エロゲーの感想

【恥辱復讐人 ~腹黒生意気コスプレ少女エマ・恥辱快楽漬け~】の感想

2,333文字

 

 

腹黒少女に性裁!
罠を使って快楽地獄に突き落とす!

恥辱復讐人 ~腹黒生意気コスプレ少女エマ・恥辱快楽漬け~Re-Pro!
パッケージ画像ゲーム属性:抜きゲー
ジャンル ―― 恥辱性裁ADV
発売日  ―― 2018年11月02日
パッケージ版価格  ―― 3,980円(税抜)
ダウンロード版価格 ―― 3,055円(税込)
スタッフ
原画金目鯛ぴんく
シナリオ花山和夫

あらすじ

コスプレ界隈ではそれなりに有名な美少女「エマ」に対し、
主人公は、一方的な憧れを抱いていた。
だが、同じ大学に通いつつも声を掛ける事すらできなかった主人公は、
あるコスプレイベントの日に、意を決して彼女に話しかける事にした。

だが、エマは主人公には関心はなく、彼の声を無視してしまう。
このとき、主人公の心の中には闇が広がっていく。
そして、エマは……些細な事から、絶望のどん底へと突き落とされてしまう。

絶望、それは――性的な屈辱による、主人公の復讐だった。

+ 目次(クリックで展開)

 

 

 

評価

 

 

評価おすすめ度
【恥辱復讐人】の評価★★☆☆☆
満足度
満足度67点

 

 

 

作品の紹介

 

 

私はエロゲレビュアーとして、埋もれている良作エロゲーなんかを探りあてたときには、大きな喜びを感じます。

 

 

しかし逆のパターンもある。

触れないほうがいいこともあるのです。

そう、たとえばまだ未成年で学生だったころ、家に帰ってきたら、隠していたはずのエロ本が机のうえに乗せられていた。

そのエロ本のタイトルがスカトロシスターズ

 

 

無の表情

 

 

……とまぁこの例えは冗談(2018年に発売のエロ本らしいですし)なのですが、こんな感じで世の中には触れないほうがいいことは多々あります。

今回紹介する【恥辱復讐人 ~腹黒生意気コスプレ少女エマ・恥辱快楽漬け~】は、まぁあまり触れないほうが良かったかもしれないエロゲでした。

といっても、雀の涙ほどのセンスの片鱗は見られたので、プレイした意義はあったのでしょう。

なにより原画が好きならばおすすめできるかもしれない一作です。

 

 

無の表情

 

 

所持証明

私が所持しているのはダウンロード版です。

 

 

 

攻略情報など

 

 

プレイ時間

全エッチシーンを回収するまでのプレイ時間は、ボイスをだいたい聞いて1時間30分かからないぐらいでした。最初のエッチシーンまでは10分ほどです。

 

 

攻略

攻略難易度は普通です。

攻略サイト

 

 

システム

バックログ画面からのシーンジャンプ機能なし。

 

 

 

どんな人向け?

 

 

  • サンプルCGを気に入った人
  • 輪姦シチュが好きな人
  • アラブの石油王

 

 

 

感想

 

 

概要

パパ活(性的な行為はなし)をして援助してもらっていたコスプレイヤーのエマ

腹黒少女のエマ©Re-Pro!

そんなエマに恋する、冴えないオタクの佐藤は、エマが自分のものにならないと知るやいなや、「モスマン」と名乗る男に社会的な抹殺を依頼します。

モスマンは佐藤になりきり、エマに近づきエッチなことをしていく、痛快☆復讐ストーリーです。

 

 

エッチシーンについて

卑語あり。ピー音なし。アナルモザイクなし。

+ エッチシーン数(クリックで展開)

エマ_15

合計:15シーン

尺は短めなシーンが多いのですが、一部尺が長めで濃厚なシーンもありました。

 

 

テキストについて

この作品をプレイしていて一番特徴的だと感じたのがテキストです。

私の名前はモスマン。闇の中をバタバタと舞う、蛾――

私の名前はモスマン。闇の中をバタバタと舞う、蛾――

あまりにクソダサすぎる口上に、思わず吹き出してしまいました。

スクリーンショットを見返してもそのヤバすぎるセンスに、鳥肌がたちっぱなしでした。

 

あとはテキストに草「w」を生やしすぎていて、非常にまぁなんというか個性的だなぁと思いました。

 

 

長所

長所はなんといっても金目鯛ぴんくさんの原画が可愛らしいということ。

塗りはまぁ普通なんですが、精液が鼻からふきだす描写をしていたり、お尻のみえるアングルが多めだったことは好印象でした。

鼻からふきだす精液

 

 

短所

1:即落ち

クソ生意気なエマという少女を堕とすお話なのですが、基本的には最初のエッチシーンですでに気持ちよさそうにしています。

お湯をいれて3分で完成するカップラーメンもかくやの即席っぷりには脱帽。

 

2:ボイス

ボイスは私がビジュアルからイメージした声とは違っていました。

チュパ音も超控えめで実用性にかけました。今どきシナリオゲーですらもっとマシなチュパ音をしているぞ……。

 

3:復讐というか逆恨み

主人公(?)の佐藤という男は、エマは自分に惚れているに違いないと思い込んでいた、典型的な勘違い野郎です。

これで復讐なんて鼻で笑いたくなりますし、復讐を果たした先にある「爽快感」なんてゼロに等しいです。

 

4:コスプレイの種類が少ない

ヒロインのエマは、コスプレイヤーという設定なのですが、でてくるコスプレ衣装は「お嬢様」と「エルフ」の2つの衣装だけ。

これにはもう、タイトルに「JK」と入っているのに、制服エッチがほとんどなかった抜きゲーをプレイしたとき以来の怒りを感じました。

 

5:コストパフォーマンスが悪い

いや私はべつにボリューム厨ではないので「ボリュームガー」とかは言いたくないのですが、もう少しボリュームなりエッチシーンの尺なりCG数なり、なにかしら満足できる要素が欲しかったですね。

半額のときに買ったのでまだ良かったですが、定価で買っていたらさすがにキレていたと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

ココがイマイチ

  • コスパ悪し

 

 

ココがおすすめ

  • 原画が好きならアリ

 

 

金目鯛ぴんくさんの原画が好きな人ならば、半額セールのときにでも買いましょう。

テキストのセンスは光るものがあるような気がしないでもないような感じなので、まぁオススメできるようでできないようなそんなアレです。

体験版・ご購入はこちら

パッケージ画像

DMM GAMES

 

 

パッケージ版

ダウンロード版

 

 

 

-エロゲーの感想
-, , , , ,

© 2020 今更だけどエロゲしようぜ!