【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】のパッケージイラスト

18禁コンテンツの感想

傑作同人誌【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】の紹介

古城

通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます(小松菜サラダ)
【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】のパッケージイラスト
ジャンル ―― 同人誌(オリジナル)
発売日  ―― 2022年02月04日
価格   ―― 770円(税込)
作家   ―― 葉月テン
ページ数 ―― 38P

エッチなサキュバス系制服娘がひたすら通勤中のおじさんにエロ絡みする話です。

 

 

突然ですが、あなたは同人誌をどういう風に利用されていますか?

私は、文字をあまり読まないスタイルです(※例外アリ)。

短文は読むものの、長文は読まないでも何となく内容を理解できます。

ストーリーを頭で想像しつつ、様々な構図の移りかわりを楽しみ、ムラムラ~っとしたいときに読むのです。

こんなこと言うと、「金を出していないからちゃんと読まないんだろ」と言う方がいるかもしれませんが、冊子だろうがDL販売のものだろうが、どちらもきちんと買っています。

所持している同人誌

※所持している薄い本の一部。

 

さて、何故このような話をしたかといいますと、

私の読み方にマッチした同人誌を見つけたからです。

あまり文章は書かれておらず、絵だけでも内容が理解できるようになっている作品。

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】の購入証明

※ちなみに本作は、FANZAでダウンロード購入しております。

 

内容は、至ってシンプル。

ドチャクソエロいJKが、電車内でおじさんを誘惑するお話。

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】サンプル画像1

ファーストインプレッションとしては、「絵はそんなに綺麗じゃないな~」と思っていたんですよ。

でも……

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】サンプル画像2

きちんと「エロさのツボ」のようなものは押さえられている。

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】サンプル画像3

ムチムチで存在感あふれる尻や胸の描写には、絶妙なエロスが漂っているのです。

 

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】サンプル画像4

なによりも凄いのはその“妖艶さ”。

上の画像を見てください。

こんなんJKがしていい表情じゃないでしょ。

多くの男を勘違いさせてきた大女優さまでも、百戦錬磨のキャバクラ嬢でも、こんな意味ありげな表情なんて出来やしないですよ。

【通勤電車でおっぱいを見せにくる娘がいて困ってます】サンプル画像5

雰囲気からしてエロすぎて、めちゃくちゃドキドキしてくるんすよ。

ついには乳首を見せてきて、それを指先でチョロ~っといじって、突起がぷっくらと膨らんでくる。

文字がないのに、情景がシームレスに動いていく。

どんどんどんどん引き込まれていきます。

 

ここからの描写も実に細かい。

ほんのちょっとだけ本編を引用して紹介いたします。

乳首をいじるJK

©小松菜サラダ

もうこれだけで、ねちっこいエロさを感じとってもらえましたかね。

 

おじさんの股間を触るJK

©小松菜サラダ

勃起したおじしゃんに迫ってきて、チンコを摩りだしたときには思わず「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と叫んでしまうこと請け合い。

 

JKの尻を鷲掴み

©小松菜サラダ

ドスケベすぎるムチムチの尻を、グワシッと掴んだときには、思わず感涙してしまいました。

 

フェラチオ

©小松菜サラダ

本格的なエッチのシーンに入ったら、そりゃあもう凄いです。

積極的にしゃぶりつくJK。

グッポグッポ咥えていたと思ったら、先っぽをチロチロと舐めて、ふたたび奥深くまで咥えこむ。

緩急をつけた責め苦に、またたく間に射精してしまう。

フェラスキーとしては、これでもかというぐらいの細かいフェラ描写に、歓喜の声をあげました。

 

その後、本番セックスシーンもあるのですが、フェラシーンに比べるとあっさりしています。

本番至上主義者には、物足りなさが残るかも……。

私としては、本番よりもフェラチオのほうが好きなので嬉しかったです。さらには、焦らしに焦らされてムラムラさせられる描写が“最の高”でした。

 

本作のお気に入りのポイントは以下のとおり。

  1. 文章ではなく「絵」だけで細かい描写がされている
  2. JKのムチムチした体がエロすぎる
  3. フェラシーンが素晴らしい
  4. 最高に焦らしてくれる
  5. 表情が妖艶

私の好きな要素の詰まった、好みにドンピシャの同人誌でした。

普段はあまり同人誌は紹介していないのですが、思わず紹介記事を書いてしまった次第です。

何回読んでも昂ぶってしまうぐらいにはエロい。ぜひともおすすめしたいです。

 

 

\ SHARE /

-18禁コンテンツの感想
-,