【SACRIFICE VILLAINS】のパッケージイラスト

PRを含みます エロゲーの感想

【SACRIFICE VILLAINS】の感想

古城

5,122文字

性戯で悪党ヴィランを正義堕ち

SACRIFICE VILLAINSCLOCKUP
【SACRIFICE VILLAINS】のパッケージイラストゲーム属性:抜きゲー
ジャンル ―― ADV
発売日  ―― 2023年02月24日
パッケージ版価格  ―― 8,800円(税込9,680円)
ダウンロード版価格 ―― 7,800円(税込8,580円)
スタッフ
シナリオ屋形宗慶
原画ブッチャーU
主題歌 ―― いつかのディストピア(Vo.Rebecca)

あらすじ

突如発生した悪の異能者・ヴィランたちにより、犯罪はびこる魔都。
舞台はその中央に築かれた楽園都市、ジャストピアンシティ。
ヴィランに対抗する正義の異能者・ヒーローたちの活動拠点でもあるその都市は、絶対治安領域として独自の政治体制を確立している。
ジャストピアンシティを築き、市長を務めるのは、数々のヴィランを取り締まってきた最強のスーパーヒーロー・ジャストピア。
ヒーロー協会の会長でもあるジャストピアは、魔都から犯罪とヴィランを一掃するためにヒーローたちを指揮し、世界平和を目指して今日も市民の安全を守っている。
しかし、昨今は魔都のヴィラン勢力が増加し、ヒーローがヴィランに敗北してしまう事態が多発。中には悪の道に堕ち、ヴィランに転じてしまう者も。
事態の解決を目指し、ジャストピアはヴィラン更正施設『アサイラム』の責任者である主人公に協力を要請した。

捕えたS級ヴィランを早期更生し、ヒーローへと転化させるために。

悪に染まった異能者ヴィランを更正し、その力を正義に捧げるのだ!

――公式サイトより引用

評価

評価おすすめ度
【SACRIFICE VILLAINS】の評価★★★☆☆
満足度
満足度76点

作品の紹介

私が来た!

今回は【SACRIFICE VILLAINSサクリファイス ヴィランズ】を紹介します。

ジャストピアの登場シーン

アメコミ風のキャラクターデザインが目を引きます。

「ヒーロー VS ヴィラン」の激熱セックスバトルが楽しめる作品です。

好みの分かれそうな尖ったエッチシーンが散見しました。

【SACRIFICE VILLAINS】のパッケージ画像

私が所持しているのはパッケージ版です。

どんな人向け?

  • アメコミ好き
  • 原画家のブッチャーUさんのファン
  • ヒロインが酷い目にあうシーンを見たい人
  • 陵辱・調教・寝取り・アナルセックス・ふたなりセックスが好きな人
  • 抜きゲーならではの特殊なストーリー展開を見たい人

攻略情報など

プレイ時間

私のプレイ時間は、ボイスをだいたい聞いて15時間ほどです。最初のエッチシーンまでは5分ぐらいかかりました。

 

攻略情報

自力攻略は面倒なんで、攻略サイトを見てプレイするのもアリです。

 

システム

難易度修正パッチシーンジャンプ機能
高めありあり
備考
※パッケージ版は、先にパッチを当ててからプレイしましょう。

感想

どんなお話?

舞台となる魔都トーキョーには、悪の異能者=ヴィランがはびこっています。

ジャストピアンシティは、選ばれた市民達をヴィランから守るため、周囲を壁で囲んでいる。

ヴィランの脅威をふせぐために、正義のヒーローによって作られた楽園がジャストピアンシティです。

ジャストピアンシティ管理運営AI“ザ・ジャスティス”

ジャストピアンシティでは、ザ・ジャスティスというAIによって、運営の補佐がおこなわれています。

本作の主人公は、捕まえたヴィランを更生する施設=アサイラム所長をつとめる男です。

 

いくつか専門用語がでてきて、混乱している人もいるかもしれません。

本作の目的はシンプルで、捕まえたヴィランを調教して、正義のヒーローに生まれ変わらせる。

つまり「正義堕ち」させる作品なのです。

ジャストピア「ハッハッハッハッハッ! これが正義だ! 悔い改め、心を入れ替えたまえ!」

 

 

本作の魅力

本作の1番の特徴といえば、やはりアメコミ調のキャラクターデザインでしょうか。

原画家のブッチャーUさんは過去に、「SACRIFICE HEROES」という漫画を描いていたほどのアメコミ好き。

メインヒロインとなるヴィラン3人は、それぞれ独特なデザインが目を引きます。

たとえばバッドローションは、小柄ながらもドギツイ性格をしていそうな目つきの悪さ。

たいしてマダムヴェノムは、大人の余裕と気品を感じさせる悪女っぽい見た目。

そしてナイトチャージャーは、ヴィランであるにも関わらず正義のヒーローっぽいアンバランスなデザインがお見事。

 

メインヒロイン以外にも、さまざまなヒーローやヴィランが登場します。

突然ですが問題です。下の画像のキャラクターは「ヒーロー」なのか「ヴィラン」なのか、どちらか分かりますか?

ディックマンの立ち絵

………………

…………

……

正解は「正義のヒーロー」。

名前はディックマンです。

正解したでしょうか?

わからねーよ、というツッコミが聞こえてきそうですね。

闇落ちしたスパイダーマンみたいな見た目ですし、下半身を露出していますからね。

あまり正義のヒーローには見えないでしょう。

 

続けてもう1問出題します。下の画像のキャラクターはそれぞれ「ヒーロー」なのか「ヴィラン」なのかを当ててください。

クリームパイ&マスクド・ニンフォ

………………

…………

……

これは簡単ですかね。

左が「ヴィラン」のクリームパイ。

右が「ヒーロー」のマスクド・ニンフォ。

やはりエロゲだからか、ただのアメコミっぽい衣装ではなく、露出がおおくて性的になっております。

 

クリームパイ&キティ

正義堕ちしたあとの、人格やコスチュームの変化も見ものです。

上の画像の2人は、ヴィランであるクリームパイとバッドローションが、正義のヒーローになったあとの姿です。

 

 

エッチシーンについて

卑語あり。ピー音なし。アナルモザイクなし。

 

どういう人に勧めればいいのか分からないほどに多様なエッチシーン。

サマンサ「アタシも、ニックと会えて本当に嬉しい」

ナイトチャージャー(本名=サマンサ)とのエッチシーンでは、恋人であるニックの前で犯すという寝取りシチュを楽しめます。

AIによるリアルタイムでの画像処理がほどこされたガラスのおかげで、セックスしているのはバレていません。

恋人のまえで平静をよそおいつつ、チンポに負けて感じてしまうナイトチャージャーがドチャクソエロいです。

私としては、彼女を寝取るエッチシーンが1番ぶっ刺さりました。

 

キティに無理やりしゃぶらせる

バッドローション(本名=キティ)は、娼婦として働きつつも、ギャングのリーダーにまで上り詰めました。

目つきも態度も言葉遣いも、めちゃくちゃ悪いです。

そして驚くことに、元娼婦にもかかわらず処女です。

どういうことかというと、アナルセックスで乗り切ってきたのです。

こいつはおどろいた……!!

めちゃくちゃ気が強いくせに、いつか白馬の王子様に処女をささげたいと思っている乙女な一面が光ります。

そんな彼女が、どういうタイミングで、どういう相手で処女を失うのかが、1番の見どころでしょうか。

エッチシーンの傾向としては、基本的にはアナルセックス。処女のままアナルが開発されていくのってエロいですよね。

生意気な彼女を屈服させるようなシチュも多めだった印象。

 

ナターシャがふたなりチンコをマスクド・ニンフォに挿入

マダムヴェノム(本名=ナターシャ)は、マフィアのボスであり、尊大で気がつよい。

そんな彼女の尊厳をうばうかのような、異種姦や陵辱シーンが特徴的。

途中からは、改造手術によりチンポを生やします。つまり「ふたなり化」するのです。

チンポが生えてからは、他の女とセックスをしたり、男とセックスをしたり、シチュエーションの種類が増えました。

 

サマンサ「あ、あ、ああああぁぁ……! 出るなッ! 出るなぁッ! アタシのっ、人格っ、アタシ、自身ンンンッ……!」

さて、本作の目的を覚えているでしょうか?

ヴィランを調教して、正義のヒーローに仕立てあげることです。

さんざん調教して、心をへし折ったり、弱らせたり、従順にしたあとで、最後の仕上げとして「人格排泄」します。

そして正義のヒーローとしての人格を植えつけ、更生完了とするのです。

人格排泄というニッチで特殊なシチュエーションを、シナリオに組みこんだ手腕は、素直に評価したいですね。

 

ここまでご覧いただいて分かるとおり、どういう人に勧めればいいのか分からないほどに、多様な方向性のシチュエーションが見受けられます。

調教・陵辱・輪姦・和姦・触手・異種姦・寝取り・アナルセックス・人格排泄などなど、多様なシチュを受け入れられるのか。あるいは、好みに合いそうなニッチな性癖があるならばおすすめです。

ヒロインが酷い目にあうのを見たい人や、快楽堕ちが好きな人や、狂ったセックスを見たい人なら楽しめるでしょう。

 

 

ビックリ展開

以下、物語の根幹を成す致命的なネタバレを含みます。

ネタバレ(クリックで展開)

 

ジャストピア「了解だよママ!」

正義のヒーローであり、ジャストピアンシティの市長であるジャストピア。

ジャストピアこそがヒーローの象徴で、主人公が憧れている人間なのです。

が、なぜか敵対することになりました。

主人公&サマンサ&キティ&ナターシャの4人と、ジャストピアの最終決戦が行われるのです。

そして真相が判明します。

ザ・ジャスティス「所長。私を破壊すると言うことがどういうことかわかりますか?」

ジャストピアは、管理運営AIである《ザ・ジャスティス》があやつる傀儡にすぎなかったのです。

つまりこの街は、AIが人間を支配していたのでした。

ストーリー性のない作品だと思っていたので、終盤でとんでも展開をぶっこまれてビックリしましたね。

主人公が信じていたのもが揺らいで、すべてが崩れ去っていくような感覚は面白かったです。

 

エンディングは、ヴィランの更生が成功するパターン、失敗するパターン。

ザ・ジャスティスに勝利するパターン、敗北するパターン。

2×2の4パターンの結末が用意されていました。

私としては、ヒロインたちが主人公のことを慕ってくれる勝利するパターンのエンディングが好きでしたね。

 

まとめ

ココがイマイチ

  • 音声収録ミスがあった
  • 次の選択肢までジャンプする機能がなくて、攻略が面倒くさい
  • シチュエーションが幅広いため、すべてが刺さる人はいないと思う

 

 

ココがおすすめ

  • 人格排泄という特殊なシチュをシナリオに組み込んだのは凄い
  • 終盤のストーリー展開にビックリした
  • サブキャラの数が多くてにぎやか
  • アメコミ調のキャラデザがGOOD
  • 寝取りシーンが刺さった

 

 

積極的な性行為が推奨されている街――ジャストピアンシティを舞台にした狂った作品です。

シチュエーションに特殊なものがおおく、誰におすすめなのかは断言しづらい。

バカゲーライクな陵辱ゲーです。ヒロインたちが酷い目にあうのを楽しみたい人にはおすすめですね。

アメコミ調のキャラクターデザインが好きな人も楽しめるでしょう。

パッケージ版

ダウンロード版

\ SHARE /

-エロゲーの感想
-, , , , , , , , , , , , ,