのスキップが面倒くさい
  • もっといろんなお役目を果たすところを見たかった

 

 

ココがおすすめ

  • めちゃくちゃ切ないシーンがある
  • 掛け合いが楽しい
  • グラフィックがきれい
  • キャラクターが個性的
  • ワッと驚くようなストーリー展開

 

 

公式ジャンルである「涙あり笑いありのホームコメディADV」が、この作品の魅力を表していると思います。

もし気になる方がいらっしゃったら、体験版だけでもプレイしましょう。

体験版・デモムービー・ご購入はこちら

パッケージ画像

FANZA GAMES

 

 

パッケージ版

ダウンロード版

琴莉
シルキーズプラスの5作品が入ったセットもあります!

シルキーズプラス5周年記念豪華BOX

 

 

 

-エロゲーの感想
-, , , , , ,

© 2020 今更だけどエロゲしようぜ!